太鼓持ち単語

タイコモチ

太鼓持ちとは人の機嫌をとるのが上手い人の事である。

概要

太鼓持ちはゴマすりをする人と同じと見られることもあるが、媚びへつらうだけではなく、
人の良い面を見るようになったり、また断りにくい誘いなどをうまく躱せるようになったりと、良い面もある。

太鼓持ちの安土桃山時代まで遡る。豊臣秀吉関白から太になった時、お伽衆であった曽呂利新左エ門が「太、いかがで。太、いかがで。」とご機嫌をとっていたことが起といわれている。
その太を持ち上げている様子を「太持ち」から「太鼓持ち」となった。

またその後、宴席を盛り上げる男芸者の事を間といい正式な職業になった。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E9%BC%93%E6%8C%81%E3%81%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太鼓持ち

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 太鼓持ちについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!