女性専用車両単語

ジョセイセンヨウシャリョウ

女性専用車両とは、多発する痴漢被害への対策のため作られた車両である。
また障者や子どもなどの弱者を優先して保護する役割を果たす的もある。

概要

女性専用車両は、痴漢社会問題化や犯罪としての認知の拡大により、2000年頃から導入された。

女性『専用』という名前のため、原則利用者は女性に限られるが、あくまで『男性の任意協』をめた上での運用であるため、法的には女性優先車両でしかなく、法的根拠、法的拘束はない。

また、1900年代前半から女性専用の車両である、『婦人専用車両』『婦人子供専用車両』なども存在していたが、こちらは、利用客の増加、混雑からの女性子供の保護、紀の保護などを的としており、現在の女性専用車両とは運用的が大きく異なっていた。

これらは、いずれもほぼ短期間で止されている。

法律と規則

女性専用車両の制度について、国土交通省は、「男性のお客様のご理解とご協の下に成り立っているものであって、強制的に乗を禁ずる法的根拠もなく、男性のお客様を排除するためのものではありません」としている。

一部の鉄道事業者についても同様に、女性専用車両はあくまで乗客の任意協める程度であると述べている。

これらは、憲法14条に抵触するのを避けるためである。

憲法14条

すべて民は、法の下に等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

また、多くの事業者では、子供、障者及びその介助者も乗が可としているが、単独乗の可否など事業者ごとにバラバラであり、

更にその事を明示していない事業者も少なくなく、認知度の低さも相まってトラブルが起こる事も少なくない。

性同一障者に関しての週刊誌アンケートに対して、返答のあった事業者からは、「自己申告で乗」であるとされている。

利点と欠点

痴漢対策

まず、運用的である痴漢対策として、一定の効果があったのは間違いない。
女性専用車両は法的拘束こそないものの、その名称から男性は利用してはいけないという認識が広がっており、例え少数の男性が乗しても、そこに視線が集中するため、痴漢を行う事はほぼ不可能である。

それにより、以前では繰り返し痴漢被害に遭っても、警察に相談し登校・通勤・帰宅時間をずらす程度の対策しか取れなかったが、女性専用車両に逃げ込み、緊急避難場所として利用するという手段が取れるようになった。

ただし、これらの効果はあくまで女性専用車両を利用する女性に限られ、一般車両に乗る女性には何一つ効果がない。むしろ、「専用車両があるのに一般車両に乗っている女性痴漢しても構わないはず」と言うんだ認識の痴漢常習者も少なからずいるため、一般車両においては被害が悪化する可性もある。

これらについて、痴漢被害の件数が増えたとも減ったともいわれるが、下記の理由などにより効果の実態を調べるのは困難になっている。

交通弱者の保護

前項で述べたように、鉄道事業者によって男児や、身体障者の扱いがマチマチであり認知度も低いことから、乗した、特に男性者に対して、辛辣な言葉を投げかけられる場合もある。また、同様に交通弱者である老人に対する保護の効果は皆無である。

賛否

基本的に、女性からは痴漢対策の点から歓迎する意見が多く、男性からは女性優遇であるとして止をめる意見が多い。

一方で、フェミニズムの専門からは『消極的な対策』であるという意見や、一部の男性からは『痴漢冤罪の回避』の点から歓迎する意見もある。

また、女性専用車両を作るなら男性専用車両の導入や男女全に分離をすべきとの意見もある。

女性専用車両を止し、より弱者である、子供、身体障者、高齢者などの保護するための専用車両を設けるべきとの意見もある。

運用上の問題

率の影の利用率や構造、地域などによって異なるため一概に述べることはできない。
しかし、女性専用車両は較的いているとされ、 それが批判の原因にもなっている。
(ただし、女性専用車両が適用される通勤時間帯においては男性客が女性客にべ圧倒的に多いため、男性専用車両を作った所でそちらが混雑する事に変わりはないと思われる。
  また、全に男女を分離しようとすれば、何らかの要因で率がズレた場合にその変動を吸収しきれず、
  余計にいた車両と混んだ車両の格差を生み出す事になる。)

そもそも、痴漢に対する最大の対策は乗率を下げる事であり、それが同時に他の弱者の保護にも繋がる。

しかし、それにはそれ相応のコストが掛かる。更に、現在鉄道を取り巻く環境として、高速道路定額料化や、航空業界との価格競争により、値上げはほぼ不可能であると言っても過言ではない。

また、人口減などにより収益増も望めず、この対策は鉄道事業者単独で行う事は不可能である。

また、女性専用車両の位置について、列の中央辺りに置いてしまうと、車両を移動する場合に通り抜けができず、停中に一旦降りてから乗りなおさなければならない。

逆に、前方または後方に置くと、出入り口からの移動距離が増えるため、利用しない乗客が増えて女性専用車両の意味がなくなってしまう。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A%E4%B8%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

女性専用車両

1627 ななしのよっしん
2019/06/21(金) 12:15:03 ID: 3CHzA0NfrM
男の人に殴られたり、
怒鳴られたり、
痴漢されたりした身としては、本当に有難い車両だよ
1628 ななしのよっしん
2019/06/21(金) 12:23:31 ID: uiQjKwhwoe
憲法違反をごまかして運営してるなんてまるでパチンコブラック企業みたいだね
1629 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 22:55:22 ID: geZJOeLWAg
男女の利が一致してるんでこれからも運用すべきだと思うし
なんなら新幹線とかをのぞいて電車男女車両を分ければいいと思う

そうすれば女性痴漢にあったフリをする必要はなくなり
男性痴漢冤罪ビビりながら必要以上に手を高い位置に持っていく必要もなくなる

費用的に不可能なんだろうけども
1630 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 22:58:12 ID: 08N+hqkL70
>>1629
例えば小さい息子連れの母親連れの父親はどうすんの?
1631 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 23:00:49 ID: fVODl+glLi
「分離すれど等」なんて一体どんだけ前に否定された概念だと思ってんだよ
1632 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 15:54:29 ID: XD8JysLx39
ネット見てたら不快ってのもかなり見かけるしりがいいっちなんかしてないやろ
普通車両にも女が大量にいるしな
1633 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 16:39:37 ID: fPBq8BS/th
男女の利一致というよりは、男女平等を進めると少子化が悪化してしまう(とされている)ために、その「対案」としてやむなく進められた女性優遇という感じかな。
少なくとももう男女分離は痴漢対策にも痴漢冤罪対策にもなっていないという事実がある。
その上で分離させる必要はどこにあるのかと言えば、結局は(女性専用車両に限った話ではないが)商業面で女性を優遇して、できるだけ庭に入らず社会進出する女が出て来ないように懐柔するというところにあるわけだな。

特に医学部男子加点が発覚して以降、どういうわけかアカデミズムにいるフェミニストさえも、そういう方向への社会変革を望むようになってしまった。
当の男子加点については、「女は庭に入るべき」系アンチフェミの必死な擁護むなしく、どの大学もやめてしまったのに。

もうこの際、フェミニズムだろうがアンチフェミだろうが関係ない。
男女で異なる社会的扱いをすべき/して当然である」という考え方そのものに、立ち向かっていく必要があるのではないか。
1634 ななしのよっしん
2019/08/21(水) 22:15:05 ID: 1IO9hx8FeN
https://www.youtube.com/watch?v=UDCe2FByBkoexit

小田急やらかした模様
とんでもねえだなほんと
1635 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 05:31:01 ID: XD8JysLx39
専用乗ってるとか大体がジジイ嫌ってんのに駅員ジジイは女にクッソ甘いのはえるんだけどなんでなん?バブル時代の名残か?
1636 ななしのよっしん
2019/09/12(木) 15:47:20 ID: RqtZ1NX4Hk
中国でも出来たんだね

女性専用車両は是か非か SNS論=中国メディア
http://news.searchina.net/id/1682541exit

急上昇ワード