編集  

大魔王マデサゴーラ単語

ダイマオウマデサゴーラ

大魔王マデサゴーラとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターであり、「ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」のラスボスを務める大魔王である。

ネタバレ注意 この項は、ドラゴンクエストXレンダーシアストーリーネタバレを含んでいます。
シナリオクリアの方はご注意ください。

もしかしてカイロス

概要

世界を自分の思うままに 創り変えようと企み 創生の女神への挑戦者を 自称する芸術魔王

偽りの世界にあった創生の渦は マデサゴーラが偶然手に入れた 霊核のカケラが変化したもの。
かの世界はそこから創られた。

ドラゴンクエストXゲーム内図鑑"まめちしき"より(大魔王マデサゴーラの説明)

大魔王マデサゴーラ
登場作品
ドラゴンクエストのモンスターテンプレート

ドラゴンクエストシリーズ恒例となる大魔王ポジションに位置するモンスター

自らを「魔族の王にして、創生の女神への挑戦者」と呼ぶ人魔族で、3対6本の腕をもち、色のに身を包む。の両肩の部分からはクワガタのハサミのような巨大なが突き出している。

プレイヤーたちからの称は「クワガタおじさん」「ジャックポットおじさんカイロスなど。

偶然に強大なを手に入れ、その大魔王として成り上がったというサクセスストーリーを持つ。その経歴ゆえか、物り口などは威厳よりも軽妙さを感じさせる。また、自分の宮殿に数多くの絵画を飾り付けていたり、宮仕えの口から前述の経歴の詳細をらせているなど、芸術気質でナルシストな側面も覗かせている。側近である魔元帥ゼルドラドはそんな彼の掲げる大願に心し忠を誓っている。

出自~レンダーシアストーリー第四章

の河」の最部からアストルティアへと出でる際に、偶然「創生の霊核」のカケラを発見。霊核のカケラは「創生の渦」へと変化し、渦の中からは強大な魔があふれ出した。ひとつの大陸をもから創生しえるそのを使い、大魔王マデサゴーラは戯れに、人間の治める大陸レンダーシアコピー(偽りのレンダーシア)を創り上げた。偽りのレンダーシアは、立地などの大部分はオリジナルレンダーシア)と同じであったが、の住人やモンスターの河の存在などはマデサゴーラの都合の良い内容へと変容されていた。

ひとしきり偽りのレンダーシアでたのち、大魔王マデサゴーラは、偽りのレンダーシアレンダーシアを侵食し、その地でとして君臨する野望を掲げる。

まずは、冥王ネルゲル契約し、エテーネの民を滅ぼすを与えるかわりにレンダーシアを「迷いの」で覆わせ、アストルティアから隔絶された次元に封じさせた。これにより侵食の準備は整ったが、人間の種族グランゼニスの血によってられた4つの結界「の緋石」がレンダーシアを守護しており、侵食の障となっていた。それを解除するためには、同じとする勇者が必要であった。

勇者の血を引く一族が治めるグランゼドーラ王国を側近の魔元帥ゼルドラドに襲撃させ、勇者トーマ王子を手中に収めようとするが、トーマ王子が実は影武者であったと判明。本物の勇者であるの「勇者姫アンルシア」は、トーマ王子の犠牲により取り逃がしてしまう。

その後、勇者の代替手段をめ「トーマ王子生・支配」と「勇者姫アンルシアコピー魔勇者アンルシア)作成」という計画を実行する。まずは王の墓を暴いてトーマ王子の遺体を奪い、生・支配に成功する。そしてトーマ王子に流れる血を用いて魔勇者アンルシアの作成を行うも、彼女には勇者は宿っていなかった。その後、魔勇者アンルシアプレイヤーたちによって倒されてしまうが、一方で別働隊として動いていたトーマ王子は先代勇者の遺した指輪を入手していた。勇者の血を引く者しか身に付けられないその指輪を装備したことにより、トーマ王子には一時的ではあるものの勇者が宿り、結果、「の緋石」のひとつの解除に成功する。残る3つの緋石の解除はプレイヤー勇者姫アンルシアの活躍によって防がれたが、一部とはいえ、緋石の守護を失ったソーラリア峡谷全域の侵食を達成した。

