宇宙の騎士テッカマンブレードII単語

ウチュウノキシテッカマンブレードツー

宇宙の騎士テッカマンブレードIIとは、タツノコプロ製作OVA作品である。1994年に前期3話が、95年に後期3話がリリースされた。

宇宙の騎士テッカマンブレード』の続編。 

2012年9月18日よりニコニコタツノコ劇場にて公式配信開始。しかし、2015年4月30日をもって動画の配信は終了した。

あらすじ

連合宇宙203年。テッカマンブレードがラダム地球から一掃(第1次ラダム戦役)してから十年後。
ダムに取り込まれ素体テッカマンと化した人々の救出方法が発見され、次々と助けだされていった。
スペースナイツにてメカニックとして働く少女ユミ・フランソワもその一人。
彼女には憧れの人がいた。それは伝説の『魔人テッカマンブレード。 
ひょんな事からスペースナイツテッカマンに選ばれたユミは憧れの人に近づくため奮戦する。

概要

『陰気な大作』と呼ばれたシリアスな前作とは打って変わってテッカマンに憧れる美少女青春ドラマ的な作り(つまり今で言う萌えアニメ)な雰囲気であり、その作の違いに前作ファンは度肝を抜かし、黒歴史呼ばわりする者がいるなど否定的にられることが多い。
また、何の説明もしにDボゥイが復活していたりアキテッカマンになっていたために視聴者混乱も招いた(これらは後述の『幻の2年後』編にて補されているが、本編ではられていない)。 

しかし、売上が悪い訳ではなかったようで当初は前期3話分で終了する予定が後期3話分が新たに作られる事となった。
こちらは前作のようなシリアスな作となった他、新生スペースナイツ一の男性テッカマンであるダービッドを軸としたストーリー『幻の2年後』編を踏まえた設定が特徴で、一応の主人公であるユミは全に脇役と化している。
そのためか本作に否定的であっても後期3話は評価する、とる前作ファンも存在する。

なお、本作の戦いは設定では『第3次ラダム戦役』と呼ばれている。前述の通り、『第1次』は前作の事で、『第2次』は『幻の2年後』に当たる。 

ちなみに前作同様漫画版が存在する。作者メカデザイン中原れい。
前期3話のコミカライズであり前作の漫画版ほど作に違いはない。

登場人物

新生スペースナイツ

連合防衛軍

  • テッカマン
    今作でのラダム兵で、ダムによりテッカマンにされた異人の成れの果て。 
    こんな状態でも感情は存在しているらしく、それを知ったユミ達は一時期戦意を喪失する。
 <以下ネタバレ>

初期続編案『幻の2年後』 (第2次ラダム戦役)

初期案である正当な続編。前作同様の悲劇的な世界観を踏襲している。
内容は『ラダムの2度の侵攻』『アキテッカマン化』『Dボゥイの復活』などがられている他、『II』後期3話のある事件に繋がる要素も見られる。 

当初はこちらを『II』として制作しており、脚本も大体が出来上がっていたが、あかほりさとるの「前作と同様の雰囲気ではいけない」という一言によってあっさり没。
その結果本作が生まれる事となった。
一時期、パソコン通信サービスニフティサーブ』にてOVA制作スタッフの一人がこれらのストーリーを『ダム再び』と称して年表とともに開していたが、現在サービス終了に伴い閲覧不可。
現在こちらのサイトexitIE以外のブラウザでは表示がやや崩れる)から非公式な形ではあるが閲覧可ではある。 

特典映像MISSING LING』はこの話の一部を映像化した作品。

『ラダム再び』による、本作までのおおまかな流れ

その他

関連動画

公式配信

主題歌・BGMなど

スーパーロボット大戦では

スーパーロボット大戦W』にて初参戦。『I』との同時参戦でもある。
時系列は前作の十年後から前作の中盤の時期に入れ替えられた他、前述のユミの迷言名言に昇するなどで評価は非常に高く必見。 
また、リアクターボルテッカバランスブレイカーじみてるとしても評判である。 

関連商品

本編映像は前作のDVD-BOXに収録されています。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89ii

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙の騎士テッカマンブレードII

91 ななしのよっしん
2012/10/16(火) 19:15:06 ID: x/DiUvqtcp
まあ期間限定とはいえタダで見れた環境下にあるニコニコ
子供じゃあるまいし20年近く前の感情だけで未だにぐちぐち言うのもどうかとは思うけどな
苛政は虎よりも憎しとは言うけどもw
92 ななしのよっしん
2012/10/21(日) 15:21:10 ID: ZxVqcRiueZ
本文書いた人はリアルタイム世代じゃないんだろうけど、作
明るくなったから非難されたんじゃなくてエロを全面に押し出す
ようになったから非難されたんだよ。
本編でのミユキのテックセッターも非難GoGo!だったのに・・・。
全に悪あかほりが出てしまった。
93 ななしのよっしん
2013/04/08(月) 23:35:05 ID: 3ANX6FoC4E
個人的には初めて「別媒体補」や「後日談小説」に触れるキッカケとなった作品だから
いいところも悪いところも全部含めて感慨深い。

ドラマCDではブレード終盤の挿入歌「マスカレード」も収録されてて
確保も楽になったのが嬉しかったなぁ・・・。
94 ななしのよっしん
2013/08/28(水) 06:12:28 ID: Hb7fWLTul3
欠点は否定できないにせよWのライターはいいところも理解してたんだなあ
95 ななしのよっしん
2013/10/14(月) 01:41:58 ID: b4EA5NIW+i
せっかく知名度とか上がったんだし、MLの小説化(今更映像化は流石に理だろうから)や作品のリメイクとかやってほしい。
96 ななしのよっしん
2014/03/14(金) 06:32:11 ID: bEBDe1ybDG
ブレードやってからだいぶ時間がたってるがこっちも今度生放送でやるぞ
97 ななしのよっしん
2014/07/25(金) 20:50:28 ID: s9v6IsbZJP
この作品は好きじゃないけど、「仕様アキが好きなのはだけかな?元々熟女キャラが好きだし、前作とべて肌の露出が多くなったし、下半身がタイトスカートに靴はハイヒールってエロく感じるし、特に第2話のアキのテックセットシーンで、アキ太ももアップした時にはハァハァしたし。
98 ななしのよっしん
2014/09/27(土) 15:48:20 ID: gAd72kDqQG
まぁ、暗くしたくないって発想自体に問題はなかったと思うけど、の入れ所がエロだったのがねえ···
ただ、のおかげで良い題歌と色っぽいアキ手な戦闘が楽しめるから全面的な非難はできないな。
99 ななしのよっしん
2016/12/05(月) 00:50:32 ID: 20OKFEHJb7
>>92
ソース確認できんかったから記憶違いの可性もあるけど
昔ポリケロで冗談半分に「一世一代の作品を自信たっぷりに送り出したらセーラームーン話題持っていかれて心が折れた
って言ってたんだよあかほり

それが本当だとしたらすげぇ気持ちもわかるというか
そのトラウマからその後の作になったのかなぁとか思うんだ
100  
2019/05/26(日) 17:46:25 ID: pwYmqr5di1
地球テッカマンだからなのかが出てるのが気になって仕方ない。
あれは、あまり好みのデザインではないな。