太宰治単語

ダザイオサム

太宰治(1909-1948)は、日本作家である。

概要

太宰治

「恥の多い生涯を送って来ました。」

本名は津島修治青森県出身の小説家
坂口安吾などと共に、戯作と称される。
東京帝国大学文学部文学科除籍。
在籍時、人妻と心中を図ってに身投げするが未遂に終わる。(相手は死亡)
その後作家して井伏鱒二(『』の作者)に師事する。
雑誌、同人誌などへの作品発表をを経て第1回芥川賞補に挙がるが落選。
相当なショックだった模様で選考委員の川端康成批判する文章を書いている。
以下引用

 

 

「私は憤怒に燃えた。幾も寝苦しい思ひをした。
小鳥を飼ひ、舞踏を見るのがそんなに立な生活なのか。
刺す、さうおもった。大悪党だと思った」

また、この時選考委員に対して「芥川賞を下さい」という内容の手紙を送っている。
芥川賞(というよりも芥川龍之介)に対しては相当な思い入れがあったようである。
以下引用

佐藤さん一人がたのみでございます。私は恩を知って居ります。
私はすぐれたる作品を書きました。
これからもっともっとすぐれたる小説を書くことができます」(佐藤夫宛書簡)
「何卒 私に与へてください。一点の駆引ございませぬ」
「私を見殺しにしないでください」(川端康成宛書簡)

続いて第3回芥川賞にも補に挙がったがまたも落選。
この時の禍根で選考委員の佐藤夫に暴露話で絡む。
対する佐藤井伏鱒二と相談して物中と言う口実で太宰精神病院送りにする。

この間就職に失敗するなど他の不運が続き、自殺未遂を2度起こしている。
また、処女短編集として『晩年』という題名の本を出版。

戦時中(日中戦争含む)は『富嶽』や『お伽草紙』『走れメロス』等較的穏やかな内容の作品を書いている。
ちなみに真珠湾攻撃の一報を聞いた後の太宰の感想が残っている。
以下引用

十二月八日。…どこかのラジオが、はっきりと聞こえてきた。
…しめ切った戸のすきまから、っ暗な私の部屋に、のさし込むように強くあざやかに聞こえた。
日本も今から、違う日本になったのだ」

戦後、退的な作へと変化し、『斜陽』『人間失格』といった没後に太宰文学徴と見なされる作品を書く。

昭和23年(1948年)女性と心中を図り死亡享年39歳。

その作や生き方から2ちゃんねるニコニコ動画ユーザー的な皮相的exitから見ると中二病のような存在であったと言えるのかも知れない。 もちろん文学的才や業績は否定されるべきではない事を付け加えておく。 

代表作

ニコニコ大百科内に単語記事があるものは太字とした。

上記は現在パブリックドメインとなっており、青空文庫exitにてほぼ全て読む事が可である。

コロンビアの太宰治

ハーツオブアイアンIIにおいて、コロンビアの閣僚の画像をネットで探していたParadoxの開発チームコロンビアの総合参謀総長補カミロ・ダーサ・アルバレス氏の画像を検索中に名前の表記が近いことで引っかかった太宰治の画像を精せずに使っている。 しかも、太宰先生IIIでも元気に活動しておられるようである。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太宰治

112 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 00:27:38 ID: 7LMmfAddbG
そんな極端な親族そうはいないと思うけど…
あなたはTBSドラマ人間失格」って知ってる
もともと「人間失格」ってタイトルだったけど、内容が著しく太宰治人間失格を誤解させるものだと津島知子氏が明を出し、TBSが慌てて急遽「・」を付けたし、「太宰治人間失格とはなんの関係もございません」と釈明してなんとか放送できた
この騒動は遺族に許可で傷つけるような事をしたからクレームが来た
遺族のクレームによって企画が変更されるって普通にあり得ることだよ
113 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 06:01:22 ID: EmSOIFFLWG
>>112
その話初めて聞いたが「浦島知子最低だな…」としか思わない
もはや著作権肖像権も関係ないし難癖だしTBSは毅然と対応するべきだったな

太宰治もシャイだったし自分の子孫がそんな恥ずかしい真似をして葉の陰で泣いてるだろうな
114 ななしのよっしん
2018/08/05(日) 22:11:31 ID: 7LMmfAddbG
津島知子氏は子孫じゃなくてさんだよ…
太宰のことどんだけ知らないんだよ
115 ななしのよっしん
2018/09/28(金) 23:14:34 ID: KOapZkd7Vm
太宰のホンワカした話が好きだな
『畜談』は温かいながらも太宰らしさがあって特に好き
116 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 17:42:24 ID: X2fX6TD7mg
>>112
>>111への返答としてTBSの「人間失格」を例に挙げるのは少し論点がずれている気がする

でも実在の人物を軽々しくモチーフにしてはいけないとは同じく思う
117 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 23:37:01 ID: 7LMmfAddbG
TBS人間失格は全くの犯罪ドラマ。それで混同されるのを遺族は嫌がったんだと思う。
太宰治犯人や日の出前といった、犯罪小説と言える作品も書いているが、少なくとも人間失格犯罪小説とは言えないだろう。
大庭葉蔵が自分の自堕落な人生を回顧するなかで、罪と罰のありかたをに問う、といった内容だが、最後第三者によって「神様みたいに良い子でした」とられ、自堕落だったという彼の告白自体がだった、とわかる仕掛けが施されている。まず他人ではなく自分を告発する事で逆に真実り出している。
実に地味に構築された作品で、読者を選ぶ作品なのもこれが読者の為ではなく自分自身の為に書かれたところから来ている。
センセーショナルな犯罪と刑罰で注を浴びようとした作品ではないので、そういうドラマと混同されたくなかった遺族の気持ちはよく理解できる。

118 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 19:35:30 ID: CPgfw2LovA
自堕落な人と神様みたいに良い子ってのは両立すると思うんだけどね
神様みたいに良い子がまともに生きていけると思えないし傷をなめながら日々生きていくので精一杯やろな
119 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 19:46:57 ID: KO0c8o2zH+
お伽草紙」「親友交歓」「家庭の幸福」「女の決闘」は明るい文調でメッチャクチャいから皆に読んでもらいたいね
このときの太宰の書き方は落語とも言われているようで、とにかくユーモアがあって面
著作権が切れているからAmazonでも青空文庫でも無料で読めるんだよね
120 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 20:00:59 ID: o1AjLpPdm1
>>114
優れた小説家の妻ってなんで決まって横暴なんだろうな。
の名前を汚すような愚行はやめてほしい。
121 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 21:19:06 ID: 7LMmfAddbG
津島知子の業績については意外と知られていないんだな…
太宰との結婚芸術秘書になることと認識し、女性であることは捨てる覚悟だったという
とかく伝記的な部分ばかり注されそういう色眼鏡で見られがちな太宰の作品に、あくまで作品として見てもらうため余計なイメージを着けないよう尽した才女
太宰のことを、夫としてはともかく芸術としては一級品だと鋭く評価していたからこそだと思う
興味ある方は津島知子著「回想太宰治」を読んでみてほしい

急上昇ワード

2019/08/17(土)21時更新