天安門事件単語

テンアンモンジケン
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

天安門事件(簡体中国語では「天安门事件」)とは、1976年1989年の2回、中華人民共和国で発生した一般市民への武弾圧事件である。

通常「天安門事件」は、2回1989年6月4日に発生した「六四天安門事件」をすことが多い。大躍進政策、文化大革命と続き、中華人民共和国史上(建後)3番の悲劇である。
本稿ではこちらを記述する。

概要

中国民主化をめる学生などの若者が連日にわたり天安門広場を占拠をしていたが、1989年6月4日中国軍が武行使を行い、多くの民衆を殺したとされている。

実際に殺された人数については、これまで様々に推計されていた。共産党自身は1989年6月末に、市民200人と治安部隊数十人が死亡したと発表していたが、2017年に機密定が解除されたイギリスの外交文書によると、殺された人数は少なくとも1万人に上ると報告されていたことが明らかになっている。[1]

中国政府ではこの事件の起こる直前から海外メディアの締め出しなど隠蔽工作に躍起になり、この事件をかったことにしようとしたが、BBCCNNなどの取材班がこの惨劇を中継し全世界へ配信した。この事件の際に戦車の前に飛び出して走行を阻止しようとした名の反逆者」映像が最も徴的なシーンとして、現在でもり継がれていることでも知られる。

中国における検閲

現在(本記事編集時点、2019年)においても、インターネット検索サイトで「天安門事件」に関する記述の閲覧を阻止したり、学校教育でこの事件のことをかったことにするなど、中国共産党による底した情報規制が行われている(当時イギリス領及びポルトガル領であった香港澳門を除く)。欧からの相究明の要も拒否し続けており、真実は闇の中である。

「六四天安门事件」(六四天安門事件)といった直接的表現だけでなく、「八九民运」「六四运动」も天安門事件を表現する言葉として規制されている。また「六四」などの隠喩されたワード規制されている。

AIを利用した自動画像認識技術によって「六四天安门事件」に関わるインターネット上の画像を自動的に発見するという、SFじみたことまで行っていると噂される。

こういった検閲については中国社会では半ば常識となっているようで、例えば中国共産党の機関紙「人民日報」のウェブサイト内に「临近“六四”敏感时期,」(日本語訳:「“六四”のセンシティブな時期が近づいて、」)と記されていたりexitする。「六四」の隠された意味が閲覧者に広く知られていなければ意味不明な記述であろう。

中国人ネットユーザーの間では、こういった検閲規制を回避するために「8×8」「82」「Eight Squared」「5月35日」「TSM(Tiananmen Square Massacre。「天安門広場虐殺」の意)」などの言葉で当局の規制に対抗するべく奮闘している。

 

 

ピンポ~ン

おや、誰か来たようだ

百度百科

中国Wikipediaのようなサイト百度科」でこの事件関連の事を調べると、検閲のせいで奇妙なことになっている。

まず現在(本記事編集時点、2019年)「天安门事件exit」(天安門事件)のページは一応存在するものの、1976年の事件の方をす「四五运动exit」のページへのリダイレクトになっている。そしてこの「四五运动exit」のページには1989年の事件については不自然なまでに全く触れられていない。

「六四天安门事件」の記事はもちろん存在しない。

1989年exit」の記事や「6月4日exit」の記事にも、この「六四天安门事件」に関することは底して掲載されていない。

そして上記の「四五运动exit」「1989年exit」「6月4日exit」の記事はもちろん、自然数64exit」の記事にすらロックがかかっており編集不可能となっている。

ところで、「6月4日exit」や「64exit」の記事は前後の日付や前後の自然数べてやけに「有用」ボタン(いわゆる「いいね」機)が押された回数が多い。検閲に対する皮か?

