天野宗歩単語

アマノソウホ

天野宗歩天野、「あまのそうほ」又は「あまのそうふ」)とは、江戸時代将棋棋士である。七段。十三名人関根次郎によって棋聖称号公式に認められている。

系譜

大橋(十一代大橋)門下。但し、技術的には六代大橋宗英の大橋に負うところも多いと言われる。

子には、四天王と言われた市川太郎渡瀬荘次郎、小林東四郎、寅吉を始めとして3000人と言われる多くの門下生がいる。特に小林東四郎(小林東伯斎)から阪田三吉や井上義雄の孫子を通じて、タイトル保持者も含め現代に至る多くの棋士を輩出している。また、十二世名人小野も、十一代大橋から免状をもらう以前に一度宗歩に習い、本人も宗歩門下と自称していた。

概要

文化13年(1816年)生、 安政6年5月13日1859年6月13日))没。幕末に活躍した棋士である。将棋の出身でなく、また44歳と若くして死んだため、段位こそ七段[1]であったものの、当時の名人と互以上に差し、後世で「実十三段」「棋聖」と言われる強さを見せた。将棋棋聖戦は彼の呼称に因む。羽生善治も史上最強棋士として升田幸三と共にその名を挙げている。また、名人、八段へのを断たれた後、将棋とは別に独立して活動し、多くの子を育てた。

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

天野宗歩に関するニコニコミュニティもしくはニコニコチャンネルを紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連リンク

  • 天野宗歩に関するリンクを紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連項目

脚注

  1. 江戸時代において、九段が名人、八段が準名人、七段が御将棋に出仕可な段位となっていた。現代の感覚では、九段が竜王名人、八段がタイトル経験者、七段がA級順位戦などのタイトル予選上位トーナメント出場者といった具合だろうか。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A9%E9%87%8E%E5%AE%97%E6%AD%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天野宗歩

1 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 00:35:34 ID: C4ZSi07cv2
、記事がかったのか。元関係者ではかった為、当時実最強だったにも関わらず、段位は七段上手止まりだった、
八代伊藤宗印(11世名人)との対局は圧巻の一言。

急上昇ワード

2019/08/21(水)10時更新