天使の詩II堕天使の選択単語

テンシノウタツーダテンシノセンタク

天使の詩II堕天使の選択とは、1993年に発売されたPCエンジンゲームソフトである。

概要

1993年3月26日発売。

製作株式会社日本テレネット

ディレクター金子彰史

音楽なるけみちこ小川史生

キャラクターデザイン結城

対応機種:PCエンジン

出演声優矢尾一樹山本百合子中原茂藤田淑子若本規夫伊倉一恵梁田清之井上和彦萩森侚子(前作から名。旧萩順子)、塩沢兼人飯塚昭三森功至

 

PCエンジン最盛期に作られた傑作RPGと評されることが多い。制作チームはこの作品が完成すると同時に退社独立。続編「天使の詩の祈り」はプラットフォームを変えSFCからの発売となった。制作チームが総入替となっている。

ストーリー的には1と違いオリジナルストーリーとなっている。カルト宗教問題など当時の世相も反映されており、RPGにおいて最も重要なのはシナリオであると知らしめた。ゲーム雑誌「マル勝PCエンジン」では本作品を絶賛。レビュアー全員がお勧め印をつけた。辛口でまずお勧め印を付けないと言われた岩崎までもが、本作品を褒めたことからもその質の高さが伺える。

BGMのみEGG MUSICexitダウンロード販売されている。

余談だがこの作品の発売2年後に地下鉄サリン事件が発生。当時カルト宗教問題は深刻であった。

あらすじ

魔物狩りを生業とする主人公相棒の二人組は、長らく封印されていて入ることのできなかった封で、記憶喪失少女と出会う。人が立ち入ることのできない場所になぜ・・・・

疑問は残りつつも女好きの主人公彼女を助けるために出るのであった。

注意しなければならないバグ

関連動画

実況なしプレイ動画                      実況プレイ動画

 

ED曲をMIDI再現                      EDのみ(ネタバレあり)

関連商品

PCエンジンが耐用年数をえたものしか残っていないため注意。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%AE%E8%A9%A9ii%E5%A0%95%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%8A%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天使の詩II堕天使の選択

1 ななしのよっしん
2010/02/22(月) 19:56:24 ID: uU5uI16WX0
おお!記事が!です
ほんとに良質のRPGだったなあ
このゲームからワイルドアームズ小ネタが結構あるんだよね、まけんルシエドとか
2 ななしのよっしん
2010/02/22(月) 22:13:16 ID: i0o4TvQegE
うちはもうPCエンジンが動かないので
バーチャルコンソールで出してほしいですなあ。
3 ななしのよっしん
2010/04/24(土) 01:39:11 ID: l+W57TGoEz
今思うと、このゲームも、テレネット自体もすごいな顔ぶれだよなぁ
4 ななしのよっしん
2010/06/20(日) 12:32:58 ID: PJNHKhooG2
まさしく日本テレネット総力戦といった感じだな。
スタッフキャストも今からすると信じられんさだ。
5 ななしのよっしん
2012/10/22(月) 22:48:09 ID: /c7UFu/9qs
雑誌のレビュー関係の項は消した方が良いと思うよ。
当事からで買える、スポンサー絡みで点が付くのが
今の時代になって手に露呈してきたから

編集者主観で好きに書くなら
それを記載すれば問題はないけど
が関わってる雑誌やレビューの評価を使い
持ち上げる記事は余り良くないと思う

あとバグ技だとの入り口付近でイベントフラグが場面で
世界への転移だったかをして
そこを通らずに更に先に進めて仲間が入れ替わった後に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6 ななしのよっしん
2016/02/21(日) 05:24:13 ID: ahe414xUaf
4年(正確には3年ちょっとか)も前のレスに返信するのもアレだが、レビューに関しては
この記事とは別の雑誌(確かPCエンジンだったと思う)でも高評価だったよ。
流石にレビューの文面は忘れてしまったけど、褒められていたことは覚えている。

この作品が評価された理由はいくつかある。そこそこの分量の中に起伏あるシナリオ
入っていたことと、ムービーシーン物語が視覚的に表現されたこと、そしてBGM
いい仕事をしていたこと、などだろう。(エンディングの流れは本当に良かった)

PCエンジン最高の作品、と言ってしまうと持ち上げすぎとは思うが、
当時のハードった佳作・良作の一つには挙げられるだろう。
なので、仮に提記事だったとしても、中身は実のあるものだったから、
評価が誇された作品のように言われてしまうのは嫌だな。