孫峻単語

ソンシュン

孫峻とは、孫権死後の呉(三国志)において実権を握った歴史上の人物である。
曽祖孫静は孫の中では数少ない、大人しくて熱くもならず権欲もない人物であった。
曽祖は。

表に出るまで

彼の祖孫静の長子である孫暠(そんこう)。孫静息子有能かつ忠義を尽くした人物が多かったが、孫暠だけはそんなことかった。孫策が死んだ後に独立しようとし、虞翻に説得されて取りやめたものの密告され、生涯を閉されたまま終えた。

そんな曽祖に似ない祖を持った孫峻は、若いころから術や術に長け、決断のある人間として育った。
その決断められたのか、二宮の変においては孫権の相談相手として気に入られる。
こうして政変を生き残るどころか政変で権勢を得た孫峻は、孫権の臨終において後事を託される一人となった。

もっとも孫峻は後に孫魯班と密通を行う人物である。
彼女は孫和が疎まれ二宮の変が始まる原因を作った本人であり、下手をするとこの時点で既に二人で共謀していた可性もある。

諸葛恪と孫峻

孫峻は孫権死後を任せる人物として、諸葛恪を強く推薦していた。諸葛恪が権勢を得ることが出来た理由の一つには、孫峻の存在があることは間違いない。
このコンビ孫権死後、さっそく諸葛恪を排除しようとした孫殺して自分たちの権勢を固める。二宮の変を生き残ったこの二人の政治光栄において内政やらなんやらに役立つあの数値ではない)は恐ろしいものがあった。

幸いなことに諸葛恪は内政のほうの政治軍事に関する統率も高かったので、しばらくの間はうまくいっていた。
そのためか、孫峻も大人しくしていたようだ。
そんな諸葛恪だったがその性格がとなり、理やりに始めた合肥攻めで大敗して全に人望を失う。
焦った彼は更に権を自分に集中させようとし、孫峻の管轄である宮中の近衛兵にも手を出そうとした。
政治……というか政争の高い孫峻はこの機を見逃さない。孫亮に上奏して許可を取り(と言ってもこの時の孫亮の年齢では単に言いなりだっただけだろう)、宴会という名諸葛恪を誘い込んで殺する。
自ら諸葛恪とその配下をり捨てた所を見ると、武術の腕前は確かだった模様。

ちなみにこの際に多種多様な怪奇現が起こったことが記述されており、演義で全面的に採用されている。他にも『録』では暗殺現場に居合わせた孫亮混乱状態となっていたりと、この辺は本文・注問わず逸話に事欠かない。
そんな奇々怪々な暗殺劇だったが、孫峻は諸葛恪気で宴会を続けたという。少なくともこの時の彼は、諸葛恪を殺したことに何の引けも感じていなかったのだろう。

政争100

諸葛恪殺した孫峻は、かつて自分が諸葛恪推薦していたことなど忘れたかのように権を集めていく。
諸葛恪の一族や配下を殺したのはもちろん、二宮の変で太子されたものの生き残った孫和に難癖をつけて自殺させる。

こうして実権を握った孫峻は、諸葛恪と同様に専横を始めた。多くの人々を処刑し、この頃には孫魯班との密通もはっきり描写されるようになるなど、やりたい放題である(史書お得意の脚色もあるだろうが)。当然、元々ありはしなかった名は地に堕ちるどころか地中に埋まり、孫峻を排除しようとする動きが活発になる。

クーデターの翌年である254年、孫登の息子・孫英が暗殺計画を練る。もっともこれは孫和を支持する人々によるもので、孫英自身が関与していたかは陳寿裴松之で意見が分かれている。分かることはこれが事前に露見し、孫英が死に追いやられたこと。なお、孫登は諸葛恪と仲がよかったことも付記しておく。
2557月、孫儀が暗殺計画を練る。これはから来た使者との会見の席を利用して孫峻を暗殺しようというもので、もし行われていたらあまり誇ることのできる場面ではなかっただろう。だがやっぱり孫峻はこの動きを把握、孫儀は自殺。更に孫魯班の讒言により孫魯育とその子供も巻き込まれて殺される。
気付いた方もいると思うが、魯育は魯班の孫儀は孫静の孫である。ドロッドロとしか言いようがない。
もっともここで何よりも重要なのは、後に皇帝となる孫休が魯育の義理の息子であり、心中で恨み続けたことであろう。

ただ諸葛恪と親しくその縁戚でもあった滕胤はそのを評価したのか、罰しないどころか辞職を認めず昇進させた。滕胤と孫峻は性格が合わなかったが、いちおう共同歩調は取った。もっとも滕胤に与えられた権と孫峻が独占した権には圧倒的な差があり、決して並び立つ状態ではなかったが……

