編集  

奈須きのこ単語

ナスキノコ

奈須きのことは、シナリオライター小説家である。 CV.田村ゆかり

概要

同人サークルTYPE-MOON、及び有限会社ノーツ所属。
その名前から女性に間違えられる(実際に女流作家として報道された事がある)が、多分男性である。
擬人化されたきのこマスコットで、自称他称問わず「菌糸類」と言うあだ名があり、ファンの間にも浸透している。

同人サイト」では「好きなもの:密室・少年包帯ナイフ」と書かれていた。なので某エヴァのOPには狂喜乱舞したらしい。ちなみに、茄子が嫌い(理由:共食いだから)。

活躍というか経歴というか

中学校時代からの友人である武内崇と組んで同人サークルTYPE-MOONを結成し、同人ビジュアルノベル月姫」を発表。その独特の文体から、作品と共に一躍脚を浴びた。

この他、TYPE-MOONとは別に、武内崇と二人のみで構成される同人サークル」にも所属し、同人小説空の境界」を発表している。

その後、「空の境界」が講談社文庫から発売されることになり、その作家としてプロ小説家としても活動を開始、DDD等の作品も発表し、活動の幅を広げている。

多くの作品においてイラスト武内崇が担当しているが、小説最新作「DDD」などの一部作品ではこやまひろかずが担当している。

作風など

いわゆる伝奇モノに多大な影を受けたとっており、また若干ミステリ(特に新本格ミステリ)に影を受けている部分もある。叙述トリックを仕込んだ作品も少なからず発表している。
SFも好きらしい。逆に伝奇に影を受けるまではファンタジー一本だったとの事。

最近は減ってきているようだが、誤字が多い事でも有名。有名なものとして「コロコロコロコロココロセ」や「」「部屋をお連れしました」「いだすら」「なんたのために」など。は後にキャラクターとして登場していたりする。特に、月姫に登場する翡翠と言うキャラクターはあまりにも台詞に誤字が多く「これでは主人公洗脳しているようにしか見えない」とネタにされた。

誤字が発生する原因については、既に内に書き上がっている原稿を打ち出す作業なので、誤字があっても正しい文章に内補正されてしまって気が付かないかららしい。

文体が特徴的で、コツを覚えれば、彼の文体を真似してそれらしい文を作るのは容易。以下、2chFateスレである人がまとめた、彼の常套句をいくつか記す。

  • 「~が~ならば、~は~だろうか」
  • 「~、故に~」
  • 「~だから始末が悪い」
  • 「――」(ダッシュ。場面転換の際に頻繁に用いる)
  • 「否、~」
  • 「~なあたり」
  • 「――ああ、○○なのか」(場面転換。○○に入るのは『現実』『夢』『幻』など)
  • 「断じて~などありえない」
  • 上述の「コロコロセ」のようなカタカナ連呼
  • 「あはーあーあーはあーあー」みたいな呻き

以上である。これらをとにかく使うことで、いろんな文やコピペもたちまち奈須きのこアレンジできる。
また、この特徴を覚えておけば、ネットSSを読んだ友達の見せてくる痛い小説を読んだ際に、奈須の影を受けているかどうかが一発でわかる。

内に膨大な設定を作り、その設定を共有する世界観の作品を発表する。月姫空の境界Fateシリーズ等がこの世界観の作品である他、関連作、次回作の構想を漏らす事も多い。(が、大概は信用してはいけない) DDDも当初はこの世界観に絡めようと思ったものの途中で断念したとか。

 

逸話

元はアダルトゲームプレイしたことがく、月姫製作に辺りいくつかプレイして勉強したとの事。ONE ~輝く季節へ~には特に影を受けたと発言している。月姫製作時はエロシーンを書くのが相当恥ずかしかったらしい。

嘘つき人としても有名であり、月姫の登場人物であるシエルカレー好きについて「カリー・ド・マルシェという死徒との因縁なのだ」と冗談で言ったら後日イラスト担当の武内崇がそれを本気にして漫画を執筆(その漫画月姫読本にも収録されている)。

