天地魔闘の構え単語

テンチマトウノカマエ
2.0千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

天地魔闘の構えとは、漫画DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の登場人物・大魔王バーンが使用する義である。

なお構えのポーズ自体は、実在する空手の構えの一つである「地上下の構え」とほぼ同じ。

概要

天地魔闘の構えは、いわゆる「カウンター技」であり、決して自分から仕掛けることはなく、相手の攻撃に対して反撃の形で使用する。

とは攻撃、地とは防御、魔は魔力の使用を意味し、それらの3動作を一にして行えることが名の由来。

魔力智のみを残した老バーンの状態では2動作が限界であるため、この技は使えない。
体を持つ全盛期体と融合した(バーン本来の姿に戻った)時のみ使用できるバーン最大の義。

大奥義がカウンター技である理由は、バーンであっても必殺技を3つ同時に使うには大なエネルギー蓄積を必要とするからである。
この「エネルギーの蓄積を必要とする」点がこの技の弱点でもあり、3段攻撃を放った直後は僅かに体が硬直し、隙をしてしまう。もっとも、それまでに対峙した敵は全て一撃で倒していたため、ダイポップ達に見抜かれるまで、自分自身でもこの弱点を知らなかった。

作中では基本的に以下の3つの技を天地魔闘の構えと併用して使用した。

カラミティエンド
鍛え抜かれたバーン手刀による一撃。バーンく、斬れぬものなど存在しない地上最強
フェニックスウィング
炎をうほどの高速の底による防御。あらゆる呪文を弾き返す。
カイザーフェニックス
圧倒的なバーン魔力をもって放たれるメラゾーマ。炎が不死鳥の形をもって相手に襲い掛かる、バーン最強呪文

この3つの技の間展開により、ダイは自信の最強技であるギガストラッシュをほとんど傷で受け止められた上にカラミティエンドカイザーフェニックスの直撃を受けて大ダメージを負い、ヒム・ラーハルトアバンが3人がかりで挑んだ時は、ヒムは腕をカラミティエンドで砕かれ、ラーハルトは自身の技を底で弾き返され、アバンカイザーフェニックスで撃墜され敗北を喫した。

なお、「天地魔闘の構えをとらずともカイザーフェニックスやカラミティウォールを放てる」とのバーンの発言からすると、逆に言えば天地魔闘の構えからカラミティウォールを放つことも可、つまり上記の3つの技以外の行動を天地魔闘の構えから放つことも可であると思われる(上記の3つの技だけでは4人以上の敵には対応出来ないため、当然と言えば当然だが)。ただし作中で実際に使われたことはない。

天地魔闘の構えによる3段攻撃や、老バーンカイザーフェニックス2連発は、ゲームドラゴンクエストにおける、1ターン中の複数回行動漫画として表現したものでもある。

ちなみに、『ダイの大冒険』はアニメ版も存在するが、大魔王バーンが登場して間もない頃に打ち切りになってしまっているため、バーン役の声優内海賢二)は存在するが、天地魔闘の構えなどのセリフは存在していない。
だが2020年より放送開始したテレビアニメ版では、ついに2022年に満を持して、テレビアニメ版「天地魔闘の構え」が披露された。twitter上でも数十年待ち続けた多くのファン達の賛辞が流れたり、原作を知らない子供たちがテレビの前で構えを真似しているさまを見て感慨深くなった、など様々な感想が飛び交っている。

後に、『ドラゴンクエストIX』において、天地魔闘の構えをモデルにしたと思われる「地のかまえ」が登場。
相手の攻撃を防御(地)、強な反撃()のコンビネーションを行う技であり、名前のとおり魔法攻撃(魔)は含まれていない。

ニコニコ動画における「天地魔闘の構え」

ニコニコ動画では、「魔法少女リリカルなのはStrikerS(第8話)」において、高町なのは(元魔法少女)が2人の攻撃を受け止めたシーンが酷似していたため、以後天地魔闘の構えとして扱われる。
このシーンを初めとした、「冥王計画ゼオライマー」の木原マサキマサト)のを充てたMADを中心に用いられている。

他には東方Projectダイの大冒険パロディである手書き漫画シリーズ東方クエスト 霊夢の大冒険exit_list」にて、バーン役のキャラクターがこの技を使用している。

また、『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画めだかボックス」の主人公である黒神めだかも、天地魔闘の構えをこれ見よがしに見せつけていたことがあった人吉善吉も、「天地魔闘の構え…」と心の中でツイートしていた)。

