大野治長単語

9件
オオノハルナガ
3.6千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

大野治長1569~1615)とは、戦国時代に活躍した武将である。

概要

淀殿・大蔵卿局の息子で、大野治房大野大野壱岐守とともに豊臣秀頼に仕えた大坂の陣豊臣方の代表人物。官途は修理大夫。

豊臣譜代臣代表として、大坂の陣の際新たに仕えた浪人衆の活躍の足を引っった愚将、さらには淀殿との密通疑惑まである、奸臣として名高い人物であるが、最近ではようやくこのような風評被害から免れつつあるようだ。

大坂の陣前の大野治長

大野佐渡守の長男で、『武盛衰記』によると毛利吉政(後世毛利勝永と軍記物語に記されたあの人)、宮田七、宮田安則らとは従兄弟とされる。『長経記』によるとさらに衛門類らしい。

曽祖である大野上官は石清水八幡宮の別当だったらしいが、その嫡男の大野治定は別当職を継がずに尾宮地に退去し、織田信長に仕えたとのこと。さらにその嫡男である大野佐渡守が豊臣秀吉に仕え、大野治長も豊臣秀吉臣として一万一千石を領知した。

正19年(1591年)に豊臣秀吉が三河吉良で放した際、新庄直頼小出秀政小出吉政、片桐且元片桐石川貞清、柘植与一、福原長尭らとともに供奉している。文元年(1592年)には肥前名護屋に在番している。

その後豊臣秀吉存命中は秀吉近臣としてあちこちで名前が見られ、慶長3年(1598年)の豊臣秀吉後には石河行、杉原長房、片桐且元木下利房、石田正澄らと同列で金子十五枚を拝領している。慶長4年(1599年)に豊臣秀頼伏見から大坂城に移る際、大坂城の詰衆二番に名前を連ねている。

しかし、9月7日増田長盛から徳川家康前田利長を中心とした土方雄久、大野治長による家康の暗殺計画が伝えられた。この結果、土方雄久、大野治長の二人は死一等を減じられて流罪に処され、大野治長は結城秀康のもとに送られた。この時期噂されたのが、例の淀殿への姦通であるが、根拠は当然ない。

この後配流先では割とのびのび暮らしていたようで、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの折、結城晴朝が大野治長の赦免と従軍を口添えして認められたようだ。以後浅野幸長旗下の軍勢として岐阜攻めに加わり、本戦では福島正則の軍にいたらしい。この戦いで宇喜多秀家臣の頭・河内七郎衛門を討ち取っている。

関ヶ原の戦い終結後の9月19日~20日ごろに徳川家康から大坂城派遣され、9月25日柘植与一とともに豊臣秀頼の使者として徳川家康石田三成の挙兵に秀頼が関知していない旨を伝えた。

大坂の陣の大野治長

開戦まで

その後は豊臣秀頼臣としてあちこちの記録に姿を見せ、『浅野文書』によると慶長11年(1606年)に大腸炎らしき重病に陥っていたようだ。以後も古田織部会などに顔を見せ、慶長16年(1611年)の豊臣秀頼の上にも加わっていたが供衆には見えず、先に二条に入っていたものと思われる。この際、加藤清正浅野幸長池田輝政、に続いて藤堂高虎片桐且元と共に着座していた。

この上の後も徳川義直徳川頼宣兄弟大坂城来訪時に織田有楽斎片桐且元片桐兄弟の次に名前が記されるなど、豊臣秀頼臣の最上位として各史料に名前が残っている。

しかし、慶長19年(1614年)9月ごろから大坂城は不穏な情勢に陥る。『片桐秘記』によると、9月22日には大雅楽頭宅で大野治長、木村重成渡辺糺らが談合して片桐且元の成敗が決され、『慶長年録』によると後任に織田織田信雄のこと)をつけようとしたところ常が且元に通報今木一政豊臣秀頼に且元をとりなし交渉が行われていったが、そうこうしているうちに反片桐且元織田有楽斎の屋敷に集まり、結局速水守之今木一政片桐且元邸に、真木嶋昭光竹田永翁が織田有楽斎邸に向かい、双方の武装を解除した。

ついには9月25日、『片桐秘記』によると大野治長、木村重成渡辺糺薄田兼相織田頼長らが和を不満として浪人衆を率いて本丸に乗り込み、9月26日には大坂七手組の番頭たちも仲裁に入ろうとする。ついには片桐且元の退が決まり、10月1日には片桐一門が退去。しかし片桐且元は当初予定されていた高野山に入らず茨木に入り、これが大坂の陣ポイントオブノーリターンとなる。

大坂冬の陣

10月になると大野治長は総大将分となり、足利義種子や毛利吉政長岡是季、喜らを招聘する。10月14日には片桐且元軍を攻撃し、これをほぼ全滅させる。

北川次郎兵衛筆』によると、11月12日新参衆による天王寺表の寄せ手への先制攻撃を、大坂七手組後藤又兵衛と談合して退ける。11月下旬から織田有楽斎とともに徳川家康から和の交渉役として期待されるが、一方で大野治長軍は各地を転戦する。しかし12月3日には、織田有楽斎とともに和交渉が不調なことを徳川家康に知らせた。

その後も後藤次との和交渉を進めていたが、12月9日後藤又兵衛真田信繁も和に同調し、以後も戦いは続く一方で和交渉が進展。12月20日に和はまとまり、織田有楽斎の子・織田尚長、大野治長の子・大野頼直が人質として贈られた。

