大鳴門橋単語

オオナルトキョウ

大鳴門橋とは、徳島県兵庫県を結ぶ大橋である。

概要

特徴

神戸淡路鳴門自動車道にある高速道路用のNEXCO西日本管内であるが、部分のみJB本四高速(本州四国連絡高速道路)という別会社が管理している。徳島県鳴門市兵庫県淡路島(南あわじ市)を結ぶ大橋である。徳島県名物の風物詩である鳴門のうずしおが見られるスポットとして全的に有名で、2000年4月22日に大鳴門橋下部に開設したうずしお中展望遊歩「渦の」には、うずしおの様子を見に多くの観光客が訪れている。また、「渦の」とは別にうずしおについての解説を取り扱った資料館である「大鳴門橋架記念館 エディ」も開設されており、こちらは2018年3月21日リニューアルオープンしている。

ニコニコでは、同区間を走行した車載動画が数多く投稿されており、「大鳴門橋」動画タグの使用傾向も専ら車載動画カテゴリ旅行カテゴリ系の動画に付けられている。

「大鳴門橋」で動画タグ検索するexit_nicovideo

構造パラメータ

1629m 着工年 1976年
幅員 25m 開通年 1985年
144.3m 梁形式 3径間2ヒンジ補剛トラ
中央径間 876m 管理 本州四国連絡
(1970年2005年)

JB本四高速
(2005年~)

歴史

1976年7月2日に、鉄道併設として着工開始。1985年6月8日に開通し供用を開始した。(しかし、当時はまだ明石海峡大橋が未開通のため、陸路では神戸方面に行けない)
しい潮流への対応、及び鳴門のうずしおへの影を最小限にするために、脚建設の際には「多柱基礎工法exit」と呼ばれる特殊な工法が採用された。梁部分は、3径間2ヒンジ補剛トラ(3本のと2ヵ所のの繋ぎトラス状に建設する)の方針で建設された。
日本で初めての道路鉄道併用の2層式構造で建築された

しかし、当時国鉄が財政難であったため、鉄道敷設を中止する議論が浮上。1978年、正式に鉄道敷設計画は凍結され、大鳴門橋は鉄道併設で建設されるも明石海峡大橋道路単独で建設された。以降これがネックとなり、関西から徳島への鉄道敷設実現には至っていない。
なお、内初のフェリー航路であった鳴門~淡路間の航路も、このの開業と運命を共にしたほか、渦のも途中までで途切れているため、現在徳島県方面から徒歩や軽車両原付などで淡路方面に行くことは不可能
必ず自動車普通二輪などの交通機関を使う必要があるため、モータリゼーションの徴のようなと非難されることもある。

現在は、上述で説明した中遊歩「渦の」が、梁下部の鉄道敷設用に建設された高架部分に開設されている。この鉄道用施設は、一応新幹線規格を想定している。渦の近辺にも、鉄道用のトンネルや高架部分の鉄道用に開けられたなどがあるので、未成線探索にもおススメできるスポットとなっている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E9%B3%B4%E9%96%80%E6%A9%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大鳴門橋

1 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 22:44:44 ID: kjlLwc2IVk
生きてるうちに新幹線通るのかな?