姉妹(ケムリクサ)単語

シマイ

姉妹(ケムリクサ)とは、ケムリクサに登場する姉妹同人版では7人、テレビアニメ版では6人をす。

概要

同人 テレビアニメ
ななし
りょう
りく
りつ
りん
りな
りょく

さいしょのひとから分割されて生まれた人。それぞれが特化された感覚とを持つ。一方で、その感覚以外は常人よりも劣化したものとなっている。容姿は全員がマゼンタ色に近いを持った、十代から二十代の女性のもの。

作中の世界でムシと戦いながら生活していたが、その戦いの中で姉妹死亡していき、物語開始時点では、/りつ、/りん、鳴/りなのみが生きている。

テレビアニメ版

中世界を探索してを探しつつ生きていた。

生きるために、通常の食事を必要としないが、は摂取する。デシケーターのような容器からを飲んでおり、一度に飲むの量は人間のそれよりはるかに多いが、一度飲めば10日ほど持つようだ。体内にケムリクサを有しており、これが枯れない限り片腕が消し飛んでもなお気である。しかし、ケムリクサが切れてしまえばマゼンタ色の細かな葉を散らしながら消滅する。視聴者視点からは常人離れしているが、りんたちは自身を「人間」であると考えている。

長幼の順番は起きた順番である。それぞれが異なった装、髪型をしており、加えて話し方や語尾に際立った特徴があるが、これは劣化した視覚や聴覚を持つ姉妹がお互いに区別をつけやすくしたためらしい。

それぞれが自分の「すき」を持っており、姉妹の「すき」は生きるのに役立つがりんのみ「すき」なことがないらしい。

お互いの呼び方

呼ばれる側 備考


りょう りく りつ りん りな りょく
りょう わたし りくちゃん りっちゃん りん
りんちゃん
りょくちゃん
りく りょう
りょうねえ
おれ りつ りん りな りょく
りつ りょうちゃん りくちゃん
りくねえ
わたし りん なちゃ りょくちゃん
りん りょう りく ねえさん わたし りな りょく
りな りょうちゃん りくちゃん
りくねえ
りくねぇね
りつねぇね りんねぇね りな(達) りょくちゃん
りょく あの りん わたし たちをして「残念な達」
りょうとりくをして「あほ共」

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A7%89%E5%A6%B9%28%E3%82%B1%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B5%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

姉妹(ケムリクサ)

1 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 23:51:18 ID: QpzkgCGYPL
作成乙
呼び方一覧スカ
2 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 23:35:12 ID: 8ggUnaofbt
呼び方一覧りょくの備考欄は「りょうりょく」じゃなくて
りょうとりく」じゃないか?
3 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 20:44:17 ID: UADWGlaFPr
EDの背景の回ってるのが止まっていくのを見ながらの冷奴
姉妹の性格志向をリリポジティブな各側面と考えると、本編開始までの間で

1.りょく 周囲への興味を失う
2.りょう 向上心を失う
3.りな分裂 人しさからりなちゃんズ=イマジナリフレンドを作り出す
4.りく散 ついに未来への期待を失う
5.りつ衰弱りん硬化 優しさが摩耗し、他人に攻撃的になる
6.1 自分だけの部屋にひきこもる

てふうに、ちょうど一人の人が塞いでいく流れにマッチしてる感じ
色々ムシしてるけど、やっぱり元は一人なんだなあって

急上昇ワード