太郎(ネットスラング)単語

タロウ

太郎とは、ライトノベルアニメ作品で読者視聴者が共感しにくい主人公に付けられる蔑称である。

概要

最初にこの呼称で呼ばれたのは、アニメ版「異世界はスマートフォンとともに。」の主人公望月冬夜である。

初出は2017年7月21日5ちゃんねるアニメ板異世界はスマートフォンとともに。そしてその5exit

496 名無しさん実況実況無断転載は禁止 (ワッチョイ bfc1-KArU) 2017/07/21() 16:33:56.50 ID:TUlmDpFx0
そういえばまだ主人公の名前を覚えてなかった事に気が付いた

497 名無しさん実況実況無断転載は禁止 (ササクッテロル Sp1b-5fVZ) 2017/07/21() 16:34:59.58 ID:GKlBt2Wxp
>>496
確かスマホ太郎だったはず

というレスで、ここから実況で「名前を覚える気にもなれない」というネタの意味を込めてスマホ太郎という蔑称で呼ばれるようになった。望月冬夜は回を重ねるごとに自己中心的な行動が立つようになり、「スマホ太郎」という蔑称は定着していく。詳しくは「望月冬夜」の記事を参照。

異世界はスマートフォンとともに。アニメの終了と入れ替わるように「デスマーチからはじまる異世界狂想曲アニメが開始し、「小説家になろう出身」「異世界転生モノ」としてスマホ太郎と同じジャンルとして扱われ「デスマ次郎」と呼ばれるようになってしまった。

その後、いわゆる「なろう系」のキャラクターを中心に「スマホ太郎と同じジャンル」「なろう系異世界転生ファンタジーもののテンプレ作品」というレッテル貼りのために近い蔑称を付ける流れが定着。近年ではラノベ以外にも出自に関係く乱用されることが増えている。

アニメで放送された、もしくはアニメ化が決定した場合につけられることが多い。これはアニメの放送、もしくはアニメ化でその作品の知名度が上昇しさまざまな人のに触れることで評価がされやすいからであると思われる。また文章を読み込まないといけない作品よりも、状況や表情などがわかりやすいアニメ化された作品のほうが、その「太郎性」を理解しやすいということもあるだろう。

そのため「これはライトノベルではなくアニメネットスラングなのでは?」と考える者もいる。当記事ではライトノベルではなくネットスラングとすることにした。

なお発端となった長男スマホ太郎以外の「太郎」部分は人によってばらつきが多い。

主な兄弟

記事もしくはリダイレクト記事があるものは太字


関連動画

参考サイト

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E9%83%8E%28%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太郎(ネットスラング)

827 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 12:06:18 ID: JI5q3Gy9VV
なろう系だけじゃあないけど、主人公補正が強すぎで読者の理解を置き去りにする作品はイジられやすい気がする

まぁ、かつて太郎系の波に飲まれかけたジョジョだって主人公補正は強いけど
特に三部の承太郎は強かった、よく考えればジャンプ黄金期の作品はパワーバランスだったな
でもそのことでネタにしてもアンチは少なかった気がする、何が違うんだろうか?
828 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 12:15:02 ID: jE5ZwCEQg/
女をらせないからだよ
829 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 13:54:12 ID: 8rgF82eMEh
一番大きいのは時代じゃねえかな……
830 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 20:48:35 ID: w7tA8NBMin
差が出てるのはそのキャラの理想や価値観だと思うよ
831 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 22:13:10 ID: NeW8MNRKFA
>>828
不良少女がいるぞ
832 ななしのよっしん
2019/09/21(土) 23:59:57 ID: NNeKUi23mw
そもそも太郎っていう蔑称自体、なろう系アンチ側でさえ定義定まってないのに生み出されたもんだから、「これ嫌い」だけでつけられるマジックワードなのに、何が違うもない。
単純に「思い出補正」で気にしてなかったり、「箇条書きマジック」でいてるから今までの作品にも当てはまったりしてるだけで。まず蒸太郎日本で女生徒に人気だったから、アンチ基準だとハーレムだろうし。
「そのキャラの理想や価値観」という意見もあるが、主人公キャラクター関係なく「!」「サイコパス!」というかれてる現状では関係がない。
「与えられたを十二分に振るって表立って行動する主人公
「実をひた隠しにしてはいるものの、障となる事件を正体を隠して解決し、人脈を築いてある程度の自由を得、人間不殺を貫く主人公
「貶められた事により呪いの覚めて荒むが、次第にしょうがなくではなく人々の為にとを振るい始める主人公
地獄のような苦しみと嗟の果てに変貌を遂げ、執念ですさまじいを得た主人公
これらすべてが「設定が同じ!」だの「性格同じ!」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
833 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 02:25:33 ID: JI5q3Gy9VV
>>829
それは大きいと思う、男塾に至ってはギャグマンガの域をえる位にだった気がする
その原因は宮下あきら先生へのインタビューによると「(原稿の制作期間は)まぁ、20ページを3日ぐらいじゃない?今も週刊誌だけどいよ。2日ぐらい。ネームやらないでいきなり描くから。」とのこと
あと封建的な感じの特殊な集団が好きなんだとか、男まみれでハーレムもへったくれもないストロンスタイルな作

それでも世代をえて民明書房ネタが通じたり、「視聴者ハガキ桃太郎が読んでそれに答えるだけで、次回の内容については全く触れない」アニメ版の次回予告カルト的な人気を出したり、一発屋には出せない魅を感じる
834 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 07:30:44 ID: X29CH1aUma
>>832
>>まず蒸太郎日本で女生徒に人気だったから、アンチ基準だとハーレムだろうし。

人気だっただけで実際に付き合ってないからセーフってことじゃない?
835 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 12:57:04 ID: llyAut/neH
「こいつの周りに女が寄ってきてるのが信じられない」って気持ちが太郎呼びの原動なんじゃないかとふと思った
836 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 17:24:00 ID: 3NouLYMkyP
今は不快な主人公全般に使われてる感あるけど、元は主人公の性格と作品内での扱われ方に違和感がある作品への蔑称だと思う。
どう見てもサイコパスなのに善人扱いされてるとか。

急上昇ワード