学級崩壊単語

ガッキュウホウカイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

学級崩壊とは、荒れていて収拾がつかないことである。

概要

1997年以降から世間に広まり使われるようになった言葉。

そもそも学級崩壊という言葉は文部科学省やその関連機関公式に定義されているものではなく、メディアセンセーショナルな言葉として訴えるために使っていたもので、公式では「学級がうまく機しない状況」という柔らかい言い方になっている。これは、「学級崩壊」という言葉があまりにもセンセーショナルであり冷静さを欠く議論になりかねないという配慮かららしい。

では、「学級がうまく機しない状況」とはどんな状況なのかというと、子供たちが教室内で勝手な行動をして教師導に従わず、授業が成立しないなど、集団教育という学校の機が成立しない学級の状況が一定期間継続し、学級担任による通常の手法では問題解決ができない状態に立ち至っている場合」ということらしい。

つまり、「授業が成立しない状況」や「教師に対して暴力を振るわれる状況」などに陥っており、それを「も止めることができない」ような状況であれば、学級崩壊と呼ばれることになる。ただ、公式に定められている言葉ではないので、どう判断するかは多くの人が学級崩壊だと認めることくらいしかない。

ニコニコ動画においては、合唱動画メドレー動画などで「音が重なりすぎて聞き取れない」とか「収拾がつかない」とか「個人個人のが強すぎるような」動画タグとして付けられることがある。

主な学級崩壊のタイプ

以下に記載するタイプは、先生のための教育辞典ECUPEDIAの「学級崩壊って何?exit」という記事を参考にして区分したものです。文部科学省などが公式に定めたものではないので予めご了承いただきたい。

反抗型

児童や生徒が教師に対して、明確に何らかの反抗的な態度をとり示に従わない状態。一般的な学級崩壊はこれが多いはず。教師に対して暴言や暴力ふるったり、授業中に勝手に歩き回ったり外に出たりする状態に陥っているケースが多い。

非反抗型

反抗とは逆に表立った反抗はないものの、敢えてすぐには時事に従わなかったり、いちいちダルそうな態度を取ったりするような状態。教師からの注意があっても形式的にその場しのぎで従うだけで、影が亡くなってしまっているようなケースが多い。

内部進行型

表向きには示に従っているものの、見えないところではいじめなどの深刻な問題が深く進行しているような状態。いわゆる怖い先生とかのおかげで波は立たないように見えているが、人間関係が冷え切ってるようなことがある。この場合、ゆるい感じの教師に担任が変わると、爆発的に問題が噴出するケースが多い。

馴れ合い型

フレンドリー教師が担任であることで、反抗的な態度はないものの、教師示がなかなか通らずに児童や生徒のわがままが押しとおされてしまうような状態。教室の中心的な存在になっているグループが幅を利かせ、その影を担任にも行使しようするようなことが多く、担任の影が薄れているケースが多い。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AD%A6%E7%B4%9A%E5%B4%A9%E5%A3%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

学級崩壊

1 ななしのよっしん
2017/10/02(月) 08:08:44 ID: QsZTiiaETT
>>sm32009869exit_nicovideo
2 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 17:34:29 ID: 6vvaa/8QsV
そもそも、40人なり30人なりをひとつのに閉じ込めて同じく学ばせようという発想に理がある