太陽光発電単語

タイヨウコウハツデン
1.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

太陽光発電とは、太陽から降り注ぐ電気を作る発電方式である。
ロマンを追いめる方は → 宇宙太陽光発電

概要

ソーラー発電、太陽電池、電池などとも呼ばれる。pn接合された半導体などに光子が衝突した際に発生する起電効果を利用したものが一般的で、を効率的に浴びられるようにらな薄状の構造したものが多い。近年はからの助成金エコ住宅への関心の高まりに伴い、一般住宅の屋根に設置されるケースが増えてきている。また、電卓腕時計など、を利用した小の発電は気付かないところで既に普及している。探査機「はやぶさ」が長期間かけて地球へ帰ってこれたのは信頼性の高い太陽光発電パネルの功績も大きい。

種類

そもそも、現在の太陽光発電に用いられる発電素子の種類は多種多様となってきており、ここでの分類に意味があるかどうかすら分からない。これは発電効率の向上のために複数の素材を組み合わせて一枚のパネルにしたり、異なる構造の同一素材を同じパネル上に形成するなど、もはや分類などに意味のない複合や混成のパネルが開発されているためである。

シリコン系

ケイ素ベース材料としたもので、太陽電池とかソーラーネルと称されるもののほとんどはコレ。
較的安価に量産できるものの、性能面に関しては少々低い。
温度が上昇すると発電が低下するという半導体が抱える本質的な課題は、シリコン結晶構造などを工夫したり、異なる構造のシリコンを複合化することで善されつつある。

金属系

高性(高変換効率)でレアメタルレアアースを贅沢に使った高価な宇宙産業用から、そこそこの性だがありふれた金属を混ぜ合わせた安価なものまで種類が豊富。高純度のシリコンを必要としないため、シリコン系より低コストで量産が容易なものが多い。金属系とはいえ合のようなものではなく、金属の薄膜をり合わせたようなものから、金属化合物を焼き固めたセラミックのようなものまで、その構造は様々。

化合物系

植物合成のために色素(クロロフィル)を使っているように、色素にが当たった際に励起された電子を電極に捕まえることで発電するもの。色素増感太陽電池と呼ばれる。近年モニタに採用される有機EL電気を流すとるが、こちらはを当てると電気が流れる逆の化学反応と考えると仕組みが分かりやすい。発電効率は低いものの使用する色素によっては製造コストは非常に低い。透明な電極を使うことでビルのガラス全体を発電にといった事も期待される。

特徴

太陽光発電はによって状況が全く異なる太陽を利用するため、自然エネルギー利用の代表的存在として広く知られており、そのメリットデメリットは特に議論の中心となりやすい。

利点

  1. 発電時に機械的に動く部品がなく故障しにくい。
  2. 発電時に廃棄物騒音が出ない。
  3. 需要(消費)がピークになる間に、電供給がピークになる。
  4. 状の発電部はビルの屋上などのが当たる場所なら設置可

欠点

  1. 間は発電できず、日中曇りなどに応じて発電量が低下し安定しない。
  2. 設置面積あたりの発電効率が従来の発電方式にべて著しく低い。
  3. 太陽に多くあたると発電出が上がるが、あたり過ぎて発電部が高温になると発電効率が下がる。
  4. 黄砂火山など日本で見られる一般的な気で発電部が覆われると出が下がる。

その他

太陽光発電の基礎となる物理起電効果と呼ばれるものだが、これは業界用であり、一般(物理屋さん)には電効果としてよく知られている。なんとも難しげな名前だが、その実は極めて単純なもので何らかの物質にが当たった時、そこから電子が飛び出してくるというものである。かの高名な物理学アインシュタインノーベル賞を受賞したのは相対性理論ではなく電効果に関する研究であったことはあまりにも有名な話である。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太陽光発電

447 削除しました
削除しました ID: Swk6E6jAFQ
削除しました
448 ななしのよっしん
2021/10/07(木) 04:41:29 ID: usE3NPwQOP
実際山にメガソーラートラブルになってるのが頻発してるのに「ほとんどない」みたいなことは何で言えるの?

>>365
元から土砂災害が起きやすいのに立てるのは余計やばいって事がわからないのか?
449 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 13:22:39 ID: p7EAz+8JO4
宗教だからデメリットとか挙げる事自体意味なんだなと最近になってわかった
信仰に理屈なんかいらないし
450 ななしのよっしん
2021/10/19(火) 00:08:32 ID: 6JdoiJHXPE
棄の問題クリアできればもうちょっと普及していいんだけど。
451 ななしのよっしん
2021/10/23(土) 17:16:59 ID: ZANdJOVf0f
ソーラーって言い回しあるけど、天気任せで収穫(=発電)してすぐ消費しないと腐るって意味では確かに農作物に近いよね。
ソーラー先物が上場されて市場で価格決める未来もありえるかな?
452 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 21:49:42 ID: YgfEDe8Gu8
太陽光発電コスト減は2100年以降も続く、2050年に2円/kWh割れ
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/102400903/exit
>2030 年までの世界全体の電需要の増加分の80を再生可エネルギーが供給する
やべえwww
でもここまで安くなるのは中東とかバカみたいに坦な土地が有り余ってるところだけなんだろうな
土地代や土木工事の費用まで安くなるわけじゃあるまいし
やっぱつれぇわ
453 ななしのよっしん
2021/10/30(土) 14:18:25 ID: VPLCz1jwed
フィルム太陽光発電の開発がかなり進んでるし、塗料のすらあるので(いずれにも日本開発)、設置コストもどんどん安くなると思う。
建物外部を、そのまま発電場所にすることができるようになる。
454 ななしのよっしん
2021/11/02(火) 22:08:53 ID: /UKrtyxDGC
発電量は微々たるものでも日の当たるところならどこでも発電できるのがメリットなのに、それを大規模集約化するのがコスト悪すぎなんだよな。
455 ななしのよっしん
2021/11/12(金) 21:22:51 ID: jonazkRJuW
蓄電池のコストダウンだと思うなあ
それがあれば間に貯めて間に使えるから風力と組み合わせた時の太陽が凄く安定した電になる

あと森林伐採で環境破壊ってのは中国や南アフリカの話であって
日本は人工が多くて放置されて荒れ放題でむしろ森林が余ってて使いいんだから
土砂崩れ起きない様に規制しながら積極的に伐採して太陽ネル設置しまくればいいんだよ

他のは再エネコストダウンで実用化が進んでるのに、
このままじゃ2040年とか2050年頃になって日本だけ出遅れて泣く事になるぞ
456 ななしのよっしん
2021/11/20(土) 15:26:54 ID: YgfEDe8Gu8
まあソーラーネル製造はもう技術的に成熟してあとは設備の減価償却を待つばかりだからこっからは蓄電池が投資対として狙いめだね
中国ではLFP(リンリチウム)、日本子はNAS電池、住友電工等他ベンチャー多数がレドックスフローをそれぞれ作ってるが覇権を握るのは果たしてどれかな?
現状LFPが優勢だけどリチウムは高騰するだろうしNASまだ数が少ないのでこれから量産で下がってくる余地があるし大容量化、バナジウム代替が進めばレドックスフローが優位になってくるしどう転ぶかわからん
どれも一長一短で複数を併用することもあるだろう