レンダーシアストーリー最終章

さらなる計画推進のために「創生の霊核」そのものを欲した大魔王マデサゴーラは、それが封じられた場所、レンダーシアから繋がった間に建つ「奈落の門」へとトーマ王子と共に侵攻する。

奈落の門には、の緋石同様にの結界がられており、勇者指輪を装備したトーマ王子をもってしても、その強大な結界は破れずにいた。それを打開するための"ある的"のため、門前でプレイヤーたちを待ち構える。

まずはトーマ王子単体でプレイヤー勇者姫アンルシアとのバトルとなる。そしてトーマ王子を撃破後、いよいよ大魔王マデサゴーラとのバトルに突入する。マデサゴーラは、冥王ネルゲルが「冥獣王ネルゲル」となる際にを与えていたの存在「大いなる闇の根」を呼び、を授かって最初からフルパワーの状態で襲いかかってくる。

大魔王マデサゴーラ戦に流れるBGMは、冥獣王ネルゲル戦と同じ「府の王」。

バトルフィールドはやや狭い範囲の円形となっており、フィールド界にぶつかると内側へ向けて弾き飛ばされてしまう。このフィールド特性が、後述の「マダンテ」に大きく関与する。

大魔王マデサゴーラは、HPが8万、攻撃800程度、守備が420程度という高ステータスを持つ。行動は、念じボールマヒャデドス、ジゴデインマダンテ、魔回復、闇のころもなど。

念じボールは、対となったプレイヤーとその周囲のプレイヤーたちの中からランダムで合計6回の攻撃+呪い効果を与える技で、1回あたりのダメージはおよそ100170程度。ひとりのプレイヤーが全弾被弾するとほぼ確実に死亡してしまうダメージ量となる。あえて対プレイヤーの周囲に密集することでダメージを分散させるのも有効だが、そうすると複数のプレイヤーが呪い状態となってしまうため、呪いガードの装備をえるなどの対策が必須となる(逆に、呪いを分散させない的で全弾をひとりが受け持つという戦法もあり得る)。

マダンテは、大魔王マデサゴーラを中心とした範囲に9999ダメージを与える呪文で、円形のバトルフィールドの中心で発動した場合は、フィールドの端のギリギリあたりまで退避しないと逃れることができない。ただし、前述の通り、このバトルフィールド界にぶつかると内側へ向けて弾き飛ばされてしまうため、それが原因でマダンテを食らってしまう事故が発生する。可であれば、できるだけ大魔王マデサゴーラフィールドの一方の界近くまでおびき寄せた状態を維持し、マダンテの詠唱に入ったら即座にもう一方の界まで退避するように心がけたい。なお、マホカンタをかけておくとマダンテを跳ね返して9999ダメージを与えることが可マダンテ使用後はMPが0になるが、「魔回復」を使用してMP9999回復し、再びマダンテを放てる準備を整えてくる。

闇のころもは、魔勇者アンルシア魔将ガルレイと同様の効果で、使用者の与ダメージを2倍、被ダメージを10分の1化する技。この状態で念じボールを使用すると、1発あたりのダメージ250350程度にまで跳ね上がるため、通常時のような「密集してダメージを分散させる」戦法が逆効果となってしまう。この状態の念じボールは、プレイヤーがばらけて複数名が被弾しないよう注意が必要である。また、こちらも魔勇者アンルシア戦などと同様に勇者姫アンルシアが「勇者」を使用して闇のころもを解除してくれる。解除後しばらくは大魔王マデサゴーラが行動不+被ダメージ4倍状態となるため、ここに全攻撃を注ぎたい。

創造神マデサゴーラ

創造神マデサゴーラ

大魔王マデサゴーラの撃破後、トーマ王子奈落の門の封印の破壊に成功してしまう。勇者姫アンルシアの一撃をその身に受けたトーマ王子の身体には、一時的に勇者が滞留していたのである。

奈落の門が開き、中からあふれ出したさらに強大な魔を受けて、大魔王マデサゴーラはその身を変化させる。ドラゴン融合させたようなその姿は、背中と下半身が、上半身がドラゴンで、変身前と同様に3対6本の腕を持っている。大きさは、冥獣王ネルゲルの上半身と同じ程度。自らを「創造神マデサゴーラ」と名乗り、手に入れたを確認するためプレイヤー勇者姫アンルシアへと襲いかかる。

創造神マデサゴーラ戦に流れるBGMは、新曲となる「に挑みし者」。

ステータス変身前よりも大幅に高くなっており、HPは15万、攻撃950程度。特にHPは、あのダークネビュラスをも駕している。なお、守備変身前からほとんど変化していない模様。

このバトルでは、創造神マデサゴーラの残りHPが一定数まで減るのに応じて、バトルフィールドが通常時から「加速する世界」→「不浄なる世界」→「混沌たる世界」と、合計3回変化する。それぞれのバトルフィールドでは敵味方双方に特殊な法則が適用され、その状態でのバトルとなる。また、バトルフィールドが変化するのにあわせて、創造神マデサゴーラの行動パターンも変化する。

通常時

バトル開始から「加速する世界」までの状態。この状態では特殊効果の付与は行われない。

この状態の創造神マデサゴーラの行動は、通常攻撃のほか「ジゴデイン」「マヒャデドス」「あやしいひとみ」。魔結界による呪文耐性強化や、呪文ダメージカット効果、各種属性耐性効果などで身を固めておけば、このバトルはさほど苦戦しないはずである。

一定までHPを減らすことで、バトルフィールドが「加速する世界」へと変化する。

加速する世界

通常時から最初に移行するバトルフィールド。このフィールドでは、敵味方双方の行動間隔と呪文詠唱時間が大幅に短縮される。

この状態の創造神マデサゴーラの行動は、通常攻撃のほか「神速メラガイアー」「連続ドルマドン」「痛恨の一撃」「いてつくはどう」。神速メラガイアーと連続ドルマドンは、それぞれメラガイアーとドルマドンランダムへ合計3回唱える大技で、1発あたりのダメージ600前後。呪文耐性強化や各種カット・耐性装備でも1発であればしのぐことは可だが、創造神マデサゴーラはこれらの技を連発してくるため、可であれば「マホステ」「マホカンタ」「スペルガード」といった呪文そのものを効化または反射する呪文・とくぎを使用したい。とくに「マホカンタ」の場合は前述のダメージがそのまま相手に跳ね返るため非常に強。なお、プレイヤーたちが全員マホカンタがかかった状態だと、呪文を使用しなくなる。

ふたたび一定までHPを減らすことで、バトルフィールドが「不浄なる世界」へと変化する。

不浄なる世界

このフィールドでは敵味方双方ともに状態異常に非常にかかりやすくなる。
当然敵の戦法もそれに応じたものとなっており、中でも臭い息「不浄の息」はこちらの呪い+猛+麻痺+幻惑の効果を与えてくるものとなっており、万が一まともに受けてしまうと全に何もできなくなってしまう。
よって各状態異常の耐性は必須、最低呪いだけは万全に整えてから挑戦したい。
キラキラポーンで防いでもいいが、いてつくはどうなどで消されてしまう可性もあるので確実とは言いがたい。

また、状態異常の他にも周囲に大ダメージ+行動不の効果を与える「ランドインパクト」が非常に強
全員で受けてしまうと一発全滅の危険すらある。幸いにして発動速度は遅めなので、もし発動の兆が見られたらすぐにマデサゴーラから離れよう。

攻略法としてはこのフィールドの特徴を活かして、「ラリホー」などでマデサゴーラを眠らせてしまうのが有効。
ラリホーがない場合は具の「ゆめみの」を使ってもいいかもしれない。

ここでもHPを一定まで減らすとバトルフィールドが移行、「混沌たる世界」となる。

混沌たる世界

いよいよ最終形態。ここで勝つことができれば晴れバージョンクリアとなる。

このフィールドでは敵味方の会心・暴走確率が大幅に上昇する。
そのためこちら側が与えるダメージも飛躍的にアップするが、当然敵から受けるダメージも跳ね上がるので注意。
攻撃方法は今までの形態を全て合わせた構成になっており、「不浄の息」や「ランドインパクト」はもちろんほぼ確実に暴走する各種魔法も非常に危険極まりない。
他にも「マダンテ」も使ってくるのだが、これは発動まで時間がかかり避けやすく、更に使用後のMP回復行動でターンを消費したりするためむしろサービス行動と言えるかもしれない。

ちなみに、この法則を逆手に取って「会心ガード」を使えばほぼ化することが可
魔法も例によって「マホカンタ」で跳ね返してしまえばむしろこちらのダメージソースとなっておいしい。
ただし「不浄の息」の危険度だけは変わらないので、くれぐれも注意すること。

撃破後

プレイヤーたちによって倒された後、マデサゴーラは元の人形態へと姿が戻ってしまう。その状態でもなお、更なるパワーアップ奈落の門へと近づくが、最期は呪縛から解き放たれたトーマ王子によって押さえられ、トーマ王子もろとも勇者姫アンルシアに貫かれて絶命する。

他作品について

他の作品では、DQMJ3に初登場。配合及び配合後のコインで入手が可となっている。
配合元は魔勇者アンルシア × 冥獣王ネルゲルの特殊配合、マデサゴーラ自身はダグジャガルマの配合素材となっている(ダースガルマ×マデサゴーラ)。
配合元については攻略サイトなどで割と知られていたが、その大元となるデモンスペーディオキングスペーディオが追加配信モンスターだったため、実際に配合して手に入れられるようになったのは、DQMJ3が発売してから約1か後という仕様となった。(配信日は2016年4月20日で各所定店舗にて先行配信)
スキル大魔王ポジションだから固有の特技・・・ではなく「冥界マスター」。プレシアンナやプスゴンなど他の中ボス達ですら固有スキルなのに、創造涙目である。

関連動画

関連項目

ドラゴンクエストシリーズ魔王
ドラゴンクエストI 竜王
ドラゴンクエストII ハーゴン / シドー
ドラゴンクエストIII バラモス / ゾーマ
ドラゴンクエストIV エスターク / デスピサロ
ドラゴンクエストV イブール / ゲマ / ミルドラース
ドラゴンクエストVI ムドー / デスタムーア / ダークドレアム
ドラゴンクエストVII オルゴ・デミーラ
ドラゴンクエストVIII ドルマゲス / ラプソーン
ドラゴンクエストIX ガナサダイ / バルボロス / エルギオス
ドラゴンクエストX 冥王ネルゲル / 大魔王マデサゴーラ

臭い


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E9%AD%94%E7%8E%8B%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%B5%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%A9
ページ番号: 5301607 リビジョン番号: 2353830
読み:ダイマオウマデサゴーラ
初版作成日: 15/01/12 19:51 ◆ 最終更新日: 16/04/24 19:39
編集内容についての説明/コメント: モンスターテンプレートに作品名を追加しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大魔王マデサゴーラについて語るスレ

22 : ななしのよっしん :2015/05/18(月) 02:21:47 ID: ccKo8vT7fb
なんつーか、魔王のくせに人間味があるなぁwとかジャックポッドの下で思った。
威厳や敵と思うよりも先に親しみを感じてしまったw
23 : ななしのよっしん :2015/08/08(土) 15:51:43 ID: mki2Xlzmit
ひょんな事から大が手に入って、自費で自分専用のディズニーランドを作りました!
そのうち「あれ?もうこっちを本物にしちゃえばよくね?」って考えるようになっちゃった
みたいなおじさん
24 : ななしのよっしん :2015/08/09(日) 10:18:35 ID: RAD4OQoKdR
飲酒運転とかの検問で吐いた息で人を殺せそうだと思うのは自分だけ?
25 : ななしのよっしん :2015/10/22(木) 19:29:14 ID: 5PJq7+9BBU
謎の孤島フォステイルがいないのはどうしてなんですかね・・・
26 : ななしのよっしん :2015/11/05(木) 14:15:39 ID: BSnCsOVo+J
まぁ別に魔族視点から見ると悪い人(?)ではないんだろうな。
最高にはた迷惑なだけで
27 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 17:50:16 ID: sojaZTheoF
勇者トーマの血を元に作られたってか言ってたっけ?魔幻宮殿らか?
28 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 19:01:09 ID: mki2Xlzmit
>>27
トーマまめちしき
トーマの血が勇者レプリカを作るのに最適な材料だったと書かれてるね
29 : ななしのよっしん :2016/09/14(水) 00:42:35 ID: RyCghSr7y2
>>4
>>5
さすがに浅はか
30 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 02:26:34 ID: rLt+PRlWWX
>>20
11で本当にジャックポッターというモンスターが出た模様です。
31 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 22:37:43 ID: TZv4Ar9tSq
>>4
殺し合おうってときプライドもないだろ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス