学校であった怖い話単語

ガッコウデアッタコワイハナシ

学校であった怖い話」とは、1995年8月4日バンプレストから発売されたSFCゲームソフトである。

開発元はパンドラボックス。 

   「それでは、始めましょう」

 

概要

ジャンルサウンドノベル。圧倒的なボリュームと個性的なキャラクター学校という身近な舞台設定が受け、好評を博した。後にプレイステーションソフトであるリメイク版の『学校であった怖い話S』、また同ゲームシナリオライター催するサークル七転び八転がりから出された同人ゲームアパシー 学校であった怖い話Visual Novel Version〜』などの生作品が存在する。プレイステーション版は2007年8月30日よりPS3PSPゲームアーカイブスで、スーパーファミコン版は2008年8月5日よりWiiバーチャルコンソールで、それぞれ配信されている。

あらすじ

新聞部所属の1年生である主人公は、ある日、部の先輩から次回の校内新聞の企画に参加するように言われる。それは、怪談ネタに事欠かない旧校舎が解体されるのに合わせて、学校の七不思議について取材しようというものだった。新1年生主人公先輩の命に逆らえるはずもく、流されるままに取材を担うことになってしまった。取材当日、新聞部部室には7人のり部が集められたはずが、そこにいたのは予定より一人足りない、6人の男女。どことなく不穏な空気が渦巻く中、7人り部を待たぬままに七不思議の会が開かれようとしていた。

ゲーム内容

画面に表示される文章を読み進め、要所で提示される選択肢に答えることで複数に分岐したシナリオを進めていく、いわゆるサウンドノベルタイプゲームである。プレイヤー高校の新聞部の新人・坂上修一(名前変更可。『-S』では女性主人公倉田恵美との二択)となり、校内新聞の企画である『学校の七不思議』の取材の聞き手として、学校の怪談を時には聞き、時には実際に体験していくことになる。

ゲームは6人のり部から一人ずつ順番に話を聞いていくことで進行していく。6人全員が話し終えると、6人に選んだり部によって7人り部が登場したり、なにがしかの怪奇現に見舞われる7話が始まり、これをクリアすることでエンディングを迎えられる。シナリオの内容は、り部を選ぶ順番と話中の選択肢により多様に変化する上、通常の進行では見られない隠しシナリオも多数存在し、SFC時代のゲームとしては屈のボリュームを誇る。かなりやり込んだプレイヤーでも、数年後、久々プレイした際に全く新しい分岐を発見し、驚かされることもある。

主な登場人物

新堂誠しんどう まこと
り部の一人。3年D組所属。強面な兄貴肌の青年で、どことなく不良っぽい貌と物を持つ。スポーツギャンブルといった男くさい話題から、都市伝説純愛話に至るまで、バリエーション豊富な話が聞ける。くせ者ぞろいで、展開次第では主人公を殺することもあるり部たちの中では、(あくまでも)較的安全な部類に入る人物。
荒井昭二(あらい しょうじ)
り部の一人。2年B組所属。うつむきがちな陰気な少年。物静かで落ち着いたであるが、昂すると危険な面があり、話中でも時たま狂気じみた思想をほのめかせることも。人間の暗い心理や妄執を、淡々としたり口で話すことを得意とする。1年生の頃にはサッカー部に所属していたという意外な過去がある。彼を6人に選んだ際に聞ける6話とその続きに当たる7話は、ファンの間では作中最恐とも言われる。
風間望(かざま のぞむ
り部の一人。3年H組所属。飄々とした、つかみどころのい性格の男子生徒。ナンパな言動の多いナルシストで、怪談る最中にも盛んにジョークを飛ばしたり、そもそもほとんどの話が怪談として成り立っていなかったりする。しかし、プレイヤーの選択によっては、彼のる冗談の様な話が現実に起こったりするので、なかなか侮れない。カルト的な人気があり、姉妹作である『』にもゲスト出演を果たしている。
細田(ほそだ ともはる)
り部の一人。2年C組所属。大柄で太めの体形の少年。穏やかで主人公に対して(時には度が過ぎるほど)友好的に接してくるが、どことなく粘着質な面が見え隠れする。彼のる話は、なんとその全てがトイレにまつわる怪談である。また霊感が強いと自称しており、体験談をったり、話中で実際に怪奇現に遭遇するケースも多い。
岩下明美いわしあけみ
り部の一人。3年A組所属。長い黒髪が特徴的なミステリアス女性。どことなく危険な雰囲気を漂わせており、冷静に見えても次の間には何をするか分からない怖さがある。彼女怪談恋愛絡みの話が多く、時には主人公に好意をみせることもあるが……。また『約束』『』『裏切り』といった、聞き手に実さをめるキーワードが頻出するのも特徴。強な個性から、作中でも屈の危険人物として扱われる一方、熱狂的なファンも少なくない。
福沢子(ふくざわれいこ)
り部の一人。1年G組所属。明るく邪気な性格の女生徒。一見、り部の中で最も常人に近いように見えるが、残酷な話や気持ち悪い話を笑顔のままサラリと話すような冷淡さや、あっけらかんとした狂気がある。怖い話バリエーションはかなり豊富だが、全体的にグロテスクな内容のものが多い。また、気まぐれで途中からまったく別の話をり出すことも。
日野貞夫(ひの さだお
新聞部の先輩。『学校の七不思議』の特集を企画し、り部たちを集め、主人公に聞き手を押しつけた本人。基本的には、交友関係が広く面倒見も良い頼れる先輩だが、分岐によっては意外な側面を垣間見せる。ちなみに某シナリオの某選択肢ではに狂って命を落とす結末がある(ガチホモルートとも言う)。
元木早苗(もとき さなえ)
1年G組所属。福沢子の同級生で友人の一人。一変わった性格と体質の持ち福沢怪談にたびたび登場し、選択肢によっては7人り部として登場する。
坂上修一(さかがみ しゅういち)
主人公。名前はデフォルトネームであり、プレイヤーの任意で変更可。新聞部所属の1年生。『学校の七不思議』の取材のため、り部たちから学校であった怖い話を聞き出すことになる。基本的には気弱で人畜無害少年だが、危機に陥ったり激怒したりすると、過で攻撃的な人格に変することも。
倉田恵美(くらた えみ
『-S』で選択可になった女性主人公坂上べると個性なキャラクターだったが、同人版の『アパシーシリーズでは、過暴走気味な性格として個性づけられる。

関連動画

ニコニコ動画では当初、姉妹作の『』とともに、ほぼ無編集プレイ動画が複数アップされている程度だった。その後、同シナリオライターゲーム四八(仮)』への登場人物のゲスト出演や、同人ゲームアパシーシリーズの一環としてヴィジュアルノベルバージョンでの復活などで注を集めたことで、徐々にMAD替え歌などの作品がアップされるようになった。

ニコニコ最古の学怖動画(推定)

初期のMAD作品群

その後、Revin氏による実況プレイ動画学校であった怖い話に屈しない』が好評を博した。このことで、ニコニコ動画全体においても大きく作品の認知度を上げることとなる。

学校であった怖い話に屈しない

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%80%96%E3%81%84%E8%A9%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

学校であった怖い話

208 ななしのよっしん
2017/10/01(日) 21:29:44 ID: fxS2yZ2H3O
裏技大技を見ながら隠しシナリオ2を出した時に気付いたんだけどこのゲームって
主人公の名前をデフォ坂上)のまま1周1回から大技の通りに隠しシナリオ2を出現させると名前を変更できなくなる」
ってバグない?実機で名前変更できないバグに襲われたんだけども
209 ななしのよっしん
2017/11/16(木) 23:51:48 ID: d/CHMBBRA2
>>204
>>205と被るが…
ライト層には好意的に受け入れられて新作(つきこもり)を作らせてもらえる程度には売れた。ホラーマニアの間ではパロディパクリ々でゲーム雑誌や批評誌なんかでかれてた。

ちなみに批評誌ってのは今でいうブログ批評レベルエッセイの寄せ集め雑誌で、ネットい時代は漫画アニメゲーム等のサブカルについてる雑誌や単行本が細出版社からちょくちょく出てたのよ。
210 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 11:45:45 ID: hWkTh+msV9
かしこんに魅的なり部たちなのにあんま絡まないのがもったいないよな・・
キャラ同士の掛け合いとかみたかったわ
211 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 21:34:13 ID: VdKCIIw16E
>>204
大手ゲーム雑誌では他のゲームと同じぐらいには取り上げられていたと思う、
けど特集組んだりとかっていうほどではなかった気も

リアルタイムではそこまで周りでは話題になっていなかったけど、
かつての2ちゃんねるレゲーではかなり盛り上がっていたね、よくも悪くも
ニコニコが誕生する前には既に知る人ぞ知るポジションだったように思う
212 ななしのよっしん
2018/07/05(木) 02:24:13 ID: UN5Mo/7PR3
友達実況パロディウス買ってが学怖買って
余りにも怖かったから
頼み込んで一時交換してくれるように頼んだ記憶あるな。
213 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 22:59:18 ID: KgtCMjg+/a
小学館から出てた小説はたぶん続編なんだろうけどそこそこ面かった。
玉ばあさん」が「学校の階段」としてられるところはニヤリとできたが、
これ初見大丈夫なのかと思った思い出。ゲームの方が面かったかな。
214 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 03:30:01 ID: 5CqavjokC3
時間制限付きのバトルロワイアル編がなかなか怖い
215 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 00:43:29 ID: mcyLuLp6Gi
>>212
怖い話タイトルについてるのに怖いの苦手で何で買ったんだw

>>214
殺人クラブは怖さよりその難易度で辟易したな。
ハズレ選択肢が多い中それ選んでも制限時間が減るので
初見クリア不可能だろう。
ネットい時代で死にまくりながらよく自クリア出来たと思う。
216 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 14:03:39 ID: WLrUTPKZEu
>>206
なんかあるっけ?
個人的にパッと思いつくのは3時の怪人だけど四八の片鱗って程ではない(風間は除く)。
217 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 17:52:03 ID: 8NAo1sX+pM
今もなお怪談ホラーフリーノベルゲーム界に影を与えてる一作
「何らかの事情で集まった人々が、それぞれオムニバス形式で怪談っていく」っていうノベルゲーム形式はもはやそれ自体が一種のジャンルになりつつある

急上昇ワード