太田道灌単語

262件
オオタドウカン
3.5千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

「太田道灌」(おおた・どうかん 1432 ~ 1486)とは、築と攻定評のある上杉の築マニア戦国武将である。「」は出後の名前であり、元は「資長」(すけなが)と名乗った。

概要

1432年、扇上杉宰を務める太田資清(のち出して道真)の長男として生まれる。幼い頃より聡明で知られ、鎌倉五山や足利学校という当時の関東最高峰の学問機関で学んだ。この当時の関東鎌倉方(のち古河に逃れ、古河方)足利成氏関東管領上杉忠の対立が深まっており、管領上杉を補佐する扇上杉宰としても28年に渡るこの「享徳の乱」を戦い抜くこととなる。

享徳の乱&長尾景春の乱

何回かの戦闘の結果、関東利根川を挟んで東側の古河足利営と西側の関東管領上杉営に分かれていた。このため上杉側では利根川西の地域に防御拠点として何ヶ所かの早急に築く必要があった。この任務に当たることになったのが道真子だった。この時二人は二年間で河越、岩槻江戸と三つものを築き、上杉軍の防御体制の構築に成功した。(近年では岩槻成田氏が築いたと言う説のほうが有となっている)

その後、対足利の最大の防御拠点となっていた五十子(イカッコ)の(今の埼玉県本庄市)にて上杉足利両軍は断続的に20年に渡るにらみ合いを続ける。が、その途中に管領上杉宰・長尾景信が死去し、その子は自分に回ってくると思い込んでいた宰の地位が自身の叔父、忠に渡ったことで逆ギレ。宿敵・足利と通じ、五十子のを急襲する。山内上杉顕定・扇上杉定正は大敗を喫して上野に敗退した。

実ははこの乱の前にから逆心を打ち明けられていたがこれを拒否、顕定・定正に対してを懐柔するか、さもなければ急襲して殺す」という二案を提示するがどちらも受け入れられなかった。その結果がこれだよ! さらにに同調した豊島氏が石で挙兵し河越城江戸城の連絡が絶たれてしまう。

このとき、今川お家騒動龍王丸騒動)を鎮定するため駿河に出かけていた(その時に北条早雲伊勢盛時)と会談した)が、この急報を聞いて関東に大急ぎで帰還。まず方の溝呂木厚木)と小磯(大磯)、平塚を落とし、江古田豊島氏に勝し練馬を落とす。そのまま豊島氏の本拠・石を落とすと用土原で軍を破り、本拠・鉢形を攻める。その合間に攻めてきた足利軍と渡り合い講和を引き出すと、翌年には方の小机横浜市)を落として相模を一掃。和議に反対していた足利軍の千葉孝胤を根原で破るとその拠点の一つ臼井を落とす。

さらにその一年半後の最後の拠点日野秩父市)を陥落させ、長尾景春の乱は幕を閉じた。ていうかほとんど一人で乱の幕を閉じさせた。ここまで三十回以上の戦いに出てほとんど負けなしというパーフェクトぶりである。後に

山内が武・上(武蔵上野両国を支配できるのは、私の功である」


と自慢しちゃったりしているが、あながちそれも間違っていない。

主君との反目。そして暗殺へ……

この活躍によって管領上杉の補佐役に過ぎなかった扇上杉の勢は大きく増した。そして自身の望も否応なく増大していた。この状況に対して君・扇上杉定正はを厚遇するどころかむしろ冷遇し、ことあるごとにに文句をつけるようになった。そして1486年8月、定正の居館・糟屋館に招かれたは「まあまあまずは風呂でも浴びて」と浴室に通され、一風呂浴びた風呂上り風呂場の入口で殺された。殺される間、は「当方滅亡!(私を殺せば御の将来はっ暗だ!)」と叫んで果てた。こんな死に様なのに辞世の句が残っているあたり、大体自分の死を予期していたようでもある。

の予言どおりの死後、太田臣やその配下にあった地が管領上杉側に付き、扇が大きく削がれた。そして定正から数えて4代の死から60年後、河越夜戦において伊勢盛時の孫・北条氏康の奇襲によって扇上杉朝定が戦死し扇上杉は滅亡した。

暗殺に至った経緯は諸説ありはっきりしない。有な説としては

  • の勢余りにも大きくなりすぎ、取って代わられるのではないかと上杉定正が恐れた結果。
  • の勢が大きくなったことに対して上杉顕定が警し、定正に「に逆心あり」と吹き込んだ結果。
  • 政を一手に仕切っていたことに対する他の臣のみから、定正に「の謀叛の恐れ」と讒言したものがあった。
  • 実際に自身が謀反論んでおり、それを察知されて先手を打たれた。

等がある。ただし最後の説は扇公式文書のみがしており、忠臣暗殺という事件に対する言い訳とも取れる。

※その他「太田道灌」の詳細についてはWikipediaの該当記事exit参照の事。

逸話

その聡明さを示す逸話には事欠かない。

  • まだが幼かった頃。の資清が

「障子は、っ直ぐであるから立つのであって、曲がっていては立たない。

  と言ったのに

「屏は曲がっているから立つのであって、まっすぐでは用を成さない」

  と言い返して資清を憤然とさせたと言う。また資清が

「驕者不久」(驕れる者は久しからず)

  の書で説教しようとしたところ、

「不驕者又不久」(驕らざる者も、また久しからず)

  と書き加え、資清は憮然とするしかなかった。

七重八重は咲けども山吹のみの一つだになきぞかなしき (『後拾遺集』・兼明王)

という和歌を示し、「がない」事を表したのだと種明かしをした。自分の無知を恥じたは、一層歌にも励んだと言う。

  • 臣が謀反を起こし、館に立てこもった。その周りを取り囲んでいよいよ突入と言う時、の大きな来に「あいつだけは殺すな!」と叫ばせた。自分だけは助かるのではないか、と思った謀反人達は一棒立ちになり、その隙に全員られてしまった。
  • それまで正々堂々名乗りを上げてからの一騎打ちという古式ゆかしい戦闘法が体だった関東にあって、全く違う集団戦術である「足軽戦法」を考案し、多用したとされる。彼が考案したものであると言う説と彼自身が京都を訪れた折に情報を入手した説とがあるが、当時の関東では画期的な戦法でありの活躍を支えた。なお息子・資康にも謀殺説があったり、ひ孫太田資正日本で初めて軍用を用いたトップブリーダーで有名であったり、まさに血は争えないを地で行く一族である。

戦国大戦では…

Ver2.2にて参戦。武・統率バランスの良い騎隊、そして攻特技を手にしている。CV:森川智之

 「この一人、時の流れに抗い続けよう!」

計略「五山無双」は、まず武と移動速度が上がり、その後突撃準備状態を続けていると徐々に武と移動速度が上がっていく。更にカードを回転させることでオーラが出て敵にダメージを与え、それが足軽であればオーラが数消える。騎隊の最大の敵であるの穂先を自分で消す事が出来、更に突撃で叩き潰せるという自己完結性の高い計略である。

補足

信長の野望シリーズにおける、太田道灌の一覧

信長とは世代が違うので基本的には登場しないが、IFシナリオ専用や特典扱いで登場することがある。北条早雲と並んで、関東最強クラスである。ここには記載しないが、兵科適正も尋常ではない。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 - 政治 - - 野望 -
武将風雲録(※註) 戦闘 91 政治 86 87 野望 42 教養 86
覇王 采配 - 戦闘 - 智謀 - 政治 - 野望 -
天翔記 戦才 - 智才 - 政才 - - 野望 -
将星 戦闘 - 智謀 - 政治 -
烈風 采配 - 戦闘 - 智謀 - 政治 -
世記 采配 - 智謀 - 政治 - 野望 -
蒼天録 統率 81 知略 92 政治 90
下創世 統率 - 知略 - 政治 - 教養 -
革新 統率 99 武勇 88 知略 99 政治 90
統率 99 武勇 88 知略 99 政治 90
創造 統率 98 武勇 95 知略 91 政治 80

関連動画

ランキングにて、北条早雲・氏康と共にチートえた『大チート』に登場。全ランキングは5位。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太田道灌

23 ななしのよっしん
2020/06/09(火) 15:54:47 ID: Ewk9zt1k54
最後があまりにも悲惨すぎる人
絶望的な状況を覆したりもしてたし、頭はものすごく良かったんだろうなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2020/12/13(日) 12:24:18 ID: 6vb7Z5AJOB
嫉妬恐怖により暗殺された、その最期は哀れである。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 11:22:46 ID: DzhcqqrVhN
>他にも、家康お気に入りロリ室NO.1の知名度な、才色兼備お梶の方は太田一族出身という説もあってしまうw

まさか太田道灌も自分の子孫が400年後に全に向けて騎乗位を披露するとは思いもしなかっただろうなw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2021/05/27(木) 06:20:17 ID: kkFS9Vy/fZ
まさに才は才に滅ぶ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2021/09/04(土) 07:36:26 ID: U55aCP336Q
地元の祭で毎年供養されてる人
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2022/01/08(土) 23:13:04 ID: XZPs/RdEKB
を謀殺した君の定正も長享の乱での振る舞いを見る限り無能とは程遠い人物だしの側にも色々と落ち度があったのかもなー
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2022/10/01(土) 01:42:49 ID: OmnqVYvfgr
なんでもゆかりの地を中心に「太田道灌を大河に!!」とかいう動きがあるらしいが
優れた武将であることは否まないが、いろんな意味で一年やるドラマの主人公向きではないだろう
北条早雲が大河になって、その重要キャラとしてならまだ行けると思うが
👍
高評価
0
👎
低評価
0
30 ななしのよっしん
2023/06/10(土) 14:24:04 ID: oPu9UF8cCR
誅殺後60年は続いて滅亡したのも奇襲されたワンミスだから言うほど当方滅亡にならんかったよね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
31 sage
2023/11/04(土) 00:21:46 ID: Ro+OiNPL7x
定正が落死しなかったら、案外と今川北条(伊勢)連合との連携で勝ってたかも知れんしなぁ
顕定まで含めての話だと、確かにあいつが滅亡の原因のうち割と責任があるから間違いじゃないけどw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 ななしのよっしん
2024/06/01(土) 21:38:33 ID: 0a56F6z9yZ
>>28

民主的な組織において「上を立てるスキル」は皮とかじゃなくてマジマジの必須スキル
組織維持のために「トップの絶対的権威」が絶対に必要なので、上を立てることができない人材はいわば組織の破壊者であって、いくら有能であってもの方が大きすぎて置いておけない。

太田道灌のその手のスキルのなさは都鄙和の件での独断的な立ち回りや資康の扱いなんかにもがっつり出てるのは論、山之内上杉に「今まで扇上杉がやってこれたのは全部俺のおかげなのに」とか書き送ったりもしてるし、もう落ち度と断ずるに十分すぎることやってる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0