大隈重信単語

オオクマシゲノブ

大隈重信1828~1905)とは、幕末から明治時代初頭にかけて活躍した人物である。

概要

佐賀士で、板垣退助と並ぶ自由民権運動の旗頭、および日本最初の政党内閣内閣」の際の内閣総理大臣としてもおなじみ。幼名は八太郎。最初の諱は信義。

佐賀士・大信義の長男として会所小路に生まれる。大は代々萩野砲術師範を務め、も石火矢頭人を務めた。大隈重信も校・館で学び、安政元年(1855年)に枝吉陽を盟とする勤王組織「義祭同盟」に参加して、尊王攘夷活動に身を投じた。

慶応3年(1867年)になると長崎佐賀の英学塾・蛮学稽古所(のちの致遠館)を創設し、実質的な経営者となる一方で、大隈重信自身も宣教師フルベッキに英学を学ぶ。明治元年(1868年)には新政府の徴士、やがて参議となって鉄道・電信の建設事業、工部の開局、財政革に尽くして近代産業の発展を推進した。

しかし、明治14年(1881年)の明治十四年の政変で下野明治15年(1882年)には立進党を結成する。同年には東京専門学校(のちの早稲田大学)を創設した。やがて、伊藤博文黒田清隆内閣では外務大臣を務めたものの、明治22年(1889年)に条約正交渉中、正案に反対する政治組織・玄洋社社員・来恒喜の投弾に遭って右足を失うほどの重傷を負い辞任する。

明治29年(1896年)に進歩党を結成、明治31年(1898年)には板垣退助政党を結成し、日本最初の政党内閣内閣」を組織する。明治40年(1907年)にいったん政界を引退大学総長に就任したが、大正3年(1914年)に立同志会の援助のもと第二次内閣を組織。第一次世界大戦に参戦して対21カ条要を強行した。

大将5年(1916年)には今度こそ全に引退し、亡くなった際には民葬が行われた。

関連商品

関連項目

第7代 第8代 第9代
伊藤博文所属)
1898
大隈重信(政党
1898
所属)
1898~1900
第16代 17 第18代
山本兵衛所属)
1913~1914
大隈重信(所属)
1914~1916
寺内正毅(所属)
1916~1918

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E9%9A%88%E9%87%8D%E4%BF%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大隈重信

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 大隈重信についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード