太宰治単語

ダザイオサム
2.8千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

「恥の多い生涯を送って来ました。」

太宰治(だざいおさむ 1909-1948)は、日本作家である。

村上春樹が選ぶ「国民的作家10人」のうちのひとりである。

概要

太宰治

本名は津島修治(つしましゅうじ)。青森県出身の小説家
坂口安吾などと共に、戯作と称される。

その退廃的生活ばかりが注されるがその圧倒的な才日本文学史に残したは否定できるものではない。

ただ太宰本人はこんなイメージに反して軽いノリの良いキャラだったらしい。

来歴

青森県木村(現・五所川原木町)出身。大地津島の六男(11人きょうだいの10番)として生まれる。津島戦後GHQの農地革で土地を取り上げられ、その没落をモチーフにしたのが代表作の一つ、『斜陽』である。
地元の名士であった一族からは町長や議員が何人も出ていて、太宰の孫・津島2012年から衆議院議員を務めている。

東京帝国大学文学部文学科除籍。
在籍時、人妻心中を図ってに身投げするが未遂に終わる。(相手は死亡)
その後作家して井伏鱒二(『黒い雨』の作者)に師事する。

雑誌、同人誌などへの作品発表をを経て第1回芥川賞補に挙がるが落選(後で詳述)。この時の禍根で選考委員の佐藤夫に暴露話で絡む。
対する佐藤井伏鱒二と相談して物中と言う口実で太宰精神病院送りにする。

この間就職に失敗するなど他の不運が続き、自殺未遂を2度起こしている。
また、処女短編集として『晩年』という題名の本を出版。

戦時中(日中戦争含む)は『富嶽』や『お伽草紙』『走れメロス』等較的穏やかな内容の作品を書いている。
ちなみに真珠湾攻撃の一報を聞いた後の太宰感想が残っている。
以下引用

十二月八日。…どこかのラジオが、はっきりと聞こえてきた。
…しめ切った戸のすきまから、っ暗な私の部屋に、のさし込むように強くあざやかに聞こえた。
日本も今から、違う日本になったのだ」

戦後退廃的な作へと変化し、『斜陽』『人間失格』といった没後に太宰文学徴と見なされる作品を書く。

昭和23年(1948年)女性心中を図り死亡享年39歳。

その作や生き方から2ちゃんねるニコニコ動画ユーザー的な皮相的exitから見ると中二病のような存在であったと言えるのかも知れない。 もちろん文学的才や業績は否定されるべきではない事を付け加えておく。 

芥川賞落選のゴタゴタ

前述の通り、昭和10年(1935年)の第1回芥川賞で落選しているが、この時太宰を憤させたのが、催誌『文藝春秋』に掲載された川端康成の選評であった。以下引用

作者生活文学観を一杯に盛っているが、私見によれば、作者下の生活に厭なありて、才の素直に発せざる憾みあった。

始まったばかりの芥川賞は選考委員ごとの選評の長さにばらつきが大きく、受賞作(石川達三作「氓」)以外にはコメントしなかった委員もいた。結果として、はっきりと太宰に否定的な意見を載せたのは川端だけという形になったのである。

これを見て太宰は、「川端作品ではなく、私生活に文句をつけて自分を落選させた」と考え(素直に読めば「よくない生活をしているので作品に悪が出た」という作品に対する評価のように思えるが、そうは受け取らなかったらしい)、同じ文藝春秋が出している『文通信』に川端を罵る開質問状を出した。以下引用

「私は憤怒に燃えた。幾も寝苦しい思ひをした。
小鳥を飼ひ、舞踏を見るのがそんなに立生活なのか。
刺す、さうおもった。大悪党だと思った」

(なお、「小鳥を飼い、舞踏を見る」というのは川端小説「禽」の主人公を引き合いに出した当てこすりである)

号には川端の回答が載っており、「最初に全員投票があり、『氓』に5票、他作品は1票か2票だったので、自分一人の意見で何かなるものではない」(大意)として、太宰の考える選考過程を「根も葉もない妄想や邪推」と断じつつも、選評で太宰生活に言及したことについては「暴言であるならば取消す」と述べている。

