太陽コロナ単語

タイヨウコロナ

太陽コロナとは、太陽の周りで自由電子(束縛を受けていない電子)の乱反射によっていている領域のことである。
ここでは「コロナ」で説明する。

概要

太陽の大気とも呼べる層のさらに外側には、太陽表面から飛び出してきた陽子・電子・ヘリウム原子核の荷電粒子が広がっているプラズマ大気層がある。これがコロナである。
その範囲は広く、太陽半径の10倍以上の距離まで広がっている。

太陽表面が6000度前後であるのに対しコロナは約200万度と非常に高温である。
これは層とコロナの間に還移層と呼ばれる薄い層があり、これを界に温度や密度が急に変化するからである。
高度500kmあたりから温度が上昇し始め、高度2000kmをに1万度から100万度まで急に上昇する。
なぜ還移層で温度が上昇するかは諸説あるが、どのようにコロナが発生するのかは現在でも解明されていない。

コロナの観測

コロナ自由電子が球のを乱反射していているが、その度は球の1/100万と低いため普段は見ることができない。
だが太陽全に隠される皆既日食の際には、リング状にコロナ眼でも観察することができる。

皆既日食でなくともコロナを観測する方法はある。
太陽コロナを常時観測できるように設計されたコロナグラフ」と呼ばれる専用の望遠鏡を使えば常に観測することができる。
しかし、コロナよりもX線の放射の方が多く、地球の大気がX線を吸収してしまうので、コロナを観測するには宇宙空間の方が適している。

コロナホールと太陽風

コロナには温度と密度が低くX線が観測されない領域が発生することがある。
そこは単極(N極またはS極のみ)の磁線が宇宙空間に向けて開いている箇所で、ここからコロナが次々と噴出している。
その場所をコロナホールと呼ぶ。

太陽から逃れたコロナ太陽と呼ばれ、太陽系ヘリスフィア太陽の届く範囲、太陽圏とも言う)を満たしている。
太陽の自転周期である約27日ごとに地球の方を向くことになるので、太陽も27日周期で強くなり、磁気が発生する。
この27日周期の磁気回帰性磁気という。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

太陽コロナに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太陽コロナ

1 ななしのよっしん
2012/11/08(木) 19:16:35 ID: 2jorKy+g3+
コロナモード元ネタやね