政治26(三國志11より)

こうして実質的にを動かすことになった孫峻の方針は、外征である。要するに諸葛恪を排除しておきながら諸葛恪と同じ作戦である。
さて、この頃のクーデターばかりだった。孫峻に才覚があればこの隙を突いて成果を挙げることは十分に可だった……というより、この時点の下を取れるとしたらそれ以外にはない。
が、結論から言うと孫峻には才がなかった。

255年、毌丘倹の反乱では火事場泥棒で寿を制圧しようとするも、動くのが遅く途上で敗走した文欽が合流してくる有様だった。むろん寿諸葛誕が制圧済みであり、撤退したものの追撃され留賛などの将を失う。
同年3月朱異に安南を攻撃させるも失敗。まるで駄な孫峻は、広陵を築いて北伐の足がかりにしようとする。
これは推測だが、諸葛恪が東でやったことを意識したのだろう。しかし、この完成することはなかった。
更にこの年は魃により民衆は餓え、将兵も度重なる失敗により不満を抱いた。

政争では諸葛恪を上回った孫峻だが、それ以外の点で勝る点は全くなかった。
政敵を排除したのに自ら政敵と同じ北伐を行って失敗したというのはある意味黄皓以上にどうしようない行動である。

諸葛恪、復讐する

こうして失敗し続けた孫峻だが、政争に長けるが故に内部の不満にはざとかったらしい。疑心暗鬼に陥る。
256年、文欽の献策を受けて州・徐州の攻略を行う。が、味方である呂拠が立形を整えているのを見て、呂拠に殺されると思い込み単身で逃げ出す。
帰ってきた孫峻は諸葛恪にぶん殴られる夢を見て病気になり、そのまま死ぬ。この頃には自分が殺してきた人間に対する罪悪感に押し潰されていたのだろう。死後になって彼らはようやく孫峻を殺すことに成功したのであった。

だが孫峻は死に際に、従兄弟にして実績がなければ位も低い孫綝孫チン、または孫リン)に跡を継がせる。孫チンは孫峻以上の無能であり、放置していた遠征軍にそのまま帰を出す。
困ったのは勝手に怯えられ放置プレイをされた挙句に帰れと言われた呂拠である。孫峻の命にこそ従ってはいたが、さすがに孫チンに従ってやる義理はない。何とかしようと動き始めたが、あいにく孫チンも政争100の持ちであった。

これからが本当の地獄だ……

三國志演義

演義では二宮の変が描かれないため、な登場は諸葛恪殺から。
史実と違い諸葛恪との仲が悪くなった滕胤と共謀して諸葛恪を討つよう上奏、孫亮オロオロするばかりである(もっともこの時の年齢を考えると当然であり、後に登場したときは聡明な人物として扱われている)。
諸葛恪殺を実行に移す際は「諸葛恪を抜こうとした時にはもう首が飛んでいた」「約がりかかってきたのを即座に回避して返り討ち」などそれなりに格好よく戦闘描写が書かれている。

その後はいつの間にか病死して孫チンがやりたい放題やっている。
孫チンクズっぷりを史実通りに発揮している(なんせこっちは登場時からいきなり人となりは兇暴とか書かれる)のに対し、孫峻は省略されている部分が多いので史実よりまともに見えなくもない。

光栄三國志

三流武官に三流文官と同じ知をつけた程度。義理が低く野望が高いので安心して使える人材ではない。
特筆すべきは顔グラで、関連動画を見ればわかるが三國志11のそれはどっからどう見ても凄まじい悪人である。
しかも格好よい悪人ではなく、一言で言えば汚物孫チンのほうがまだマシな顔をしている。

孫休汚物は消毒せねばならんな……」

関連動画

関連商品

孫峻に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

孫峻に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AD%AB%E5%B3%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

孫峻

10 ななしのよっしん
2015/01/15(木) 01:08:39 ID: ciaz0PUO+2
諸葛恪死後の軍事行動失敗で自信をくしていき、最後は疑心暗鬼に陥ったって言う解釈か。
呂拠の統率ぶりを見ただけで怯えたり、一度殺した諸葛格に殴られて恐れるって、
武術に長けて決断のある人間とはいうものの最後の方は小心者にしか聞こえない。
武官としてのはあるが身に余る野心で出来ない事までやろうとした感じと言えばいいのだろうか。
ただなぜ孫綝を後継者に選んだ?従弟とは言え親しい記述ってあったか?それとも孫静系統だからか?
専横しい諸葛恪を捨てて滕胤を立てたが、孫峻が孫の存続のために孫人間を採用したと思えない。

ちなみにKOEI三国志だが8での顔はキリッっとした若武者の顔なんだよね(の割に武51)。
んで6において政治61(参考:59-69-51-61-32、また政争者の参考に十常侍譲が96)。
を腐敗させたがゲームだけでも五丈原後のでは使える人材であって欲しいんだがなあ。
政争に強く武芸達者だから統率6570、武7079(最近合ってきているが)あたりで。
11 ななしのよっしん
2015/07/24(金) 22:55:41 ID: T4IZYgWDyl
コーエー三国志連中のパラを史実ベース定すると、史実よりはるかく滅亡すると思う
12 ななしのよっしん
2016/02/16(火) 18:16:02 ID: mIQ8hM8PEJ
あんまり史実とか正史とか言うと荒れる元だから言うのは止めた方が良い。
ただコーエー三國志だと孔明死後のシナリオじゃよりの方がキツイ感じがする。
13 ななしのよっしん
2016/04/05(火) 17:58:11 ID: VLA94WGTNf
日本史の人物に例えるなら藤原あたり?
14 ななしのよっしん
2016/05/07(土) 13:37:42 ID: onB2tQxUGl
藤原って無能どころか有能で性格も陽気で
トップ政治家として重圧と務で多忙な日々を送るうちに
理が祟って死にしたらしいから政争クズ孫峻と較べるのは失礼だろ
15 ななしのよっしん
2016/05/21(土) 01:20:29 ID: RUEuHuVb8T
孫静大人しいというよりの系統に同調しなかった。その息子の孫暠が孫策死後反乱しようとしたように、孫静の一族は独立不羈の気概があった。孫たちは孫権の君権が強まったため、く従ったと考えられる。幼が立ち、権臣が消えた状態で孫峻が専横したのは自然な成り行きだろう。
一方で病床の孫権諸葛恪推薦したことから、その時には彼に野心がなかったと思われる。諸葛恪を誅したあと滕胤を尊重したのは諸葛恪の失敗に学んだからか
積極的に北伐したのは権勢を高める狙いがあったにしても、孫権が戦わないと非難する人には多少は評価されてもいい
16 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 00:56:24 ID: Zf9f6qbmb0
評価はしないが、孫の陰謀を阻止して、孫亮に話を付けた上で(前漢の昭みたいに拒絶され話を漏らされるリスクもある)自らを振るって諸葛恪を殺したり、失脚可な滕胤とあえて共調したり、曲がりなりにも筋を通そうとはしていたみたいだけど、疑心で精が衰弱していき制御が出来なくなっていく、政争が深刻な時代の権者の悲哀を感じさせてくれる人物。
17 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 23:28:22 ID: SaWod7wily
>>13
個人的には足利義政
ないわけじゃないけど有能というわけでもない
全部解決しようとするんだけど途中から解決できなくなっていって
それが積もり積もって疑心暗鬼になっていき最後は神経すり減らして死亡
18 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 21:57:34 ID: LdYXvxTi8q
別に有能善人だったとまで言うつもりはないし、二度も暗殺を狙われたことからも血生臭さい人物であったかもしれないけど
孫魯班の全氏と孫静系皇族と縁戚にある人間を中心にそれなりに幅広く政権を構成していて、人材を使い潰すような真似はあまりしてないように思えるんだよね
同族でも露に優遇してるのは孫・孫くらいで

一方でその曲がりなりにも孫峻と協関係にあった人材を悉く始末して自分同様ペーペーの兄弟を高位につけた孫綝は本当にヤバい
孫峻存命時は偏将軍にすぎず、「自ずから後を継いだ」という記述もあって本当に孫峻が望んだ後継者なのかと疑いたくなる
19 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 11:58:11 ID: dgVqKLIt7L
皇帝孫亮体性を発揮しようがない以上代理人は絶対必要
お隣はその代理人から曹操の一族が消え去ってしまった結果司馬懿全に実権を握ってしまってる・・・
という状況だから孫の中でちゃんと孫利権を守れる、守ろうと行動する欲望を持ったを置いておく必要がある
って理由で孫綝白羽の矢が立ったって所じゃないかと
ただ孫峻孫綝に自分の地位をそっくりそのまま渡したわけじゃない
諸葛格をトップに立てて協しあってた頃のように
滕胤をトップに立てて協しあう体制を想定して託したのに
孫綝暴走したって感じなのかな