宇宙戦艦ヤマト2199単語

ウチュウセンカンヤマトニーイチキューキュー
4.8千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

宇宙戦艦ヤマト2199とは日本を代表するアニメ作品の一つ、『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である。リメイクヤマトシリーズの第一作

概要

原作アニメが放送された1974年から38年後の2012年4月7日に第1章が劇場開された。また1年後の2013年4月7日に、MBSTBS系列日5にてテレビ放映が行われた。(一部劇場版と異なる編集が行われている)

4月7日は1作テレビシリーズ第一話冒頭でもられた、大日本帝国海軍戦艦大和沖縄への片特攻作戦中、米軍機の攻撃を受け鹿児島県坊の岬にて沈没した日である。

タイトルの「2199」とは、作品の設定年であり、物語設定は初代テレビアニメ版と同じであるが、『宇宙戦艦ヤマトIII』でSF設定協、『宇宙戦艦ヤマト完結編』で一部メカデザインを担当した出渕裕が総監督となり、制作が一新されている。

そのメディア展開は『機動戦士ガンダムUC』の展開によく似ており(バンダイビジュアル導という点も同じ)、まずは劇場開、次いでDVDBD発売という展開となっているが、こちらはあくまでもテレビ放映を前提とした製作であり、劇場上映も全26話を4話ずつ全7章に分けて開された

効果音等は柏原満氏のオリジナルサウンドを継承した形で再構成され往年のヤマトファン愛してやまないショックカノン波動砲ワープ音などか使われている。

音楽旧作版を作曲した宮川泰氏の息子である宮川彬良氏が担当したが、何と新曲以外は全て旧作版の耳コピで採譜するという気合の入れようである。

2012年3月より角川コミックスにてむらかわみちおによるコミカライズ漫画の連載が開始された。現在ニコニコチャンネル角川書店チャンネル電子書籍漫画誌『角川ニコニコエース』、角川書店ウェブコミックサービスコミックウォーカー』にて連載中。→宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
また豊田巧による小説版も3巻発売中である。

新作劇場版星巡る方舟BD/DVD好評発売中

2014年には劇場版総集編『宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海』と全新作の劇場版アニメ宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟」が上映された。
その後、続編として『宇宙戦艦ヤマト2202』が製作されシリーズ化した。

宇宙戦艦ヤマト2199追憶の航海

2014年10月11日に上映された総集編劇場版アニメ
宇宙戦艦ヤマト2199で追加・変更されたシーンを中心に構成されており、冥王星戦や発進シーン、帰還シーンダイジェストになっている等、大胆なカット立つ。また、一部設定や描写が変更されている。

七色戦の場面では25カットもの新規カットが追加され、コスモファルコンの着艦方法も描かれた。

宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟

2014年12月6日に上映された全新作の劇場版アニメ
詳細は個別記事を参照。→宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟

外部出演

俗にいうスーパーロボットの一切が登場しない本作だが、2017年に発売される『スーパーロボット大戦V』に参戦という衝撃の展開を見せる。
ただしあくまでスーパーロボットの有でのみ参戦可か否かが判断されていた作品であり、同ゲームプロデューサースーパーロボットが存在しないことで参戦を迷っていたことが明かされている。

スタッフ

キャスト

キャラクターデザインが変更され、旧作からのキャラ声優も総入れ替えである
(ただし、キャスティングされた声優の何人かは、旧作で別のキャラを演じている)。新キャラクターも多数登場。

地球 ガミラス
イスカンダル ガトランティス

登場キャラクターには、全新キャラクターのほかに旧シリーズ他作品で登場したキャラ(例:『さらば/2』の土方、『新たなる旅立ち』の山崎、『III』の平田やフラーケン)やその翻案キャラ(例:新キャラ山本玲航空隊隊員・山本明がベース女性キャラ)がいる。また、初期の「肌の色がくない」シュルツらをガミラス支配下の植民地出身である「二等ガミラス人」と設定したり、シリーズ中で2種の容貌をもつタラン兄弟として両方登場するなどシリーズファン向けの細かいネタも。

記事のあるハードウェア

地球 ガミラス

主題歌

OP主題歌:先行劇場公開・DVD/BD版

OP主題歌:TV放映版 

ED主題歌:先行劇場公開・DVD/BD版

ED主題歌:TV放映版

  エンディングレイアウト構成はマンガ家 麻宮騎亜が担当

 挿入歌

劇場版主題歌、エンディング

関連動画

各章PV

挿入歌

MAD

MikuMikuDance (ヤマトMMD) 作品

関連商品

BD

CD

 

書籍

プラモデル

関連リンク

公式サイト

公式ファンサイト

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%882199
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙戦艦ヤマト2199

1861 ななしのよっしん
2021/12/28(火) 10:42:19 ID: O0eAo2QWo+
基本良リメイクで嬉しかったけど
アナライザーが森雪せず佐渡先生を蹴飛ばしもせずも飲まないロボットになってたのが残念過ぎて・・・
1862 ななしのよっしん
2022/02/11(金) 13:59:47 ID: NirVFUwzE6
>>1861
確かに、アタマからお酒かぶって酔っぱらうロボットなんて、なかなか居ないよなあ。
他にもスカートめくりとか手癖も良くないけど、真田さんに並ぶほどの重要キャラクターと言うのがすごい
1863 ななしのよっしん
2022/02/12(土) 23:27:44 ID: O0eAo2QWo+
>>1862
ロボットならではのエピソードとして掘り下げはあったけど
旧作人間臭いロボットだったらそういう物語にも
むしろ迫真リアリティーが出ると思うんだ・・・
1864 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 00:10:23 ID: jZFexV66Om
>>1861-1863
つい先日の2205関連のチョーさんインタビューでそこらへん触れられてたよ
https://animageplus.jp/articles/detail/42118/2/1/1exit
「一見生きているように反応していても心がないという、何ともいえない悲しさを感じさせるところが好き」だそうだ
1865 ななしのよっしん
2022/03/30(水) 10:11:46 ID: PfX2m6k3De
そろそろ開から10年だけど第一章のPVは未だに見ても凄いワクワクする
初めて見た時はSEがオリジナルだってだけでも奮して最後の抜錨からショックカノン発射でもう感で全部見るって決めたのを思い出すわ…個人的に三式弾のSEを回想戦艦大和音から持ってきたのがホント最高過ぎる
1866 ななしのよっしん
2022/03/30(水) 13:11:37 ID: O0eAo2QWo+
>>1865
三式弾の大活躍はホントすきだ

個人的には
理にこじつけてでも
旧作の「戦艦大和改造艦」という設定は
堅持して欲しかったが

実体弾を撃ちまくるヤマトを見せてくれたのは
感謝の極み
1867 ななしのよっしん
2022/04/14(木) 23:31:20 ID: vT9gf4vCcl
大公時代の王政と拡大期の先軍政治しか体感していなさそうなガミラス人がどこで民主政を獲得出来たのか
1868 ななしのよっしん
2022/04/30(土) 11:51:04 ID: 3j77MxzETs
2199めっちゃおもろいな
2202は評判悪いけどこれ総集編とかないの?
1869 ななしのよっしん
2022/04/30(土) 20:57:36 ID: vT9gf4vCcl
「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択
って作品が宇宙進出から2202までのストーリーをまとめてるよ。
望みの総集具合かは分からないけれど。
2199以前の地球圏の宇宙戦を映像化してくれたのは嬉しい。
1870 ななしのよっしん
2022/05/05(木) 23:40:03 ID: UPdP5xLUb2
2205見てきたけど、2199名前と容姿まで設定されていたモブクルーカットされちゃったな。

メインクルーが増えたし、南部相原太田不死身トリオ台詞ほとんどかったぐらいだから仕方ないとは言え。。。