大船渡線単語

オオフナトセン

大船渡線とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線である。

概要

岩手県一関一ノ関駅岩手県大船渡市の盛を結ぶ路線。地方交通線である。
弦線と揶揄される線形をに見立てて、ドラゴンレール大船渡線という称が付けられ、快速列車スーパードラゴンも運転されている。
気仙沼~盛三陸縦貫線の一部となっている。
全線が単線非電化で、一ノ関運輸区のキハ100系が使用されている。現在一ノ関〜気仙沼間の鉄道区間と気仙沼〜盛間のBRT区間に分かれている。
運転本数は鉄道区間が10往復+下り1本+土休日快速ポケモントレイン気仙沼号1往復である。BRTに関してはBRTの節を参照。
震災前が全線走破の普通列車が6往復+下り1本、快速スーパードラゴン1往復、一ノ関駅~気仙沼が3往復、気仙沼~盛が2往復であった。
なお、快速スーパードラゴンは震災後に止され、代わりに「POKÉMON with YOUトレイン」による臨時快速ポケモントレイン気仙沼号」が運行されるようになり、現在に至る。

東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震により気仙沼-盛間で壊滅的な大被害をうけた。

BRT

気仙沼-盛間については高台移転の可性と地域の人の交通の足の確保の観点から2013年3月2日よりBRT(専用を中心としたバスによる運行)が開始された。バス気仙沼線と同様、東武バス等の首都圏バス事業者から移籍した中古と、それらを置き換える形で日野自動車いすゞ自動車から新購入したハイブリッドバスによる構成で、計14台導入されている。
大船渡線も気仙沼線と同様、事業体は気仙沼BRT営業所が受け持ち、実際の運行及びバス車両管理について地元バス会社に委託する形態が採られた。大船渡線では岩手県宮城県に路線が跨る本線系統と陸前矢作支線系統は岩手県交通国際興業グループ)が、宮城県内で完結する上鹿折系統はミヤコーバス名古屋鉄道グループ)が担当。運行開始に先立ち、岩手県交通大船渡営業所は陸前高田市BRT運行拠点となる高田支所を開設した。

2015年7月24日JR東日本鉄道による復旧を断念し、「仮復旧」としていたBRTの運行を継続する考えを表明。同年12月26日に沿線3BRT継続を受け入れることを表明、BRTによる復旧が恒久化することがきまった。

長部高田病院2013年3月2日2013年9月28日開業。
奇跡の一本松駅2013年7月13日11月30日2014年3月1日以降に営業。
高田高校2015年3月14日開業。
大船渡市場前駅2015年12月5日開業。
八幡大橋(東陵高校)2017年4月1日開業。
まちなか陸前高田駅2017年4月28日開業。

運行される系統は以下の通り。

odeca

2013年8月3日からBRT専用のICカード乗車券odeca」が導入される。
2000円(内デポジット分が500円、チャージ1500円)、定期券タイプが定期代とデポジット500円となっている。
電子マネーとしての利用はできない。
これは推察になるが電子マネーとして必須である東京との通信帯域の確保を削った結果だと思われる。

BRTネット

BRTに関わる各種情報ディスプレイディスプレイ、及びスマートフォンiOSAndroidそれぞれにアプリ提供済み)等に情報配信されている。これはJR東日本としての復支援の一環と位置づけられている。
気仙沼線・大船渡線共有で配信内容は以下となっている。

使用車両

駅一覧

普通列車は各に停するため省略
快速=臨時快速ポケモントレイン気仙沼号」 :停

背景BRT区間のである。なお、記載順は営業キロ順であり、実際の停順は上記参照。

※:列車交換の不可能 :一般ルートの停留所

快速 営業
キロ
乗り換え路線 所在
一ノ関駅
いちのせ
0.0 JR東日本 東北新幹線北海道新幹線秋田新幹線東北本線 岩手県
一関
滝駅
またき
5.7
陸中門崎
りくちゅうかんざき
13.7
岩ノ下
いわのした
17.5
陸中松川
りくちゅうまつかわ
21.3
猊鼻渓
いびけい
23.3
宿
しばじゅく
26.1
摺沢
すりさわ
30.6
千厩
せんまや
39.8

こなし
43.4
矢越
やごし
47.6

おりかべ
49.7

にいつき
55.3
気仙沼
けせんぬま
62.0 宮城県
気仙沼市
JR東日本 気仙沼線BRT
鹿折唐桑
しおりからくわ
64.2 JR東日本 大船渡線BRT鹿方面
(気仙沼方面と直通)
八幡大橋(東陵高校)
はちまんおおはし
(とうりょうこうこう)
65.3
鹿
かみししおり
69.5 ※気仙沼〜陸前高田・盛系統は経由せず
長部
おさべ
77.8 岩手県 陸前高田市
陸前矢作
りくぜんやはぎ
79.5 ※気仙沼〜陸前高田・盛系統は経由せず
奇跡の一本松駅
きせきのいっぽんまつ
82.4

たけこま
82.5 ※気仙沼〜陸前高田・盛系統は経由せず
陸前高田駅
りくぜんたかた
85.4 JR東日本 大船渡線BRT駒・陸前矢作方面
(一部 盛方面と直通)
まちなか陸前高田駅
まちなかりくぜんたかた
※営業キロは下り方面が陸前高田駅と、
上り方面が高田高校と同一のものを採用。
86.2
高田高校
たかたこうこうまえ
高田病院
たかたびょういん
87.6
ノ沢
わきのさわ
88.3
小友
おとも
92.8

ごいしかいがんぐち
95.4 大船渡市

ほそうら
97.1
下船渡
しもふなと
100.2
大船渡市場前駅
おおふなとうおいちばまえ
101.7
大船渡
おおふなと
103.1

さかり
105.7
三陸鉄道 南リアス線

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E8%88%B9%E6%B8%A1%E7%B7%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大船渡線

15 ななしのよっしん
2015/08/01(土) 22:35:33 ID: Ci5DXlwi30
べちゃいけないのは分かってるけど「東京オリンピック? 何それ美味しいの?」
って感じだよな本当に。栄える場所にはパーっとバラ撒きも同然に屋上屋を架す
けれど厳しい場所は住民がどうなろうと放置、撤退、「経済効率」の押し通し
まるで国家共団体として半ば機していないかのよう、と言うか…

まあ東は一応民間企業だし、どこも限にお金が有る訳じゃないから仕方ないとは
思うけど、それでも残念な気持ちになることは避けられないよな

>>9
なんて、あんな山の中の津波にやられたと聞いてを疑ったの
今でも憶えてる。地震後行ってなかったけどそうか、あの辺も跡形もないのか
16 ななしのよっしん
2015/08/01(土) 22:55:17 ID: 66EFQGTqdP
何年か岩手で一人暮らしをしていて、里帰りする度に乗ったのを思い出す
最後に乗したのはいつだったか……
17 ななしのよっしん
2015/09/08(火) 18:28:48 ID: mPS3mE9zw1
本数が増えて便利になるならBRTでもありだと思う。
現地に幸いあれ
18 ななしのよっしん
2015/09/10(木) 11:05:36 ID: tqBc0fPDAE
>>15
あの辺(というか気仙沿い)は全部を遡った津波で壊滅的だよ。線路の気仙大橋が大破してたり。
まだ残ったままの元線路部分は線路がひしゃげてたりするし。
プラットホームだけぽつーんと取り残されて隣接の道の駅も1F部分が組みだけになってた

今は最新のBRTバス停に整備されててここどこですか状態。
19 ななしのよっしん
2016/04/23(土) 23:05:18 ID: h3GEvEjHr0
気仙沼線はしゃあないにしても、万が一の貨物の路線として
盛~気仙沼なんとか復旧できないものかと思った

釜石線があるからしゃあないか。
20 ななしのよっしん
2016/04/25(月) 07:02:08 ID: tqBc0fPDAE
いざとなったら気仙沼に貨物到着からのBRT専用で輸送できるし路線面では問題ないと思うぞ
21 ななしのよっしん
2017/11/01(水) 23:29:03 ID: tMtn0XieJZ
https://response.jp/article/2017/10/30/301834.htmlexit
大船渡線BRT陸前高田駅が新地へ移転…JR東日本役所付近には新整備」

移動とのこと。現地の人、喜んでくれるといいですね
22 ななしのよっしん
2017/12/04(月) 16:26:45 ID: o+2ci6w04b
日本海側と違って降が少ない故、季の定時制もさほど変わらんしいいんじゃないかね
これが日本海側だったらますます民の薄情さに嫌気がさしてたかもしれんがこっちは別線も新幹線もあるし
23 ななしのよっしん
2017/12/26(火) 23:33:54 ID: tMtn0XieJZ
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1098916.htmlexit
JR東日本大船渡線BRT陸前高田駅舎をリニューアル
震災前の陸前高田駅モチーフデザイン2018年4月1日供用開始」

ですね。
24 ななしのよっしん
2018/09/05(水) 16:07:16 ID: tMtn0XieJZ
大船渡線BRT自動運転12月実験 専用400mで
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180905_33040.htmlexit

「自動運転実験用の中バスを時速40キロで走行させ、ホームでの停や単線でのすれ違いを検する。実験区間には衛星利用測位システムGPS)に対応する磁気マーカーを設置し、有効性を調べる」