姜維単語

キョウイ
3.5千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときは記事をよく読みほんわかレスに努めてください。

姜維』とは、三国志に登場する武将である。

概要

姜維(202-264) 出身。字は伯約。最終官位は大将軍。

若い頃から武勇に優れ、兵法も心得ていた。

魏から蜀へ

諸葛亮の北伐において偵察に出た彼だったが、諸葛亮が次々に諸将を降させたため太守である遵が姜維に対しても疑心暗鬼に陥り、逃亡。締め出された彼はに降らざるを得なくなった。趙雲との一騎打ち孔明の罠は演義の創作によるところが大きく、厳密に言えば子のような存在ではない。
しかし高く評価したのは事実であり、思わぬ拾い物に「州で最高の人物」と喜んだ諸葛亮は以後彼を重用する。

諸葛亮没後、後を継いだエンは新たな戦略としてへ向かう作戦を立てたが、持病や反対により断念(費褘と一緒にされて勘違いされがちだが彼は外征よりの思考である)。
代わりに姜維を鎮西大将軍に任じ、北方を任せた。エンの死後である247年には郭淮夏侯覇と戦い、周辺の異民族を従えさせることに成功している。

249年には司馬懿クーデターにより夏侯覇へ亡命、これに機会と見た姜維は亡き諸葛亮の意思である北伐を再開しようと試みる。

理想か妄執か

北伐の意思を表明した姜維だったが、費褘に「丞相諸葛亮でさえ成果がなかった中原制圧、我々だけではかに及ばない。を高め良い人材を見つけてからにしよう」と一万以上の兵は与えられなかった。エン亡き後を支える重なブレーンであった費褘だが、253年に彼はの降将・循に宴会の最中に殺されてしまう。

以降、軍権を引き継いだ姜維は諸葛恪からの要請を受け、他の文官や費褘の発言を無視して北伐を再開してしまう。夏侯覇と共に軍を次々と撃破し、256年に大将軍に就任した。しかし鄧艾の前に大敗して失敗し自ら後将軍へ降格するよう願い出た。

257年には諸葛誕の乱に乗じて北伐を敢行するも失敗。元が将だった上ににおける閥の立場は弱いものであったため、この頃から民衆や文官からの反発が次第に大きくなっていく。
さらに、この頃に諸葛亮が残した中防衛策を編し、防戦体の容を攻勢体に変化させた。

その後、とうとう征伐が起こる。黄皓によって援軍要請が握りつぶされ援軍が遅れたが、それでも姜維は閣で鍾会に撤退を考えさせるまでにる。しかし鄧艾が陰より成都を急襲する作戦を立案・決行、劉禅らはあっけなく鄧艾に降してしまう。姜維もやむなくに降る。

その後、鍾会が野心を持っていたことを見抜き、これを利用して反乱をおこを再しようとするが、鍾会に皆殺しにされるとの偽情報を流された将兵が反逆、鍾会と共に最期を遂げた。

三国志演義では

まず劉備諸葛亮の印が強い演義においては、劉備の武と孔明の知を兼ね備えたように見える姜維が滅亡まで話の中心に据えられるように描写している。そのため彼の北伐による失態は全く描写されず、そのために文官らに疎まれを傾けるほどの謀な武者としての側面は全くなくなっている。
また衰退の原因を全て姜維以外の、特に宦官であった黄皓と、これを重用した劉禅、そしてこれを止められなかった諸文官の責に帰さしめている。

評判

上述のように「諸葛亮の遺児」という扱いを受け、特にびいきが強い演義では諸葛亮死後の軍事面で延命させた功臣として描写されやすく、またその才をして鍾会鄧艾の将兵からの評価も高かった。
また真・三国無双などにおいて美男子としてモデリングされたこともあり、その筋からの人気も高い。

しかし文人の意見は陳寿や孫盛がむやみに外征を行った事に関して批判を行う一方で、郤正裴松之が姜維の弁護を行うなどっ二つに別れている。少なくとも、諸葛亮亡き後、(の強大化を除けば)武官不足を顧みずに攻めていった北伐による疲弊は政務の混乱のそれよりも大きかった……と見ることは何ら不自然ではない。

だが後世の作品ではその見方は採用されず、姜維については全くの清廉であり劉禅黄皓・文官が諸悪の根源であるという意見のほうが強くなってしまった。その反発から、現代では逆に過剰な否定を行なう者も見受けられる。

その他

姜姓の名前漢字変換が煩わしいからか、または「きょうい」と打つよりも「生姜繊維」「生姜維新」と書いて訂正する方が楽なためか、姜維ではなく『生姜』と書く人がいる。

各メディアの姜維

漫画『横山光輝三国志』

単行本60巻では姜維の奮闘と滅亡までが描かれている。

ゲーム『三國志』

三國志シリーズでは、演義において趙雲一騎打ちで互に戦い、諸葛亮の計略を2度見破り、逆に利用したことから、統率、武勇、知が90前後の一流武将として扱われている。諸葛亮死後のにとっては大陸制覇のとなる男であり、末期シナリオ劉禅軍は彼のおかげで較的難易度は低い。少なくとも軍よりはラク。

値は補足の項を参照。

『三國無双』

三國無双シリーズでは2作の『』から参戦。以後、リストラどころか存在そのものを抹消されてしまった『5』を除き出演し続けている。
三国志後期の武将のため出番が少ない上に外見も割と普通なため、空気キャラと呼ばれることがある。しかし、美形なためか同シリーズ太史慈徐晃べると人気が高い。汚いなさすがイケメンきたない

三國無双6』以降は同世代の武将や、五丈原以後の話の追加に伴い、彼自身も『4』以前の扱いから一変して大きくクローズアップされるようになり、後期重要キャラとしての地位を確固たるものにしている。もう空気キャラなんて呼ばせない!代わりに別の武将が空気になっちゃったけど
ストーリーモードでは北伐からその後の末までも描かれ、志を受け継ぎ奮闘する英雄としての姿、重荷を全て背負った事により痛々しく暴走する姿、北伐によりを疲弊させた姿等、視点次第で彼の印ガラリと変わるようになっている。

『三国志大戦』

三国志大戦』では武将の名前よりも使えるカードがあるか否かで人気が分かれるため、武将ファンとしての人気と一緒くたにはできない。また、本作品ではこれまで姜維は全てカードとして登場している。

012R姜維』 2コスト 武7/知7 武インフレ著しい3では低スペック。計略の挑発も同計略を持つ1.5コスト馬謖(武5/知7)の方が使いやすいのが現状。特技である「募兵」の回復量次第ではデッキ構築から即漏れてしまう。また同等のであるイラスト違いのEXカード楽進孫尚香呂姫と共にEXカードが発売されたが、単独カードでの価値がいちく落ちたのが姜維だった。

059SR姜維』 2.5コスト 武8/知7 やや心許ないスペックだが、兵が少ないほど武が上がり輪状態となる計略を持つため前出し役として十分すぎるほどの働きを見せる。後は周りのカードプレイヤーがさばく技量次第。

077R姜維』 2コスト 武7/知7 イラストは『巨人の星』でおなじみの川崎のぼる氏。こちらも低スペックながら、一戦場に出現できる「縮地」計略の使い方次第で化ける面カード

この他、軍師カードEXカードも存在する。

余談だが、『三国志大戦2横山光輝LE姜維を使ってを落としたときのセリフが「この剣、もはやのために使えませぬ」と勝ったのに何故か滅亡時のセリフチョイスされている。

ニコニコ歴史戦略ゲー

ニコニコでは一般的に年代・寿命に制限のい「英雄集結」のシナリオが選ばれ、五虎将軍べると扱い易い為か、そこそこ出番がある。キャラ付けも、若々しい熱血だったり、ヤクルト大好きだったり、北伐バカだったりとまちまち。

補足

コーエー三國志シリーズにおける姜維の力一覧。

一貫して一線級の武官。知が高いため下手をすれば五虎将軍を喰いかねない実を秘める。

力一 統率 政治 身体 運勢
三國志 80 97 73 80
三國志II 91 94 88
三國志III 91 92 72 85 88 75
三國志IV 89 91 95 86 85
三國志V 93 96 81 87
三國志VI 95 90 94 79 80
三國志VII 86 89 62 80
三國志VIII 89 92 76 82
三國志IX 85 89 92 66
三國志X 91 89 90 68 77
三國志11 90 89 90 67 80

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A7%9C%E7%B6%AD
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

姜維

380 ななしのよっしん
2021/12/27(月) 01:16:53 ID: vTuQwtABoa
政治家としても優秀で地理にも明るかった鄧艾で孤立している姜維じゃ
残念だが将としての器が違い過ぎて勝負にならなかったとしか思えない
一応自爆テロじみたクーデターで一矢を報いることは出来たが全な悪あがきだしな
381 ななしのよっしん
2021/12/29(水) 11:36:00 ID: bD0Hpu+5Rj
いって鄧艾も最後は謀殺だしろくな対抗がいないという事情もあるが、最後まで地位を保てる程度の政治はある感じ
382 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 14:43:20 ID: CYA1CTWrNy
>>381
鄧艾はド寒門な出自と関羽みたいな性格のせいで友達居なかったからなあ…
383 ななしのよっしん
2022/01/13(木) 21:31:07 ID: qYkpRM6wiV
政権末期大人しく軍権を閻宇に渡して、自身は益州刺史に引く方法もあったのではないか。録尚書事は諸葛瞻あたりにあげて。そうすれば、軍と朝廷との分断(からのの侵攻⇒滅亡)だけは防げる。
姜維にも言い分はあるだろうが、これまで失敗してきた責任はあるし、において、益州刺史は宰相格の重職。
劉禅は粛正癖がある人ではない。少なくとも殺されはしないだろう。閻宇諸葛瞻董厥樊建は小粒ではあるが全くの無能ではない。
成都を離れ、仮に中に居続けたところで、群臣が劉禅に「クビ」と言わせてしまえばそれまでなんだし(そうはならなかったのは一応、皇帝からって貰ってたんだろう)。意地をらないでも良かったはず…。
384 ななしのよっしん
2022/01/23(日) 17:40:09 ID: qWV4MBsalv
現代でもよくある
いまだに日本の本社が権強いが海外市場で何とか命脈を持っている会社があったとする。
その海外統括がいなくなって、推薦でその部下がポストに就いたのだが、元々支社を現場にしてきた人間なので前任者以上に本社とのツテは薄い

こうなると本社からみて「決して無能ではないがコントロールしづらいヤツ」が会社の命脈を持つ事になる。
本社の幹部級からはさっさと首を挿げ替えてコントロールしやすいにしたい筆頭になる。

さて本人はどうするかというと、不安が強くなるのでどんな優秀な人でも現地で自分の部下を固めて軍閥化を進めて安心しようとする。崩壊
385 ななしのよっしん
2022/02/06(日) 14:56:32 ID: h2aMgMzjoY
>>383
一般論として、閥抗争で優位を得た側は、その優位を確定させ、敵を追い詰め、全に勝利を得ようとするもの。
姜維やその一党がそんな弱気なんか見せたらそれこそ更なる讒言からの追撃を招くようなもので、最終的な措置が「益州刺史に引く」程度で済むわけがない。

姜維がクビと言われなかったのは、劉禅の信頼もあるだろうが、黄皓やその与党からすれば「姜維が軍権を握って遠くにいる=本に対して脅威となりうる」という点を無視できなかっためでもあるだろう。
だが姜維が軍権を手放してしまえばこの障もなくなり、いわば防備になってしまう。

劉禅姜維のことも信じてはいるが、滅亡時からもわかるように度合的には「黄皓姜維」なので、この場合劉禅護は結局あてにはできない。

なので最終的には亡命やそれこそ刑死に追い込まれる可性も十分あるし、その場合失脚するのが姜維一人で済むわけもなく、史実よりも防衛体制がさらにガタガタになっていた可性が高いと思う。
386 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 14:37:11 ID: LDnogGP00w
外様だけど実ある人物がかなりの功績を立ててそれなりのポストにも着いてるけどその分問題も起こしてる

当然古参や譜代の連中は面くないからこいつはダメだと連呼するけどじゃあお前達がこいつの代わり出来るの?って言われたら出来ない状況だったのが当時のだからなぁ

諸葛亮の時代が格化されてるけどこの時代は有能で二心を抱かなかった人の独裁政権みたいなもんだから組織として見れば異常な体制で諸葛亮も生前1人で何でもやりすぎだから人に任せる事も大事って散々諭されたけど最後までめられなかったツケがちゃんと後の時代に来た
387 ななしのよっしん
2022/03/18(金) 08:57:15 ID: bD0Hpu+5Rj
>>383
良くも悪くも実績と名は大事だと思う
>>377の通り姜維以外の武将はから大して意識されている感じがない
悌と司馬昭の会話的に征に反対していた人は少なくないようだし、鄧艾ですら師簒が説得したとか

から見てもの情勢が決して良くないことがわかってたようなのに、何で反対してる人が多かったのといえばやっぱまだ姜維がいたからじゃ?
閻宇諸葛瞻董厥樊建あたりじゃそこまで理と思われず、もっとい段階で征されたかもしれん

諸葛瞻なんか成都に残ってても鄧艾から意識されてもないから山越えしてもいけると思われたんだろうし
388 ななしのよっしん
2022/04/07(木) 02:47:23 ID: CedPwm540C
姜維無能かどうかについては彼の較対として挙げられるのが同人間ではなく鄧艾のような他人間しかいないあたりがもう答えだと思う。
また、姜維寿命を10年伸ばした(敵に与えた損に対して)もしくは10年縮めた(被った損に対して)と言われているけれど、他のの将たちにはそんな話は出てない(姜維への評価として較で話が出てもおかしくないはず)
ことからには彼よりも優秀な人材·匹敵する人材はいないことになる(内政面は姜維が直接関与してないため除外)ためやはり閻宇諸葛瞻董厥樊建ではお話にならなかったんだろう。
そもそも第一線の戦線(中·雍州)で戦ってる将の代わりが第二線の戦線(荊州)や実戦経験の乏しい連中に務められるのだろうか。結局、劉禅からの勅命による「罷免」は最後まで出されていないわけだし。
389 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 23:27:35 ID: gVks/yjqeQ
の人物は、特に末期は史料が少ないし
姜維のほかに人材がいたかというのは々にほとんど分かることではないと思うなあ
中央の中心人物が数行で終わるのは、姜維に対して小粒だったからというより
鍾会の乱で成都記録が軒並み散逸したせいだろうし