女性専用車両単語

ジョセイセンヨウシャリョウ
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

女性専用車両とは、多発する痴漢被害への対策のため作られた車両である。
また障者や子どもなどの弱者を優先して保護する役割を果たす的もある。

概要

女性専用車両は、痴漢社会問題化や犯罪としての認知の拡大により、2000年頃から導入された。

女性『専用』という名前のため、原則利用者は女性に限られるが、あくまで『男性の任意協』をめた上での運用であるため、法的には女性優先車両でしかなく、法的根拠、法的拘束はない。

また、1900年代前半から女性専用の車両である、『婦人専用車両』『婦人子供専用車両』なども存在していたが、こちらは、利用客の増加、混雑からの女性子供の保護、紀の保護などを的としており、現在の女性専用車両とは運用的が大きく異なっていた。

これらは、いずれもほぼ短期間で止されている。

法律と規則

女性専用車両の制度について、国土交通省は、「男性のお客様のご理解とご協の下に成り立っているものであって、強制的に乗を禁ずる法的根拠もなく、男性のお客様を排除するためのものではありません」としている。

一部の鉄道事業者についても同様に、女性専用車両はあくまで乗客の任意協める程度であると述べている。

これらは、憲法14条に抵触するのを避けるためである。

憲法14条

すべて民は、法の下に等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

また、多くの事業者では、子供、障者及びその介助者も乗が可としているが、単独乗の可否など事業者ごとにバラバラであり、

更にその事を明示していない事業者も少なくなく、認知度の低さも相まってトラブルが起こる事も少なくない。

性同一障者に関しての週刊誌アンケートに対して、返答のあった事業者からは、「自己申告で乗」であるとされている。

利点と欠点

痴漢対策

まず、運用的である痴漢対策として、一定の効果があったのは間違いない。
女性専用車両は法的拘束こそないものの、その名称から男性は利用してはいけないという認識が広がっており、例え少数の男性が乗しても、そこに視線が集中するため、痴漢を行う事はほぼ不可能である。

それにより、以前では繰り返し痴漢被害に遭っても、警察に相談し登校・通勤・帰宅時間をずらす程度の対策しか取れなかったが、女性専用車両に逃げ込み、緊急避難場所として利用するという手段が取れるようになった。

ただし、これらの効果はあくまで女性専用車両を利用する女性に限られ、一般車両に乗る女性には何一つ効果がない。むしろ、「専用車両があるのに一般車両に乗っている女性痴漢しても構わないはず」と言うんだ認識の痴漢常習者も少なからずいるため、一般車両においては被害が悪化する可性もある。

これらについて、痴漢被害の件数が増えたとも減ったともいわれるが、下記の理由などにより効果の実態を調べるのは困難になっている。

交通弱者の保護

前項で述べたように、鉄道事業者によって男児や、身体障者の扱いがマチマチであり認知度も低いことから、乗した、特に男性者に対して、辛辣な言葉を投げかけられる場合もある。また、同様に交通弱者である老人に対する保護の効果は皆無である。

賛否

基本的に、女性からは痴漢対策の点から歓迎する意見が多く、男性からは女性優遇であるとして止をめる意見が多い。

一方で、フェミニズムの専門からは『消極的な対策』であるという意見や、一部の男性からは『痴漢冤罪の回避』の点から歓迎する意見もある。

また、女性専用車両を作るなら男性専用車両の導入や男女全に分離をすべきとの意見もある。

女性専用車両を止し、より弱者である、子供、身体障者、高齢者などの保護するための専用車両を設けるべきとの意見もある。

運用上の問題

率の影の利用率や構造、地域などによって異なるため一概に述べることはできない。
しかし、女性専用車両は較的いているとされ、 それが批判の原因にもなっている。
(ただし、女性専用車両が適用される通勤時間帯においては男性客が女性客にべ圧倒的に多いため、男性専用車両を作った所でそちらが混雑する事に変わりはないと思われる。
  また、全に男女を分離しようとすれば、何らかの要因で率がズレた場合にその変動を吸収しきれず、
  余計にいた車両と混んだ車両の格差を生み出す事になる。)

そもそも、痴漢に対する最大の対策は乗率を下げる事であり、それが同時に他の弱者の保護にも繋がる。

しかし、それにはそれ相応のコストが掛かる。更に、現在鉄道を取り巻く環境として、高速道路定額料化や、航空業界との価格競争により、値上げはほぼ不可能であると言っても過言ではない。

また、人口減などにより収益増も望めず、この対策は鉄道事業者単独で行う事は不可能である。

また、女性専用車両の位置について、列の中央辺りに置いてしまうと、車両を移動する場合に通り抜けができず、停中に一旦降りてから乗りなおさなければならない。

逆に、前方または後方に置くと、出入り口からの移動距離が増えるため、利用しない乗客が増えて女性専用車両の意味がなくなってしまう。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A%E4%B8%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

女性専用車両

1721 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 08:48:25 ID: E+NGyhUDjZ
>>1720
男性客の行為を違法たり得るとする根拠が十分に示されているとは到底言い難く、一般用に『女性専用(両)』と名称が付されているか否かに関わらない内容も多い為、追記は不要そうに見えますね。

>逆に法律女性専用車両への男性客の乗降は法律で権利として保護されている訳では

そうですか?各鉄道事業者の提示する定約款にを通すと、一般用を利用するにあたって性別等の条件が付されているようには読めませんし、それらの約款が法令に違背すると判断されたとも聞きませんが。

>加えて鉄道事業者が鉄道の運行にあたり乗に相応しくないと判断した客に乗を断る行為も違法では

言うまでもないことでしょうが、鉄道事業者に制限の裁量権が認められている訳ではありません。

不退去罪を構成し得るのであれば、その客体は何になるのでしょう?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1722 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 10:39:01 ID: ti0Oi+mmQ5
>>1721
ありがとうございます
個人的には
女性専用車両への男性客乗降に違法性はいが、鉄道事業者もしくは係員が乗客に対し軌上または構内から退去せよと示があった場合に従わなければ不退去罪に問われる可性があるのではないかと考え、権利の客体を軌及び構内とし、
これは女性専用車両に限らず全乗客は軌上、構内にある全車両で同様に乗務員や係員示に従わなければならなく、そのため乗務員または係員による女性専用車両からの降示は性別に関係なく男女ともに従わなくてはいけないものと考えました。
>逆に法律女性専用車両への男性客の乗降は法律で権利として保護されている訳では
については"女性専用車両への男性乗降客を違法とする根拠はいが、女性専用車両へ乗した男性客に対し降を強制してはいけないという条文は存在しない"という点から、
乗務員または係員が降示する事自体が必ずしも違法性を問われるものではいと考え書かせていただきました。
併せて軽犯罪法の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1723 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 10:45:57 ID: amwvY6bG2U
結局女性車両が出来たのって千手観音痴漢したからだよな
1724 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 10:49:45 ID: ti0Oi+mmQ5
また記事には

憲法14条
すべて民は、法の下に等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

とありますが、これは併せて日本国憲法において

第十二条
この憲法民に保障する自由及び権利は、民の不断の努によつて、これを保持しなければならない。
又、民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1725 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 12:49:22 ID: E+NGyhUDjZ
>>1722
鉄道係員の権限を考えるなら、刑法130条ではなく鉄道営業法342号の適用の可否を検討するべきではないでしょうか。
鉄道車両刑法130条の客体に含まれませんし、『女性専用(両)』に乗した客へ鉄道係員が「構内からの退去」をいちいちめるのもおかしな話でしょうしね。

下記リンクは、山学院大学法学部江藤先生の論文です。鉄道営業法342号については9,10
https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://core.ac.uk/download/pdf/236006836.pdf&ved=2ahUKEwiPnfGJ0r3uAhUDa94KHcbZDnMQFjADegQICBAC&usg=AOvVaw2b8mBqdG0CzLOzkdThFl56exit

通説として、現行の『女性専用(両)』に男性客が乗するという行為に対し制止する権限を鉄道係員に認め得ないということで
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1726 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 23:12:57 ID: ti0Oi+mmQ5
>>1725
ありがとうございます
ただ鉄道営業法342号については
https://president.jp/articles/-/5126exit
に記事によると
「現行の女性専用車両に、鉄道営業法342号の適用は想定していません。女性専用車両は、鉄道事業者が輸送サービスの一環として実施しているもの。法的な強制はありませんが、利用者のご理解とご協のもとで成り立っています」
との事なので適用は難しいかと思います。
また
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201712_15.pdfexit
"女性専用車両の違法性を否定した事例"によれば
女性専用車両男性が乗した事に対し鉄道会社が制止する事自体に違法性はいとされていますが、
逆に降りなければならないとする根拠もありませんし、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1727 ななしのよっしん
2021/01/28(木) 23:34:26 ID: ti0Oi+mmQ5
>>1713
の通り法律上は女性専用車両ではなく事実女性優先車両であり、いうなれば"全席女性優先席"みたいなもので普通の客の優先席と変わらない位置づけみたいだから
女性専用車両という強制があるかのような名称をやめるか、いっそ男性客乗降の可否を法律で厳に定めないとこれからもトラブルは起きうるんだろうな。
まずは女性優先車両であり、男性客が乗る事に現状違法性はい事を鉄道会社が周知しないとなぁ。
"ご理解とご協をする気がい利用者"が居る以上"利用者のご理解とご協"というあやふやな投げやりがトラブルの原因かもしれない。
正直子供じゃないんだからとも思うけど、現実に頭が子供にも劣る大人がいくらでもいるし。
1728 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 06:27:00 ID: E+NGyhUDjZ
>>1726
ええ。刑法130条・鉄道営業法342号ともに適用され得ないでしょう、という話です。

東京地裁で行われたTX裁判は、係員警に制止権が認められたものではありませんよ。
男性客らが説得に応じて自らの意思で降した、という扱いです。
判決文中、「現に同車両に乗する乗客の不安感を払拭するため最大限の行為を行うことがむしろ期待されている」とあるにも関わらず、裁判後のTXは『女性専用』に乗する男性と思しき客への掛けをほとんど行わなくなってしまいましたが。

客には『女性専用(両)』から降する義務がなく、鉄道事業者側には降させる権限がないことは明らかなのだから、執拗な降要請によって遅延等が発生した場合、それが鉄道事業者側の責めに帰するものであるという結論に争いは生まれ得ないでしょう。
1729 ななしのよっしん
2021/01/29(金) 08:00:40 ID: ti0Oi+mmQ5
>>1728
確かに例えば迷惑防止条例や鉄道営業法等に違反するような行為があればともかく、静かに乗している限りは降しなければならないという法的根拠はいようですね。
ただこれについても本当に正しいか調べなおして勉強したいと思います。
どうも調べ足りず、というより疑問を投げかけていただいた結果更に色々調べて勉強になりました。まだ知らないことが多くありますがお教えいただき心から感謝します。

1730 削除しました
削除しました ID: vit4Qv0EPh
削除しました