ちなみに、エーリッヒ・ケストナーの児童小説5月35日exit」の記事も存在し、こちらも数回というやたらと多くの回数「有用」(いいね)ボタンが押されている。中国人はとってもこの小説が好きらしい。作者の「埃里希・凯斯特纳exit」(エーリッヒ・ケストナー)の記事の「有用」ボタンは5回位しか押されてないのにね。ふしぎ! なお、この児童小説5月35日exit」の記事もロックがかけられているぞ。

関連動画

グロ注意

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *天安門事件の死者は「1万人」 英外交機密文書exit 2017.12.26

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天安門事件

451 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 07:56:39 ID: +ncq4Hjm64
中国 陽元総書記生誕100年 再評価の動き見られず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191017/k10012136551000.htmlexit
452 ななしのよっしん
2020/03/25(水) 15:43:22 ID: C6PHH6dOAq
5月35日」って表現すこ
453 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 20:58:07 ID: +ncq4Hjm64
香港への弾圧のやりよう見ても天安門事件中共アキレス腱なのは明らかだよな。
香港をいかに中国化することが、アジアセンターの地位を放棄してでも達成すべき政治課題なのだろう。
それだけあの映像インパクトある。
禁止されても強行する市民には敬意を表したい。

天安門事件31年、中国警備 追悼抗議を抑え込む、武漢でも
https://rd.kyodo-d.info/np/2020060401000664?c=39546741839462401exit

天安門事件から31香港追悼集会 初めて開かれず
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200604/k10012457571000.htmlexit

6.4 天安門 31周年【及川幸久−BREAKING−】
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
454 ななしのよっしん
2020/06/05(金) 00:23:59 ID: nhhEpXbtz6
うんちブリブリブリリアカット
°˖✧💩💎✧˖°
455 ななしのよっしん
2020/06/05(金) 01:02:58 ID: 9UTJdTtvgK
一方アメリカパトカーを使った
456 ななしのよっしん
2020/06/05(金) 08:48:32 ID: HOrxKsJtOC
五毛党に言わせると、天安門事件文革
サヨで名誉白人マスゴミによる捏造なんでしょw
457 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 01:50:22 ID: mzaSpK8A5g
六四事件」「六四天安門事件」で検索した時
この記事にリダイレクトするよう設定することは可でしょうか?

台湾wikiでは「六四事件」と書かれていたので
458 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 20:18:23 ID: /e/7Xc1nxz
>>457
六四事件」からのリダイレクトを設定しました。(「六四天安門事件」については既に設定されていました)
情報ありがとうございます
459 ななしのよっしん
2020/06/24(水) 07:29:45 ID: raUP/xRXfz
ワシントン共同】ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日出版の回顧録で、中国当局が民主化要デモを武弾圧した天安門事件から30年の節となった昨年6月トランプ大統領ホワイトハウスの用意していた明発表をやめさせたと摘した。事件に批判的な内容だったとみられ、対中貿易協議の進展に配慮したためだという。 
回顧録によると、トランプ氏は1989年6月4日に起きた天安門事件について「15年も前のことだろう」と間違って言及。「私は交渉をまとめようとしているんだ。何も出すな」と発言した。
460 ななしのよっしん
2020/07/24(金) 04:27:59 ID: raUP/xRXfz
香港国家安全法の危うさ 日本は意思表明すべき?
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c44dac9b52a81fa4b57e9169cc94da333a3dd65exit
6月30日中国全人代常務委員会での可決・成立により香港国家安全維持法を施行した。翌日には同法による逮捕者が現れ、欧が注視している。
多くのでは導者らが中国に対し公式批判を行っているが、中国の隣日本の動きはそこまで積極的ではない。

近年は中国も外交である程度日本に接近しており、天安門事件があった1989年ごろの状況に似ている。革開放時には日本は他べ、対中赤字の削減に成功していた。中国当局が天安門事件学生運動を弾圧した後、世界から猛な非難を浴びたが、日本は率先して中国に対する際的孤立に反対を世界に呼びかけ、天皇訪中につなげた。
その結果、日本の「寛容」の姿勢は、ここ30年来、中国外交で狡猾に利用され続け、両の諍い(いさかい)や矛盾が生じるたび、中国反日運動をあおり、民族義を掲げるようにもなっ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改