そして漫画を書いてる途中だった武内氏に「カリーのってこんなんでいいかな?」と尋ねられた際に「カリー・ド・マルシェ?そんな死徒いねえよ」と即答。二人の友情が本気で崩れかけたらしい(なお、2人は中学時代からの長年のコンビである。どれだけ武内氏が怒ったのか想像には難くないだろう)。この件も上記の漫画と同じく月姫読本で武内氏がっている。

なお、この件が影しているのか、その後初期メンバー3人がインタビューを受けていた時にカリーの話となり、奈須がカリーについて話しているとOKSGが「その話、どこまでが本当なんですか」と聞いている(OKSGく、この一言に奈須への不信感が詰まっていたらしい)。

Fate/Extraは、製作発表当初は原作扱いのクレジットだったが、後に奈須シナリオ全文を書き直す事になり、話題を呼んだ。

作品

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A5%88%E9%A0%88%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%93
ページ番号: 753526 リビジョン番号: 2608614
読み:ナスキノコ
初版作成日: 08/12/04 07:32 ◆ 最終更新日: 18/07/18 23:42
編集内容についての説明/コメント: ネタ記事のリンク追加。問題あれば削除をお願いします
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

奈須きのこについて語るスレ

1815 : ななしのよっしん :2019/01/17(木) 20:33:17 ID: ftqfTUZQdS
焚書以前にFGOマテリアルの文章が型月wikiコピペしてたりするから
マテリアルなんてイラスト以外あまり価値ないよ
https://imgur.com/a/812PJeNexit
1816 : ななしのよっしん :2019/01/17(木) 20:34:30 ID: 83EUJRygLz
焚書って言葉も軽くなったな
あとがきのあの程度のじゃれあいすら気をつけないといけないほど、日本ってクリエイター人権ないよな
1817 : ななしのよっしん :2019/01/17(木) 20:38:02 ID: u4/yukdKsQ
>>1815
マテリアルコピペなんじゃなくてwikiコピペに見えるレベルで書き込まれてるだけなのでは?
1818 : ななしのよっしん :2019/01/17(木) 23:26:44 ID: ftqfTUZQdS
>>1817
FGOマテリアルの発売日は2016年8月14日で、画像のwikiの文は2015年1月8日 (木) 20:21時点だからそれはないよ

https://typemoon.wiki.cre.jp/w/index.php?title=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88&oldid=8438exit
1819 : ななしのよっしん :2019/01/18(金) 09:32:55 ID: ToHzQ65Os6
HFは初動が6億円いったね
15年前のシナリオが現代の最前線でも通用することを見事に明した訳だ
1820 : ななしのよっしん :2019/01/18(金) 17:11:55 ID: UAAp2257IP
きのこを好き勝手やらせ爆死したラスアン
きのこを切り捨てて成功したHFの差だな
1821 : ななしのよっしん :2019/01/18(金) 19:48:16 ID: yYWmyO3X1R
HFの映画2作ってまだ観れてないんだけど、2作からはきのこも関わるんじゃなかったっけ?
1822 : ななしのよっしん :2019/01/19(土) 00:29:04 ID: TyR0B6Cv6A
関わるなんて言ったらそれこそ一章から監修として関わってるでしょう。ただ菌糸類が元々想定してたシナリオ変(違う体に移植する勢いの大手術)は着手されなかったわけなんだけど
これが変に踏み切っていたら、ラスアンのように「原作ゲームの面みが活きない映像化」になってしまったのでは?とはちょくちょく言われてるね。だから「飽くまで原作の良さを活かした映像化」の劇場版HFはよく較されてる
1823 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 11:57:57 ID: YYafTszTkV
『独自の死生観や人間讃歌で読者を感嘆させる』きのこが見たい
は『デレやパロネタでぐだ欲求や日銭を稼ぐ』きのこが見たいんじゃない
1824 : ななしのよっしん :2019/01/20(日) 12:14:01 ID: Gj2r6Klk80
そのきのこの一番大事な部分がFGOの1部ラストでいかんなく発揮されたと感じたからこそ自分は今後のきのこに期待してるんだけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス