太平記単語

タイヘイキ

太平記(たいへいき)とは、

  1. 南北朝動乱期の日本を描いた軍記物語。詳細はWikipediaの当該項目exitを参照。
  2. 1991年に放送された第29作NHK大河ドラマ。本項では、こちらについて解説する。

大河ドラマ「太平記」の概要

原作吉川英治の小説「私本太平記」。主人公足利尊氏である点は同じだが、佐々木道誉ら一部の登場人物の性格や、小説オリジナルキャラクターである叉や一色介の作中の結末など、原作と異なる部分も多い。

その中でも最大の違いは、終盤の展開である。原作吉川の最晩年の作品であり、終盤は作者の体調悪化のため、の戦い以降はダイジェストと言えるほどの駆け足になり、晩年の尊氏などはほとんど描かれることがなく終わってしまった(本作が完結した翌年、吉川は病没している)。これに対して、ドラマ版は観応の擾乱が後半のクライマックスとなり、尊氏・直義兄弟の確執や尊氏・直親子の相などが丹念に描かれた。歴代大河ドラマの中でも、原作の作・魅を損ねることく、オリジナルの内容を加えることでストーリーを膨らませて成功した最たる例と言っても良いであろう。

元々、太平記は南北朝分裂という天皇を二分した日本史でも他に例を見ない事件を扱っており、戦前足利尊氏朝廷向かった逆賊として扱われていたため、そのドラマ化にはかなり難航した(実際、原作小説を書いた吉川英治も、連載中にしく批判を受けたという)。しかし、生半可な作品にはできないというスタッフキャストの熱意もあったのか、いざ放送してみれば「独眼竜政宗」や「武田信玄」に劣らぬ、歴代大河ドラマでもトップクラス名作となり、現在でも非常に高く評価されている。

キャスティングバラエティに富んでいるのが特徴であり、当時絶大な人気を博した美少女アイドル宮沢りえと後藤久美子や、お笑いタレントの活躍が中心だった片岡鶴太郎らが出演した(当時のポスターを見ると、尊氏役に扮した甲冑真田広之の周りを、役柄ではなく素の沢口靖子宮沢りえ・後藤久美子らが取り囲む、ものすごくシュールなものとなっている)。その中でも、夢とうつつの間で正気を半ば失い虚無的な暗愚の君北条高時を好演した片岡鶴太郎は本作が転機となり、これ以降はタレントよりも俳優業が中心となっていく。また、後藤久美子女性ながら青年卿の北畠顕家を演じたが、これが原因で顕男装の麗人という誤解も生じてしまったらしい(現存する肖像画も実際美男子だが、顕はれっきとした男性である)。また、宮沢りえも当時はまだ演技は拙かったものの、この後には日本を代表するベテラン女優に成長しており、必ずしもアイドル起用=失敗ではないことを示す例にもなっている(真田広之宮沢りえは後に、日本アカデミー賞を総なめにした映画「たそがれ清兵衛」で11年ぶりに再共演している)。

音楽NHK新大時代劇宮本武蔵」や連続テレビ小説「はね駒」の三枝が担当した。三枝氏の特徴的なメロディーや旋雅楽楽器を取り入れた本作の楽曲も、オープニングテーマ曲を筆頭に評価が高い。アニメファンの中には、関連動画や本記事のレスのように本作と機動戦士Zガンダムを重ね合わせて見ていた人もいたとかいないとか・・・?

スタッフ

キャスト

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E8%A8%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太平記

53 ななしのよっしん
2018/03/24(土) 17:36:16 ID: 8LfUi8MbZ6
正成自の回で、普段人の悪口とか言わない楠木殿新田殿のことボロクソに貶すところでなぜか笑ってしまった
尊氏が九州から戻ってきてから新田殿いいとこなさ過ぎて可哀想になってくる
54 削除しました
削除しました ID: Tf6hl9XeF8
削除しました
55 ななしのよっしん
2018/04/14(土) 09:42:18 ID: FVVantUDWd
なるほどな、最近の大河各記事をこの口調で荒らして回っていたのはNTUYさんだったのか。
56 ななしのよっしん
2018/04/14(土) 10:00:16 ID: wB5he8o6cn
太平記ドラマならギャグしで足利尊氏が出したくなるようなドシリアス展開連続がいいなあ
ギャグはあっても導誉様お一人が担当で
57 削除しました
削除しました ID: Tf6hl9XeF8
削除しました
58 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 08:04:03 ID: FVVantUDWd
まあ、こんなに大に人が生きた時代はないと言えるほどある意味シリアス物語だからな
ギャグ抜きでも十分作れるはず。それと中世大河なのに『太平記』はリアル路線だったから、
天狗が舞い予言が時代を動かす原典太平記ファンタジー要素もできれば再現
59 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 21:07:58 ID: 8biTJwn7Fj
2020年の大河で池端俊策さんが再び手掛ける事になったな
おおよそこの太平記から30年近く経っての起用…流石に予想せなんだ…
ともかく楽しみ
60 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 16:28:42 ID: g1iJiQdPKh
>>53
一応、尊氏との一騎打ちとか見せ場はあるんだけど、どっちかというと朝廷の女官や公家衆によって、合理的な選択肢を悉く潰されていく場面が多いんだよなあ。

楠木が思いっき新田を貶しているのも、それまでの間に楠木が付き合い深かったのは尊氏だったというのと、そもそも「お前らがまともな政治をしていねえからこうなったんだよ」ということ突きつける為の言動だったからねえ。(新田を貶す→新田を頼りにしてもどうにもならねえよ、という流れ)

しかし・・・久しぶりに太平記見ているが、正成の戦略を御醍醐が採用しても、野やら取り巻き公家達が馬鹿しでかして、戦略破綻して終了にしかならねえよなあというのが何とも。
61 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 06:42:53 ID: cX0l4dVpOB
>>60
もちょうど見返してて、御簾が下りた後醍醐と正成の距離
カメラアングルですごく遠くに感じるんだよね
あのへんの妙味は流石だ
62 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 14:07:06 ID: 8LfUi8MbZ6
あのシーンは坊門の演技が憎たらしくていいよね
そして楠木死んだ後ぬけぬけと山に行きましょうとか言い出すのも笑う