この第1回芥川賞の選考前から第3回までにかけて、太宰は複数の選考委員に宛てて「どうか芥川賞をください」という趣旨の手紙を(時には数メートルの巻で)何度も送っている。
芥川賞(というよりも芥川龍之介)に対しては相当な思い入れがあったようである。
以下引用

佐藤さん一人がたのみでございます。私は恩を知って居ります。
私はすぐれたる作品を書きました。
これからもっともっとすぐれたる小説を書くことができます」(佐藤夫宛書簡)
「何卒 私に与へてください。一点の駆引ございませぬ」
「私を見殺しにしないでください」(川端康成宛書簡)

川端宛の手紙は第1回芥川賞の翌年に出されているので、その頃には恨みも落ち着いたらしい)

しかし当時の芥川賞は「いったん補になって支持が集まらなかった作家に次回以降受賞すべきではない」という決まりがあったそうで、太宰補になることもなかった。
消沈する太宰を、友の檀一雄は「芥川賞なんかもらわなくていい、直木賞を取りにいったらどうだ」と言って励ましたそうだが、それも実現せず、逆に檀の方が太宰の没後に直木賞を受賞している。

代表作

ニコニコ大百科内に単語記事があるものは太字とした。

上記は現在パブリックドメインとなっており、青空文庫exitにてほぼ全て読む事が可である。

コロンビアの太宰治

ハーツオブアイアンIIにおいて、コロンビアの閣僚の画像をネットで探していたParadoxの開発チームコロンビアの総合参謀総長補カミロ・ダーサ・アルバレス氏の画像を検索中に名前の表記が近いことで引っかかった太宰治の画像を精せずに使っている。 しかも、太宰先生IIIでも元気に活動しておられるようである。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太宰治

140 ななしのよっしん
2021/01/08(金) 17:49:57 ID: MDJUiFy+nn
駄作ばっかり教科書に載せられるのかなり損してるよね
141 ななしのよっしん
2021/01/09(土) 10:09:05 ID: ZodYacTMtO
弱さをひけらかして武器にするのは卑怯という三島太宰評は一理あるとおもった
142 ななしのよっしん
2021/01/27(水) 08:09:15 ID: IdvBHJD/Y8
太宰治って普通に考えると陶酔殺人鬼の線が濃厚だよな。
女引っ掛けて「一緒に死のっか」とか言って心中ポイントに立ち寄っては、自分だけ全くの傷で生還して、女だけ死なせて帰ってくるんだからな。最後のマジ心中もどうせ、女だけ辺にっこんで殺すつもりが、抵抗された末にホントに二人で心中しちまったって事だと思う。
143 ななしのよっしん
2021/01/30(土) 01:00:53 ID: jH3D00hu9a
最後の心中酔っぱらっていたそうだから相は闇の中だが
必死抵抗した跡があり、女性による他殺の疑いもある
いずれにしても遠からず自殺していたと見られるが(遺書などは自分で遺している)
144 ななしのよっしん
2021/05/15(土) 05:41:12 ID: GZJ6ft0IlX
>>141
そういう三島も弱さ隠してマッチョ気取ってたから根っこの部分はおなじなんだけどね
当時の学生との談話で自己嫌悪に近いって独白してるし
145 ななしのよっしん
2021/08/22(日) 00:10:39 ID: VIuthxW71w
>>144
三島は、気取っていたっていうか、いつの頃からかめっちゃ鍛えたらしく、その後は本当に結構なマッチョになってた。
が、なんか、なんらかの取材とか受けると、頼まれてもないのに脱いでマッチョアピールを始めようとする奇癖もついてしまったんだとか。
146 削除しました
削除しました ID: Ymd9OQ/Q18
削除しました
147 ななしのよっしん
2021/09/03(金) 21:38:57 ID: u7Y9yCORq9
太宰治の晩年の中の逆行という話に「一夜に、五円以上のも使えなかったし、五円以下のも使えなかった。」という文があるが、有名な小説家でも以上と以下の使い分けを間違えることがあると知ると少し近感がわく。
148 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 23:38:46 ID: hSkGbsmx33
転生系の太宰治だと最後に心中の相手が最相手だと描かれてることが多いが太宰の最の人ってさんの美知子さんじゃないんだろうか?
149 ななしのよっしん
2022/01/07(金) 09:05:22 ID: qBfJGV2GH1
漫画だと地獄に落ちずイケメン転生して懲りずに悪さしてたなw