関連動画

ダイの大冒険

リリカルなのはMAD

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天地魔闘の構え

318 ななしのよっしん
2022/09/18(日) 15:48:57 ID: Ic7gN87m5W
それなトベルーラじゃなくリリルーラで良さそうだけどね。
ゲロビじゃないけど、ノヴァの使ったマヒャドブレスに近い形だった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
319 ななしのよっしん
2022/09/18(日) 20:56:57 ID: +epeK8mdw3
地魔闘の魔法の使用が攻撃呪文とは限らないもんな
フェニックスウィングがあるからあんま意味ないけどマホカンタとかも使えるだろうし、なんならベホマ使ってダメージ回復しながら攻撃するゾンビアタックとかできるかもしれん。絵的にあんまかっこよくはないがw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
320 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 00:33:50 ID: ERK/rB52KL
まあ、大魔王らしい勝ち方を選ばないといけないからね…。
でなければ、最初の地魔闘の後に「弱ってれば効く」のがわかってるラリホーマを一発で終わってた可性さえある。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
321 ななしのよっしん
2022/09/22(木) 22:18:00 ID: v5k5EDdI0x
つーか素手バーンの時点でバリアみたいなもので
ダイが弾き返した数のイオラを防いでいる。
あれが何かは分からないけど、持続バリアっぽいから
ベギラゴンみたいな照射の攻撃も防げるはず。
バーンになったら急にできなくなるような事もないだろうし。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
322 ななしのよっしん
2022/11/07(月) 12:25:26 ID: 2k/UKZqtL+
ふと思ったけど、バーンポップイオ呪文ブラックロッドの攻撃をカウンターせずに素で受けてカウンター温存しておけば、ダイたちは負けたってことになるんかな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
323 ななしのよっしん
2022/11/07(月) 13:35:36 ID: uIPqqYh4zP
>>322
ポップの攻撃には耐えられるだろうが、そんなんで勝つと大魔王プライドが死ぬんだよなぁ
天地魔闘の構えを何度も見て「それでも飛び込んでくる」時点で、ポップなりの勝算があると推察するには十分
その勝算に対する最強の迎撃手段はやっぱり天地魔闘の構えってのも間違いじゃない

たぶんカラミティエンドブラックロッドへし折るだけで済まさずポップごと一両断しておくのがプライドも守れてベストだったんじゃないかな
(たぶんできたでしょ)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
324 ななしのよっしん
2022/11/07(月) 13:42:19 ID: xVyZyz2ss0
>>323
決め役のダイ自体、ポップの両断死体を見て動揺せずにキメを撃てるほど精的に強くないので、それもバーン様の望む「全の敵を全で打倒して勝つ」が達成できない。
ポップの死でダイが動揺して台エンド勝利になる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
325 ななしのよっしん
2022/12/24(土) 05:32:51 ID: OkmiPhTpoD
>>324
そこは「闘いの遺伝子」の示にダイがどこまで従うかという問題も絡むのかもしれん。
ポップられる姿に動揺するけど、そここそはバーン最大の隙なのも事実。そこに叩き込めば勝てはする。

ダイは勝負事に割とドライな性格だけど、ポップが絡むと動揺するか…するだろうし、それは仕方ないか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
326 ななしのよっしん
2023/01/04(水) 19:48:15 ID: xVyZyz2ss0
>>325
時間さえ置ければ、むしろメガンテの時のようにダイを引き出せる可性がある。でもそれは最初にポップをバッサリやれればの話。
あのポップダイvsバーンのひと当ては「ラストチャンス」であり、あそこアバンストラッシュがコンマ一遅れたらもうバーンの勝ちが確定する。バーンが勝った後、戦いの結末として一番られるであろう部分。
ポップが死んだその一、「そっちにもくれない」ってのは、さすがにダイには期待できないので、大切なラストバトルの締めがかなり台しになるのは間違いない。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
327 ななしのよっしん
2023/01/04(水) 20:28:15 ID: Ic7gN87m5W
そもそもバーン自身がポップじゃカイザーフェニックスに耐えられず、ポップの後方に控えて隙を伺うダイもろとも焼け死ぬって半端な予測を述べちゃったからね。

一度、口に出した以上、前言撤回してポップ両断という選択肢が取れなくなるのが若バーンの欠点。
👍
高評価
0
👎
低評価
0