姜維単語

キョウイ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときは記事をよく読みほんわかレスに努めてください。

姜維』とは、三国志に登場する武将である。

概要

姜維(202-264) 出身。字は伯約。最終官位は大将軍。

若い頃から武勇に優れ、兵法も心得ていた。

魏から蜀へ

諸葛亮の北伐において偵察に出た彼だったが、諸葛亮が次々に諸将を降伏させたため太守である遵が姜維に対しても疑心暗鬼に陥り、逃亡。締め出された彼はに降らざるを得なくなった。趙雲との一騎打ち孔明の罠は演義の創作によるところが大きく、厳密に言えば子のような存在ではない。
しかし高く評価したのは事実であり、思わぬ拾い物に「州で最高の人物」と喜んだ諸葛亮は以後彼を重用する。

諸葛亮没後、後を継いだエンは新たな戦略としてへ向かう作戦を立てたが、持病や反対により断念(費褘と一緒にされて勘違いされがちだが彼は外征よりの思考である)。
代わりに姜維を鎮西大将軍に任じ、北方を任せた。エンの死後である247年には郭淮夏侯覇と戦い、周辺の異民族を従えさせることに成功している。

249年には司馬懿クーデターにより夏侯覇へ亡命、これに機会と見た姜維は亡き諸葛亮の意思である北伐を再開しようと試みる。

理想か妄執か

北伐の意思を表明した姜維だったが、費褘に「丞相諸葛亮でさえ成果がなかった中原制圧、我々だけではかに及ばない。を高め良い人材を見つけてからにしよう」と一万以上の兵は与えられなかった。エン亡き後を支える重なブレーンであった費褘だが、253年に彼はの降将・循に宴会の最中に殺されてしまう。

以降、軍権を引き継いだ姜維は諸葛恪からの要請を受け、他の文官や費褘の発言を視して北伐を再開してしまう。夏侯覇と共に軍を次々と撃破し、256年に大将軍に就任した。しかし鄧艾の前に大敗して失敗し自ら後将軍へ降格するよう願い出た。

257年には諸葛誕の乱に乗じて北伐を敢行するも失敗。元が将だった上ににおける閥の立場は弱いものであったため、この頃から民衆や文官からの反発が次第に大きくなっていく。
さらに、この頃に諸葛亮が残した中防衛策を編し、防戦体の容を攻勢体に変化させた。

その後、とうとう征伐が起こる。黄皓によって援軍要請が握りつぶされ援軍が遅れたが、それでも姜維は閣で鍾会に撤退を考えさせるまでにる。しかし鄧艾が陰より成都を急襲する作戦を立案・決行、劉禅らはあっけなく鄧艾に降伏してしまう。姜維もやむなくに降る。

その後、鍾会が野心を持っていたことを見抜き、これを利用して反乱をおこを再しようとするが、鍾会に皆殺しにされるとの偽情報を流された将兵が反逆、鍾会と共に最期を遂げた。

三国志演義では

まず劉備諸葛亮の印が強い演義においては、劉備の武と孔明の知を兼ね備えたように見える姜維が滅亡まで話の中心に据えられるように描写している。そのため彼の北伐による失態は全く描写されず、そのために文官らに疎まれを傾けるほどの謀な武者としての側面は全くなくなっている。
また衰退の原因を全て姜維以外の、特に宦官であった黄皓と、これを重用した劉禅、そしてこれを止められなかった諸文官の責に帰さしめている。

評判

上述のように「諸葛亮の遺児」という扱いを受け、特にびいきが強い演義では諸葛亮死後の軍事面で延命させた功臣として描写されやすく、またその才をして鍾会鄧艾の将兵からの評価も高かった。
また真・三国無双などにおいて美男子としてモデリングされたこともあり、その筋からの人気も高い。

しかし文人の意見は陳寿や孫盛がむやみに外征を行った事に関して批判を行う一方で、郤正裴松之が姜維の弁護を行うなどっ二つに別れている。少なくとも、諸葛亮亡き後、(の強大化を除けば)武官不足を顧みずに攻めていった北伐による疲弊は政務の混乱のそれよりも大きかった……と見ることは何ら不自然ではない。

だが後世の作品ではその見方は採用されず、姜維については全くの清廉であり劉禅黄皓・文官が諸悪の根源であるという意見のほうが強くなってしまった。その反発から、現代では逆に過剰な否定を行なう者も見受けられる。

その他

姜姓の名前は漢字変換が煩わしいからか、または「きょうい」と打つよりも「生姜繊維」「生姜維新」と書いて訂正する方が楽なためか、姜維ではなく『生姜』と書く人がいる。

各メディアの姜維

漫画『横山光輝三国志』

単行本60巻では姜維の奮闘と滅亡までが描かれている。

ゲーム『三國志』

三國志シリーズでは、演義において趙雲一騎打ちで互に戦い、諸葛亮の計略を2度見破り、逆に利用したことから、統率、武勇、知90前後の一流武将として扱われている。諸葛亮死後のにとっては大陸制覇の鍵となる男であり、末期シナリオ劉禅軍は彼のおかげで較的難易度は低い。少なくとも軍よりはラク。

値は補足の項を参照。

『三國無双』

三國無双シリーズでは2作の『』から参戦。以後、リストラどころか存在そのものを抹消されてしまった『5』を除き出演し続けている。
三国志後期の武将のため出番が少ない上に外見も割と普通なため、空気キャラと呼ばれることがある。しかし、美形なためか同シリーズ太史慈徐晃べると人気が高い。汚いなさすがイケメンきたない

三國無双6』以降は同世代の武将や、五丈原以後の話の追加に伴い、彼自身も『4』以前の扱いから一変して大きくクローズアップされるようになり、後期重要キャラとしての地位を確固たるものにしている。もう空気キャラなんて呼ばせない!代わりに別の武将が空気になっちゃったけど
ストーリーモードでは北伐からその後の末までも描かれ、志を受け継ぎ奮闘する英雄としての姿、重荷を全て背負った事により痛々しく暴走する姿、北伐によりを疲弊させた姿等、視点次第で彼の印ガラリと変わるようになっている。

『三国志大戦』

三国志大戦』では武将の名前よりも使えるカードがあるか否かで人気が分かれるため、武将ファンとしての人気と一緒くたにはできない。また、本作品ではこれまで姜維は全てカードとして登場している。

012R姜維』 2コスト 武7/知7 武インフレ著しい3では低スペック。計略の挑発も同計略を持つ1.5コスト馬謖(武5/知7)の方が使いやすいのが現状。特技である「募兵」の回復量次第ではデッキ構築から即漏れてしまう。また同等のであるイラスト違いのEXカード楽進孫尚香呂姫と共にEXカードが発売されたが、単独カードでの価値がいちく落ちたのが姜維だった。

059SR姜維』 2.5コスト 武8/知7 やや心許ないスペックだが、兵が少ないほど武が上がり輪状態となる計略を持つため前出し役として十分すぎるほどの働きを見せる。後は周りのカードプレイヤーがさばく技量次第。

077R姜維』 2コスト 武7/知7 イラストは『巨人の星』でおなじみの川崎のぼる氏。こちらも低スペックながら、一戦場に出現できる「縮地」計略の使い方次第で化ける面カード

この他、軍師カードEXカードも存在する。

余談だが、『三国志大戦2横山光輝LE姜維を使ってを落としたときのセリフが「この剣、もはやのために使えませぬ」と勝ったのに何故か滅亡時のセリフチョイスされている。

ニコニコ歴史戦略ゲー

ニコニコでは一般的に年代・寿命に制限のい「英雄集結」のシナリオが選ばれ、五虎将軍べると扱い易い為か、そこそこ出番がある。キャラ付けも、若々しい熱血だったり、ヤクルト大好きだったり、北伐バカだったりとまちまち。

補足

コーエー三國志シリーズにおける姜維の力一覧。

一貫して一線級の武官。知が高いため下手をすれば五虎将軍を喰いかねない実を秘める。

力一 統率 政治 身体 運勢
三國志 80 97 73 80
三國志II 91 94 88
三國志III 91 92 72 85 88 75
三國志IV 89 91 95 86 85
三國志V 93 96 81 87
三國志VI 95 90 94 79 80
三國志VII 86 89 62 80
三國志VIII 89 92 76 82
三國志IX 85 89 92 66
三國志X 91 89 90 68 77
三國志11 90 89 90 67 80

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A7%9C%E7%B6%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

姜維

340 ななしのよっしん
2020/04/10(金) 09:59:12 ID: dF0PrU36in
>>337
まあ北伐で疲弊させたのは姜維だけど滅亡時にの戦を玉砕壊滅させたのは諸葛瞻だしギリギリ最低評価は免れてる感あるよな
しかし姜維鍾会からの評価が妙に高いのは皮なのかそれとも本気で姜維を評価してたのかわからんな
341 ななしのよっしん
2020/04/11(土) 02:58:25 ID: CYA1CTWrNy
攻め込んでる側で兵糧に余裕がないから仕方ないんだろうけど、捕虜に取った兵卒を基本埋めにしてる印がある
342 ななしのよっしん
2020/04/14(火) 21:50:08 ID: KvJhRN2O1S
>>339
何人「老衰できた」かと言えば、正直ものの数ではないけどね
343 ななしのよっしん
2020/05/07(木) 08:22:32 ID: WpK7Di1Czu
はもはや姜維1人を頼みにしていると司馬昭にも言われてた気がするが
344 ななしのよっしん
2020/05/13(水) 15:48:20 ID: L0KkrjEuHk
鍾会鄧艾諸葛緒に討伐命じた詔だな
が頼みとするのは姜維だけ
その姜維成都留守にしてるんだからなんて簡単に滅ぼせるだろ
今こそを討てってやつ
345 ななしのよっしん
2020/05/13(水) 16:48:28 ID: 9B1FIdCCB8
>>337
もそうなんだけど、どちらのも前線の将と後方の内政の連携が取れなくなっていく
集められる税から、どれだけの兵士を出せるかが解るはずだし、翌年の税がいきなり増えるわけでもないから兵が足りないなら守りやすい要に兵を集めるなどで工夫するしかないはず
あるいは貢物と形ばかりの臣従で、内乱を繰り返して疲弊するまで待つとか
ところがどちらも以上の外征への兵を出し続けてしまう

人材が不足というより、どうも策をまとめ、重臣たちの意見を集約する仕組みの作り方に失敗しているように見える
あと、先代が皇帝を称してしまったため、孫権がやったように一時的に臣従して、時間を稼ぐこともできなくなってる
勝利したを乗っ取った晋王朝ですら、滅亡後のわずか10年で八王の乱に突入するわけで、姜維の北伐に問題があるというより、すべてので統治の問題があり、で糊塗できなくなった所から滅んでいったように見える
346 ななしのよっしん
2020/05/13(水) 23:22:58 ID: CYA1CTWrNy
>>339
費禕循に暗殺された時点での命数は尽きたと思うわ
後任の董允が寸暇を惜しんで仕事しても全く追いつけない位の量の仕事を遊びながら然とこなしてたような内政オバケだったし
347 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 12:58:54 ID: p26hYLv5Sq
>>346
まだ費禕に才買われた陳祗(北伐擁護派)が生きているor劉禅がさっさとくたばってたら滅亡まではいかなかったと思う(ちなみに陳寿の師は北伐反対譙周なので、陳祗に対して批判的なのは当然)
ただ次の代がを保てたかと言われると・・・
348 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 13:10:30 ID: sKyZvAZ+48
荊州を失い夷陵で敗北した時点で詰んでいたからその後はどれだけ延命出来るかだからなぁ、がいても理でしょ
349 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 17:44:29 ID: L0KkrjEuHk
劉備を取ってから姜維軍事トップに立つまで30年経ってる
劉備に付き従い戦ってきた連中のどは老いて死んだか夷陵で死んでるし、生き残りの張翼廖化姜維の北伐に冷やか
司馬氏の挙兵や曹爽失脚があってもは分裂する程の大きな動揺はなかったし姜維は優れた人材とは言え小が大を倒す程の才はかった

シナの長い歴史を見ればが挙一致且つ政治的に混乱してたり分裂してたりすれば戦差をひっくり返せた可性もきにしも非ずだろうが、単純な戦差だけでなく勝てない要因が幾つもあるのが辛い

急上昇ワード

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック