天地明察単語

15件
テンチメイサツ
1.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

天地明察(てんちめいさつ)とは、冲方丁時代小説江戸時代学者、渋川の生涯を描く。

あらすじ

江戸時代前期、第4代将軍・徳綱の時代。江戸城に勤める囲碁棋士安井算哲(渋川)は、その算術と神道の才を見込まれ、会津保科正之から日本北極出地調への出立を命じられる。

建部伝内・伊藤重孝とともに全を巡り、帰還したに新たに命じられたのは、800年の永きに渡って使われ続けた結果、2日のずれが生じている現在・宣明し、新しいを制定するという事業だった。

様々な困難や妨に遭いながら、は生涯を掛けて、日本独自の作りに挑むことになる。

概要

冲方丁初の時代小説。そもそも冲方が渋川に惚れ込んだのは高校時代のことで、授業で渋川についてのレポートを発表したものの、本人の熱意に反してクラスメイトは全く興味を示さず、その悔しさがこの作品を書くバネになったと後にっている。

原形となったのは、『SF Japan2004年季号に掲載された短編「日本事情」(のちにハヤカワ文庫JAの短編集『OUT OF CONTROL』に収録)。SF誌の発表だが、別にSF要素があるわけではない。ストーリー格は短編の時点で既に出来上がっていたが、本人いわくこの時点ではまだこの話を長編化するかったとかなんとか

5年後、短編を大幅に膨らませた長編版が『野性時代』2009年1月号から7月号まで連載され、同年11月角川書店から刊行。たちまち大ベストセラーになった。2012年には角川文庫から上下巻で文庫化。

第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞など5賞を受賞し、冲方丁名前SFライトノベル界のみならず世間一般に広く知らしめる代表作になった。第143直木賞にもノミネートされたが受賞は逃した。

一方、参考文献に挙げられた本の著者(和算研究佐藤健一)からブログで文句をつけられたりexitもしている。

2012年には『おくりびと』の田洋二郎監督により映画化。また、槇えび作画による漫画版がアフタヌーンで連載中。

映画版

2012年9月15日開。配給角川映画

監督田洋二郎(『おくりびと』)、脚本:田洋二郎加藤正人(『クライマーズ・ハイ』)、音楽久石譲
演は岡田准一、宮崎あおい。他、中井貴一松本幸四郎などキャストえた。

原作では主人公は「渋川」と「安井算哲」の名を使い分けているが、映画ではややこしくならないようにという配慮か「安井算哲」で統一されている。また原作・史実とは異なり、山崎闇斎が算哲の実質的な後見人として事業に大きく関わり、その途中で死亡するというシーンが描かれている(映画の終わりに「史実と異なる場面があります」というテロップがある)。ほか、算哲の最初の妻・ことのエピソードなどがカットされている。

スタッフ

キャスト

関連動画

関連商品

原作小説

漫画版

映画関連

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

VOICEROID (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: LOST
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天地明察

1 ななしのよっしん
2012/10/02(火) 22:27:49 ID: pdhy68zcJ3
実写版の闇斎が死ぬシーン前後の違和感は半端じゃなかった。地味な題材故に少しでもアクセントを作ろうと苦心したのかもしれんけど。
あとヘタレ度が足りてないw
でも全体的には原作レイプというほど酷いものでもないし、これはこれで悪いものじゃない、って感じだった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2012/10/12(金) 20:56:05 ID: 2UtHR3LqPo
>>1
邦画としてはかなりいいと思うね。

原作では大騒ぎだった誤問が割とあっさり流される」
伊藤が自分のシーンがない」
測しても算術学者のような専門が集まってこない」
部分はちょっと不満で、
「覆面の武装集団が集団で襲い掛かってくる」
「蝕の前にが一斉に飛び立つ」
という脚本はちょっと安っぽいなという感じではあった。

北極出地の爺コンビかわいいのは評価高いけどな!
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2013/02/18(月) 20:39:44 ID: mFTjBitwY3
ことが登場しないと聞いて見なかったけどおもしろいの
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2013/03/05(火) 01:22:17 ID: A2GmNyNSmZ
原作が好きなら好きなほど映画見て絶望する
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2014/01/04(土) 22:02:32 ID: TIx2H6N096
原作未読だけど映画は凄く楽しめた。時代ものが好きだというのもあるけど音楽とか凄く好みだったよ。掛けをするとこは送り過ぎだと思ったけど…
全体的には爽やかで綺麗な感じで後味も良かった。もろいからだろうけど最後は感動した
👍
高評価
0
👎
低評価
0