2月26日織田有楽斎大坂城から退去した一方で、大野治長はなおも豊臣秀頼淀殿のもとに仕えた。しかし3月13日付で大野治房浪人金銀を配り、止めようとする大野治長との仲が悪化しているとの書状が、板倉勝重から正綱、後藤次に送られた。これを受けてか3月下旬に大野治長は各大名に釈明の書状を送っていたが、一方で人材や軍需物資の収集を着々と進めていったようだ。

4月に入ると再戦は濃厚となる一方で、4月9日に大野治長は闇討ちされる。間一難を逃れ下手人を仕留めたものの、相は不明のままで、浪人衆は疑心暗鬼に陥ったという。

夏の陣開戦と滅亡

大野治長は浅野長晟に対して交渉と軍事行動の双方を進めていき、4月下旬に開戦する。そして5月6日には毛利吉政とともに出する予定であったが、軍勢のみを派遣し大野治長自身は大坂城に引き返し、最終的には撤退を命じる。

5月7日毛利吉政竹田永翁と共に天王寺口に軍勢を派遣したものの、豊臣秀頼の出に手間取ってしまう。『武事紀』によると、大坂七手組はすでに裏切りの約束があるので豊臣秀頼の出を見合わせるようにとの密書が徳川家康から届いたが、大野治長はこれを一読すると使者を殺し、真田信繁に相談したという。

しかし、真田信繁と示し合わせた後、豊臣秀頼に信繁の進言を伝えたものの、大野治長は傷口が開いて出血。大野治長軍は士気が大きく下がったが、小笠原秀政軍相手に奮戦。しかし割り込んできた藤堂高虎井伊直孝の軍勢に迎撃されて、潰走してしまう。

大野治長は大坂城で年若い近習や児小姓を逃がすと、今木一政と共に守で自害しようとする豊臣秀頼に対し速水守之と共に思いとどまらせ、櫓に避難した。この後自害しようとする今木一政津川近治毛利長門が追い出したものの、すでに松平忠直の軍勢が大坂城を焼き払っていた。

こうして大野治長は千を逃がすと、権右衛門に命じて彼女を介して豊臣秀頼淀殿の助命を持ち掛ける。徳川家康徳川秀忠に一任し、秀忠はこの子の切腹を命じた。

5月8日片桐且元に一行は見つけられ、井伊直孝本多正純阿部正次、安藤重信近藤秀用らが取り囲む。『慶長見聞書』などによると、徳川家康の使者である加賀忠澄、豊島正次は大野治長、速水守之らに豊臣秀頼の助命を持ち掛けたが、合意に至らず、午の刻に徳川秀忠切腹を命じる。こうして豊臣秀頼淀殿らに大野治長も殉じたのであった。

このような大野治長の評価は当時から割れており、中臣範や大久保忠教が大野治長を称賛する一方、細川忠興や『巨細条書』は痛批判している。

嫡男の大野頼直はとともに豊臣秀頼に殉じ、次男の大野弥十郎は大野治長が最期の際行く末を頼んだものの、徳川家康によってその年のうちに自害させられた。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける大野治長の力一覧。

軍事がやや低いが、内政もそこまで秀でているわけではない、値である。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 80 智才 118 政才 134 57 野望 78
将星 戦闘 36 智謀 63 政治 68
烈風 采配 25 戦闘 18 智謀 53 政治 57
世記 采配 10 智謀 40 政治 42 野望 22
蒼天録 統率 15 知略 38 政治 45
下創世 統率 13 知略 37 政治 50 教養 54
革新 統率 25 武勇 14 知略 42 政治 56
統率 25 武勇 14 知略 42 政治 56
創造 統率 30 武勇 31 知略 45 政治 56

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大野治長

1 ななしのよっしん
2020/01/15(水) 18:32:19 ID: CPTqAdbA/c
大河ドラマでも嫌な扱いされがちな可哀想な人
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 10:21:06 ID: IsTmHf1AZg
客観的な評価とは別に考えるなら、「嫌な」は間違いないと思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2021/04/28(水) 02:10:00 ID: N0K/6THr50
真田丸大野さんは多分一番格好良く書かれていた大野修理だと思う。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2022/04/03(日) 16:02:25 ID: MC6oCgIG0U
創作だと碌でもないとか小者扱いされるけど、江戸時代の軍記とか徳編纂の武辞典だと意外と評価高くて驚かされる人物

家康から惜しまれた逸話が江戸時代の史料にあるし、君に向かった愚か者という扱いではない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 09:09:24 ID: 3pirYDxY4W
まあそりゃあ、秀頼が一番ロクでもなかったという歴史事実無視して「秀頼様の悲劇」を創作しようとすると大野あたりは悪逆非にするしかいわな
👍
高評価
1
👎
低評価
0
6 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 09:13:52 ID: tbUrkNrapV
>>4
分断統治や強敵を破った家康スゲーの為では?(元敵の再評価)
👍
高評価
0
👎
低評価
1
7 ななしのよっしん
2023/05/15(月) 18:29:01 ID: c8XhxThg/j
人と同じように徳と戦いたかったのか、できるだけ穏便に済ませたかったのか、馬鹿にはよく分からない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2023/06/11(日) 13:44:09 ID: yzwF31iKaN
その辺は正直全くわからん
記事にもある通り、大野治長は開戦当初までは片桐且元排斥に動いていたタカの一人でイケイケドンドンって感じなのだが、
開戦したあたりからハトの旗印みたいなポジションにいつの間にかなってるという

そもそも秀頼譜代vs浪人っていう単純な構造ではなもないからなあ
どっちも方針で複数閥に分かれてて一緒に党築いたりしてることが、戦前や戦中に大坂にいた連中からの言に多々残されていたりする
👍
高評価
1
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス