学校であった怖い話単語

ガッコウデアッタコワイハナシ
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

学校であった怖い話」とは、1995年8月4日バンプレストから発売されたSFCゲームソフトである。

開発元はパンドラボックス。 

   「それでは、始めましょう」

 

概要

ジャンルサウンドノベル。圧倒的なボリュームと個性的なキャラクター学校という身近な舞台設定が受け、好評を博した。後にプレイステーションソフトであるリメイク版の『学校であった怖い話S』、また同ゲームシナリオライター催するサークル七転び八転がりから出された同人ゲームアパシー 学校であった怖い話 〜Visual Novel Version〜』などの生作品が存在する。プレイステーション版は2007年8月30日よりPS3PSPゲームアーカイブスで、スーパーファミコン版は2008年8月5日よりWiiバーチャルコンソールで、それぞれ配信されている。

あらすじ

新聞部所属の1年生である主人公は、ある日、部の先輩から次回の校内新聞の企画に参加するように言われる。それは、怪談ネタに事欠かない旧校舎が解体されるのに合わせて、学校の七不思議について取材しようというものだった。新1年生主人公先輩の命に逆らえるはずもく、流されるままに取材を担うことになってしまった。取材当日、新聞部部室には7人のり部が集められたはずが、そこにいたのは予定より一人足りない、6人の男女。どことなく不穏な空気が渦巻く中、7人り部を待たぬままに七不思議の会が開かれようとしていた。

ゲーム内容

画面に表示される文章を読み進め、要所で提示される選択肢に答えることで複数に分岐したシナリオを進めていく、いわゆるサウンドノベルタイプゲームである。プレイヤー高校の新聞部の新人・坂上修一(名前変更可。『-S』では女性主人公倉田恵美との二択)となり、校内新聞の企画である『学校の七不思議』の取材の聞き手として、学校の怪談を時には聞き、時には実際に体験していくことになる。

ゲームは6人のり部から一人ずつ順番に話を聞いていくことで進行していく。6人全員が話し終えると、6人に選んだり部によって7人り部が登場したり、なにがしかの怪奇現に見舞われる7話が始まり、これをクリアすることでエンディングを迎えられる。シナリオの内容は、り部を選ぶ順番と話中の選択肢により多様に変化する上、通常の進行では見られない隠しシナリオも多数存在し、SFC時代のゲームとしては屈のボリュームを誇る。かなりやり込んだプレイヤーでも、数年後、久々プレイした際に全く新しい分岐を発見し、驚かされることもある。

主な登場人物

新堂誠しんどう まこと
り部の一人。3年D組所属。強面な兄貴肌の青年で、どことなく不良っぽい貌と物を持つ。スポーツギャンブルといった男くさい話題から、都市伝説純愛話に至るまで、バリエーション豊富な話が聞ける。くせ者ぞろいで、展開次第では主人公を殺することもあるり部たちの中では、(あくまでも)較的安全な部類に入る人物。
荒井昭二(あらい しょうじ)
り部の一人。2年B組所属。うつむきがちな陰気な少年。物静かで落ち着いたであるが、昂すると危険な面があり、話中でも時たま狂気じみた思想をほのめかせることも。人間の暗い心理や妄執を、淡々としたり口で話すことを得意とする。1年生の頃にはサッカー部に所属していたという意外な過去がある。彼を6人に選んだ際に聞ける6話とその続きに当たる7話は、ファンの間では作中最恐とも言われる。
風間望(かざま のぞむ
り部の一人。3年H組所属。飄々とした、つかみどころのい性格の男子生徒ナンパな言動の多いナルシストで、怪談る最中にも盛んにジョークを飛ばしたり、そもそもほとんどの話が怪談として成り立っていなかったりする。しかし、プレイヤーの選択によっては、彼のる冗談の様な話が現実に起こったりするので、なかなか侮れない。カルト的な人気があり、姉妹作である『』にもゲスト出演を果たしている。
細田(ほそだ ともはる)
り部の一人。2年C組所属。大柄で太めの体形の少年。穏やかで主人公に対して(時には度が過ぎるほど)友好的に接してくるが、どことなく粘着質な面が見え隠れする。彼のる話は、なんとその全てがトイレにまつわる怪談である。また霊感が強いと自称しており、体験談をったり、話中で実際に怪奇現に遭遇するケースも多い。
岩下明美いわしあけみ
り部の一人。3年A組所属。長い黒髪が特徴的なミステリアス女性。どことなく危険な雰囲気を漂わせており、冷静に見えても次の間には何をするか分からない怖さがある。彼女怪談恋愛絡みの話が多く、時には主人公に好意をみせることもあるが……。また『約束』『』『裏切り』といった、聞き手に実さをめるキーワードが頻出するのも特徴。強な個性から、作中でも屈の危険人物として扱われる一方、熱狂的なファンも少なくない。
福沢子(ふくざわれいこ)
り部の一人。1年G組所属。明るく邪気な性格の女生徒。一見、り部の中で最も常人に近いように見えるが、残酷な話や気持ち悪い話を笑顔のままサラリと話すような冷淡さや、あっけらかんとした狂気がある。怖い話バリエーションはかなり豊富だが、全体的にグロテスクな内容のものが多い。また、気まぐれで途中からまったく別の話をり出すことも。
日野貞夫(ひの さだお
新聞部の先輩。『学校の七不思議』の特集を企画し、り部たちを集め、主人公に聞き手を押しつけた本人。基本的には、交友関係が広く面倒見も良い頼れる先輩だが、分岐によっては意外な側面を垣間見せる。ちなみに某シナリオの某選択肢ではに狂って命を落とす結末がある(ガチホモルートとも言う)。
元木早苗(もとき さなえ)
1年G組所属。福沢子の同級生で友人の一人。一変わった性格と体質の持ち福沢怪談にたびたび登場し、選択肢によっては7人り部として登場する。
坂上修一(さかがみ しゅういち)
主人公。名前はデフォルトネームであり、プレイヤーの任意で変更可。新聞部所属の1年生。『学校の七不思議』の取材のため、り部たちから学校であった怖い話を聞き出すことになる。基本的には気弱で人畜無害少年だが、危機に陥ったり激怒したりすると、過で攻撃的な人格に変することも。
倉田恵美(くらた えみ)
『-S』で選択可になった女性主人公坂上べると個性なキャラクターだったが、同人版の『アパシーシリーズでは、過暴走気味な性格として個性づけられる。

関連動画

ニコニコ動画では当初、姉妹作の『』とともに、ほぼ無編集プレイ動画が複数アップされている程度だった。その後、同シナリオライターゲーム四八(仮)』への登場人物のゲスト出演や、同人ゲームアパシーシリーズの一環としてヴィジュアルノベルバージョンでの復活などで注を集めたことで、徐々にMAD替え歌などの作品がアップされるようになった。

ニコニコ最古の学怖動画(推定)

初期のMAD作品群

その後、Revin氏による実況プレイ動画学校であった怖い話に屈しない』が好評を博した。このことで、ニコニコ動画全体においても大きく作品の認知度を上げることとなる。

学校であった怖い話に屈しない

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%80%96%E3%81%84%E8%A9%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

学校であった怖い話

227 ななしのよっしん
2019/08/21(水) 23:09:30 ID: t4ztMEAjrb
>>226
なるほど、発生条件が複雑なんだな
ありがとう
よく考えてみたら、14週くらいしてからはSFC版は七話は長ったらしい新堂さんや荒井さんは避けて短い福沢さん、風間さんばかりにしてたな...考え方によっては内容の濃い七話に行くのに手間が掛かるようになったのはSFC版とべて善された点なのかもしれない
228 ななしのよっしん
2019/08/22(木) 01:24:46 ID: 49cEl8vSC1
7転び8転がりのシリーズいっぱい出ててどれから買ったらいいかわからん…
229 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 16:43:15 ID: JSTQVH69Mu
>>228
DL版でシリーズいちからやってみたいんだけど、版ごとに収録シナリオが違ったりして全な決定版みたいなものが見当たらないのが困ってる。
そうなのになぁ…
230 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 20:11:53 ID: KajRHyHwkv
最近SFCクリアしてアパシーシリーズやってみたいんだけど、VNV新装版とか最終版とか特別編とかあって、同じ話入ってるのもあるみたいだし、どれやればいいか分からない…
231 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 20:07:49 ID: gTpU1qxuPI
>>228-230
ほんじゃ軽く説明するね。抜けもあるけどとりあえず

;VNV:基本は1995年に出た小説(20万字)で共通。それに細かいバリエーション違いがある。グロが強めなので苦手な方は注意。
:;旧版(無印):最初に出たバージョン。縦書き表記。BGMSFC版のピアノアレンジ、別ソフトに入ってるパッチ適応でギャグシナリオが遊べるのが特徴。
:;新装版:↑の出し直し廉価版。BGM差し替え。グラフィックグロ強化、新規シナリオ岩下明美玉ばあさん」が遊べる。
:;最終版:ファンが参加した実写グラフィックが特徴。正直実験作。ミニシナリオ生徒編」「教師編」が遊べる。

::正直『最終版』は最初に遊ぶにはおススメしない。『VNV』は他のゲームの前提知識となっている部分もあるのでどれかを一読しておいて損はない。あとKindle電子書籍(七話分で約600円)化されているのでそっちから入るのもあり。

特別編:『VNV』の六話分までを話の起点にして四十話強の新シナリオを追加したもの。総文字数は80万字(SFC版は100万字)。り部の順番も選択できるし、選択肢もEDも豊富。ただし輪にかけてグロが多いので注意。
:;特別編 追加ディスク:↑の追加ディスク。単独では遊べない。こちらも適用すればさらに三十話強のシナリオが遊べる。人情噺、探索行、悲までバラエティ豊富にそろえた幅のあるシナリオグラフィックの強化などもウリ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
232 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 21:14:29 ID: gTpU1qxuPI
(つづき)

;:;送り:最近ニンテンドーSwitchで単独配信もされた。オーソドックスなサウンドノベル形式。お笑いエンドもあるけれど、ホラーって意味では一貫したテーマが貫かれている隠れた良作
この時点では少し癖のある絵だけど、スチルは豊富。特に悪な三枚には十年越しでも震撼してる。
::;柱の傷:『ヘタリア』の日丸屋秀和がグラフィック、演出を担当した一本道ノベル切れトンボ気味な結末には賛否の分かれるところ。

::『VNV』の後遊ぶならvol.1はおそらく王道コースのひとつ。vol.2についてはちょっと疲れたので省略。ただそっちは質、量ともにシリーズ中で結構劣る方なのであまりお勧めは出来ない。

男子校であった怖い話:厳密にはシリーズに入らないそうだけど、最近組み込むって発言もあったので一応紹介しておく。五章仕立てのメインシナリオクリア後の大量の分岐シナリオの二本立てからなる。
念のために言っとくと男同士の友情メインでその手の直接的なあれはない。ちょっと下ネタはあるけど、女子それなりに登場。
B級モンスターパニックからガチ地獄からの逃避行、SF的なシナリオもあったりでとにかく予想の付かない分岐シナリオウリグロは控えめだけどガチ生理的嫌悪感に襲われることも。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
233 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 21:29:58 ID: gTpU1qxuPI
(さらにつづき)

学校であった怖い話 極:値段はるものの、万字越えのボリューム。カクつかず円滑に進めるためにはマシンスペックそれなりに要するものの納得の演出の数々は商業作越えと言って過言ではない。
年代は特定されていないが現代が舞台で『学校であった怖い話』のおなじみのり部たちを全から集めて話を聞くというスタイル。集会に辿り着くまでもシナリオは発生し、こっちは坂上日野先輩のあれこれがメインになる。現代が舞台なだけあってSNSなどネットのあれこれが題材になった話も多い。ただし、特別編同様難易度は高め。
小学校であった怖い話』など、シリーズ内からいろいろな作品のキャラゲスト出演するお祭りソフト的な側面もある。ちなみに立ち絵シルエットだが、一枚絵では顔を見せていくスタイル


取り急ぎはこんな感じで。
『学2』とか『レンタル家族』とか他に勧めたいのもあるんだけど今回は省略で。
現状分冊で展開してるシリーズについては完結してから評判を聞いてやるやらないを決めればいいと思う。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
234 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 21:32:59 ID: gTpU1qxuPI
そういえば新しくドラマCDが出るらしい(現在シナリオ執筆中)んで一応貼っておきます。
https://plaza.rakuten.co.jp/iijimatakiya/diary/201907090000/exit


坂上修一役  五十嵐優樹
倉田恵美役  日野まり
日野貞夫役  山口キヨヒロ

風間望役   風間勇刀
岩下明美役  野水伊織
新堂誠役   松風雅也
荒井昭二役  河本啓佑
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
235 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 22:07:13 ID: KajRHyHwkv
>>231
丁寧に説明ありがとう。とりあえず特別編+追加をやってみて、その後に極と新生に手を出してみることにする
236 ななしのよっしん
2020/05/10(日) 22:52:51 ID: m7LS5etqg6
SFCしかやっていないけど、このゲームほど良質なノベルホラーゲームを見たことがい。なんでここまで怖いのか?(特に人形小学生の頃に震え上がった)

り手が初対面で、良く分からないという不気味さ。7人が来ていない不安感。話を聞くときに部室とり手のお話の描写がオーバーラップし、現在現実)と過去(虚構?)が繰り返されていき、質問(選択肢)により世界に介入することで結末への責任を負わされる圧。最後に現実に虚構が侵入してくる怖さのせいなのか?どっかで分析してないかな?
シナリオ音楽、演出が秀逸なのは言わずもがな・・・。後世のノベルゲーム制作に反映できるはずだが。

急上昇ワード

2020/06/06(土)10時更新

おすすめトレンド