宇宙戦艦ヤマト2202単語

ウチュウセンカンヤマトニーニーゼロニ

宇宙戦艦ヤマト2202とは、アニメ宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編作品である。

  

この『』は、宇宙を壊す

概要

2016年3月31日公式サイトが設立された。
正式なタイトルは『宇宙戦艦ヤマト starblazers 2202 愛の戦士たち』である。なおstarblazersとは宇宙戦艦ヤマトの北再編集版のタイトルである。白色彗星帝国との戦いを描いた『さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち』『宇宙戦艦ヤマト2』のベースとした『宇宙戦艦ヤマト2199』の新たな物語を描いていく。

新たなスタッフとして『宇宙戦艦ヤマト復活編』にて演出、『宇宙戦艦ヤマト2199』にて絵コンテ、演出を担当し、『蒼穹のファフナー』『ブレイクブレイド』などで知られる羽原信義を新監督、『機動戦士ガンダムUC』『終戦のローレライ』で知られる小説家福井晴敏を脚本に迎えることとなった。
権利元からは"『さらば宇宙戦艦ヤマト』を原作とする"、"特攻エンドにはせずキャラを生還させる"、"泣かせて欲しい"と言う三点を尊守するように依頼されており、『宇宙戦艦ヤマト2』の要素を盛り込みつつも『さらば宇宙戦艦ヤマト』のテーマを現代に描いた作品として方向付けた。

また『宇宙戦艦ヤマト2199』ではセットデザイン、『宇宙戦艦ヤマト復活編』では副監督としてヤマトシリーズに関わってきた小林氏も今作にて副監督を務めることになった。なお、小林氏は副監督としてクレジットされているものの今作に登場する多くのメカデザイン背景美術も担当している。

他にも『宇宙戦艦ヤマト2199』でもメインスタッフであった、キャラクターデザイナー結城氏、メカデザインの玉盛順一郎氏、音楽宮川彬良氏の続投も発表されている。

皆川ゆか氏が執筆、コミカライズのむらかわみちおが挿絵を担当する小説版も発売中。

開前週から宣伝番組「の宣伝会議」もYouTubeバンダイナムコアーツチャンネルニコニコ動画公式コミュニティで配信されていたが、ニコニコ動画では途中から更新がされていない。 

 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
続編製作決定!!!

公開日

タイトル 開日
第一章『嚆矢篇』 2017年2月25日
第二章『発進篇』 2017年6月24日
第三章『純愛篇』 2017年10月14日
第四章『命篇』 2018年1月27日
第五章『煉篇』 2018年5月25日
第六章『回生篇』 2018年11月2日
第七章『新篇』 2019年3月1日

放送・配信

全7章による劇場限定上映の他に限定版通常版のBlu-ray及びDVDの販売、インターネットTVバンダイチャンネルでの映像配信が行われている。また、2018年10月5日よりテレビシリーズとして放送される。

放送局 放送開始日 放送時間 備考
テレビ東京 2018年10月5日 金曜 25:23
テレビ大阪 金曜 26:10~
テレビ愛知 金曜 27:05~

ストーリー(公式サイトより)

時に西暦2202年。 あの壮大な片16万8000光年にも及ぶ
イスカンダルへの大航から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年—。

コスモリバースシステム〉により、かつてのい姿を取り戻した地球は、
ガミラス帝国とも和条約を締結。 復の傍ら、防衛のためと
最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。

イスカンダルスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡へのを歩み始めていたのだ。

はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てに
ヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか?

宇宙穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航に誘う。

いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた——。

キャラクター紹介

ヤマトクルー

古代進CV.小野大輔
ヤマト戦術長。現在地球連邦防衛軍の第二護衛艦隊所属の「ゆうなぎ」の艦長を務めている。
沖田艦長スターシャの約束を反故にし軍備拡を一途をたどる現在地球連邦政府の方針に疑問を感じている。
森雪CV.桑島法子
ヤマト船務長。地球連邦防衛軍のチーフナビゲーター。古代とは婚約を結び、結婚を控えている。
今作では2199では明かされなかった過去についても描かれるとのこと。
島大介CV.鈴村健一
ヤマト長。現在地球連邦防衛軍輸送艦隊勤務。現在の防衛軍の方針に疑問を持ち軍から去ることを考えていた。
真田志郎CV.大塚芳忠
ヤマト副長兼技術長。現在地球連邦政府科学局所属。地球帰還後は波動砲の是非をめぐり古代と対立した模様。
彦左衛門CV.麦人
ヤマト機関長。ヤマト再建計画に携わる。
山崎奨(CV.土田大
ヤマト応急長。ヤマト再建計画に携わる。
榎本勇(CV.津田健次郎
ヤマト帆長。ヤマト再建計画に携わる。
南部康夫CV.赤羽根健治
ヤマト長。現在古代の下でゆうなぎ砲術担当として任務に就いている。2199でのかつてエリート意識や過や思想の抜けた立な士官になった模様。中の人も大喜びである。
相原義一(CV.國分和人)
ヤマト信長現在古代の下でゆうなぎの通信担当として任務に就いている。
山本玲CV.田中理恵
ヤマト航空科要員。今作ではスポーツアパレル「アンダーアーマー」社とコラボレーションが行われ、劇中のパイロットスーツなどにロゴが施されている。面基地で不在がちな加藤三郎隊長に代わってコスモタイガーⅠに搭乗し新人育成にあたっている。
加藤三郎CV.細谷佳正
ヤマト航空隊長。同じヤマトクルー原田真琴結婚長男が生まれたが、遊星爆弾症候群を発症しの療養施設に預けている。
土方竜CV.石塚運昇楠見尚己
国連宇宙間防衛総隊官。沖田の遺志と古代たちの意志をんで波動砲艦隊構想に反対した結果左遷。第11番惑星の外洋防衛師団の官の任についていたがガトランティスの襲撃に負傷。ヤマトに収容され客将として若手クルーを導く。
斎藤始(CV.東地宏樹
騎兵隊第5連隊隊員。2202年の時点で面基地の部下であった永倉志織と共に第11番惑星にて第7連隊隊長として警備任務に就いていたがガトランティスの襲撃にあい、孤軍奮闘していたところをヤマトに拾われ陸戦隊員としてニ十数名の騎兵隊員を揮する。
佐渡酒造CV.千葉繁
ヤマト衛生長の医官。大の好きで、ミーくんと言う名前のを飼っている。
森雪の密航に協するなど何かと頼られる人物。
アナライザー(CV.チョー
ヤマトの自立サブフレームで、AU09と言う正式名称があるが本人の希望でアナライザーと呼ばれている。に解析を担当するロボット

地球連邦政府、地球連邦防衛軍

九郎(CV.小島
2199の時にはヤマト計画本部長という文官だったが、現在地球連邦防衛軍の統括長官の職に就いている。
沢虎CV.玄田哲章
地球連邦防衛軍の統括副長。アンドロメダなどの波動砲搭載艦を就役させる<波動砲艦隊構想>を推進している。
山南敬(CV.江原正士
きりしま艦長。2202年には地球連邦航宙艦隊総旗艦アンドロメダの艦長に就任した。
ロバートレドラウス(CV.土師孝也
国連学術調団の団長を務める大学教授地球連邦政府の信認を得て太陽系古代アケーリアス文明遺跡調のために11番惑星を訪れる。
木透子(CV.甲斐田裕子
レドラウス教授の助手として11番惑星を訪れる。ヤマトに収容された後も佐渡先生の助手としてヤマトの航に参加する。めいた行動が立つが…(ネタバレ反転正体はガトランティスが送り込んだサーベラークローンスパイ。「純正体」と呼ばれる他のガトランティスクローンは違う存在、人間であるゼムリア人のコピーであり、彗星にいるサーベラーと共鳴をおこす。
鋼三(CV.池田勝
アルデバランの艦長。艦隊の自動化促進と波動砲艦の効果的運用を進めた人物であり、「マルチ隊形」の命名者。
安田太郎CV.ささきいさお
アポロノームの艦長。土星戦にてアンドロメダの脱出を支援した。
尾崎太郎CV.上也)
エンケラドゥス守備隊の官。山南と安田とは宇宙防衛大学同期生。
紀(CV.高垣彩陽
銀河の艦長。堂長官のであり、ガミラス戦争時のの死が思想と行動に影している。
神崎恵(CV.林原めぐみ
銀河の副長。紀を氏に渡り支える理解者。
瀬美奈(CV.玄田哲章
銀河の航長。腕の高性な義手への交換を願うなど危うい面も持つ。
日下部うららCV.小宮有紗
銀河の戦術長。科学者でもあり、AIの提案を冷静に再検証する。
ブラックアナライザー(CV.チョー
アナライザーをくした外見で、銀河の第一艦に配置されたAIユニット
アンドロメダ改にも同様のAIが配置されている。

ガミラス

クラウス・キーマン(CV.神谷浩史
ガミラス帝国地球駐在武官。階級は中尉パイロットしての腕も一級品の皮屋気質の青年将校。
バレル大使の密命を受け古代に接触する。また反乱出航したヤマトに合流。アドバイザーとして乗艦することとなった。
名字キーマンは旧作ヤマトよ永遠に」のアルフォン少尉の初期設定名でもあり本作でも重要な役であるとのこと。
ローレン・バレル(CV.てらそままさき
ガミラス帝国地球大使。ヒス副総統と同タイプ制服を着用している。
イリィ(CV.青木志貴
第11番惑星に植民していたガミラス人の少女家族と共に地球クリスマスを兼ねたフェアウェルパーティーに参加していたがそこでガトランティスの艦隊の襲撃に巻き込まれる。
アベルト・デスラーCV.山寺宏一
ガミラス“元”総統・・・のはずだが、何故かズォーダーからは総統と呼ばれている。宇宙瀕死の状態で彷徨っていたところをガトランティスに拾われた模様。“ヤマトへの執念”を買われ出撃するも彼の本心は別のところにありデスラーを慕う艦隊を合流しガトランティスと袂を分かつ。

帝星ガトランティス

ズォーダーCV.手塚
戦闘国家帝星ガトランティス大帝。今作では寡黙で哲学的な思想に浸る人物であるとされている。「」という言葉や概念を非常に重視している模様。テレサメッセージ地球へ向けられたと知り、太陽系侵攻のために兵を向けることを決心する。
シファル・サーベラーCV.甲斐田裕子
帝星ガトランティス丞相軍事・内政・運航のすべてをる。
ゲーニッツCV.梅津秀行
遊動艦隊長官。
バルゼー(CV.西村知道
第七遊動機動艦隊長官。
コズモダートCV.河相智哉)
ナスカ空母を旗艦とする前衛艦隊指揮官。11番惑星に攻撃を仕掛ける。
メーザー(CV.喜山茂雄)
第八機動艦隊の指揮官いカラクルム級戦艦に乗艦し、第11番惑星から地球に対してカラクルム級戦艦150万隻によるレギネルカノーネ直接攻撃を敢行する。
ゴーランドCV.山路和弘
ゴーランド艦隊指揮官。ゴストークミサイル戦艦の艦隊を率いてテレザートの守備している。
ノルと呼ばれる自身の幼いクローンを次期指揮官として息子のように鍛えている。
バイバルCV屋良有作
バイバル陸戦師団の指揮官メダル―サ級の船の大戦車を中軸とする陸戦部隊を率いる。
ミルCV内山
ガトランティス青年将校。ズォーダーと精的なリンクを有していてデスラーの監視役としてノイ・デウスーラに乗艦する。

その他

テレサCV.神田沙也加
宇宙に伝えられた伝説女神。現時点では「さらば」と同じのをまとわない姿で地球メッセージを送っている。彼女を得た者はどんな願いもかなえられるという伝説女神

メカ紹介

地球防衛軍

宇宙戦艦ヤマト
イスカンダルから帰還し地球コスモリバースシステムらせた後は休艦状態だったが、地球連邦政府の方針転換により海底ドッグで大装中。喫線のラインが変更され、パルスレーザーが増設された。波動砲も再装備され蓋も取り外されている。また微妙な違いだが艦カラーリング2199緑色から青色に変更されている。
アンドロメダ
地球連邦防衛軍の最新鋭宇宙戦艦。形式名は<Advanced Ability Armament-001>で前衛武装宇宙艦と名称された。全長は440mでヤマトより大のスケールを有する艦であり、復中の短い建造期間や異様に高い完成度に関して不明点も多い艦でもある。
玉盛順一郎が旧作パースが効いた決定稿と三面図を元にリデザインを手掛け、羽原監督が決定版と太鼓判を押している。
土星決戦後に修理装を行い、アンドロメダ改として再出撃した。
アルデバランアキレス
アンドロメダ級戦艦の2番艦(AAA-2)と4番艦(AAA-4)で1番艦アンドロメダの同艦。カラーリングがそれぞれ異なる。アルデバランカラーリングOVAYAMATO2520」の地球艦隊を彷彿とさせる。
アポロノーム、アンタレス
アンドロメダ級戦艦の3番艦(AAA-3)と5番艦(AAA-5)。艦上後部に艦載機発着区画が増設された空母空母部分に関しては玉氏ではなく小林監督が手掛けている。艦に「宇宙戦艦ヤマト復活編」の戦艦ブルーノアと同じ左右斜め前方への発進用の射出口があり24機の艦載機同時発艦が可となっている。艦載機搭載機数は180機。(戦艦は36機)
金剛宇宙戦艦村雨宇宙巡洋艦
ヤマト就役以前の国連宇宙軍のだった航宙戦闘艦。波動エンジンを搭載し間跳躍が可となり武装も強化された。ガミラス艦隊と共同戦線をっている姿が確認されている。
金剛改二宇宙戦艦艦首が小波動砲となっている。
レットノート宇宙戦艦
二章より登場する旧作における戦艦。全長は250mで同艦14隻とアンドロメダ級5隻が木星宙域にて演習を行っている。形式名は前衛航宙艦(量産型武装システムD1)であり拡散波動砲1基、30.5センチ3連装ショックカノン3基等を武装として備える。
トロール
五章より登場する巡洋艦。全長は188mで波動砲艦隊構想における軽装甲巡洋艦(旧作における巡洋艦?)の巡視仕様となる艦。小波動砲1基、小陽電子3基、魚雷発射管等の武装に加え、艦上部と艦底のレーダーシステム青色回転ホログラムによる信号旗表示と言った装備が特徴。
護衛艦
五章より登場する小艦。全長は11.3mで波動砲艦隊構想の一を担うフリゲート。小波動砲1基、小陽電子3基、魚雷発射管等を武装として備える。
コスモタイガー
名称は「試制艦載戦術戦闘機」で次期戦闘機として試作されたが量産に至らなかった機体。デザイン小林監督が手掛け、復活編のコスモパルサー旧作シーレス機の意が施された大複葉機となっている。劇中では山本玲が搭乗する。
コスモタイガーⅡ
名称は「1式戦闘攻撃機」でキャノピーが緑色な点以外はほぼ旧作そのままのデザインとなっている。通常のCGモデルに加え、名アニメーター金田伊功が手掛けたパースの効いたフォルムをオマージュした「バージョンK」モデルも存在する。また1往復のみだがワープ航法が可ブースターオプションで装備できる。
100偵察機
面で古代ガミラス大使館潜入に使用。ヤマト艦内にも引き続き搭載されている。
コスモシーガル
垂直離着陸が可な多輸送機ヤマト反乱に対する鎮圧部隊の輸送などに迷彩塗装の機体が登場する。こちらもヤマトに搭載されている。
キ8試作宙艇
星巡る方舟」で登場した探艇。こちらもヤマトに搭載されている。
二式間機動甲冑
騎兵隊用のパワードスーツデザイン小林監督が手掛けている。
武装は腕部にカノン。両肩にヤマトパルスレーザーオプションとしてコスモタイガー用のミサイルも装備可である。
波動実験銀河
ヤマト級三番艦。デザイン宇宙戦艦ヤマト復活篇DCに登場した波動実験ムサシに似ている。
地球期間後のヤマトより役を終えたコスモリバースシステムが移設されており、戦況の悪化に伴い兵器として投入された。
AIによる自動化が進んでおり、G計画発時にはAI揮の一部が委ねられる。初代艦長は紀。

ガミラス

ゼルクート級一等航宙戦闘
星巡る方舟」のシャンロウの模様に酷似したカラーリングの同艦が3隻以上就役している模様。対火焔直撃砲用と思われるシールド<<ガミラス臣民>>を展開しているが…。
また漆黒のゼルクート級がヤマトと対峙をする場面もある。
デスリア級航宙重巡洋艦
染みガミラス軍の重巡洋艦地球艦隊と協同で浮遊大陸奪還作戦に参戦している。
ルカピア級航宙高速巡洋艦
ガミラスの高速巡洋艦。こちらも浮遊大陸奪還作戦に参戦している。
クリピテラ級航宙駆逐艦
ミサイル武装とする高速駆逐艦漆黒塗装した同艦がゼルクート級と共にヤマトと対峙する。
間格闘戦闘機DWG262 ツヴァルケ
ガミラス戦闘機カラーリンングの機体がガミラス大使館に配備されており、キーマンが操縦する。
ノイ・デウスー
2199で辛くも分離したデウスーラ・コアシップベースガトランティスで建造された大戦艦
コズトークミサイル戦艦を彷彿とさせる大の船になっている。間物質輸送機デスラーを装備する"デスラーの分身”とも思える艦となっている。

帝星ガトランティス

メダルーサ級殲滅戦艦
星巡る方舟」でダガームが旗艦としたメガルーダの同艦。本作でも火焔直撃砲火力は健在な模様で地球ガミラス合同艦隊相手に猛威を奮っている。火焔直撃砲は原は滅んだ異種族文明から盗掘した武器であったが、メダルーサ級ともども量産化されている。
ナスカ級打撃航宙母艦
星巡る方舟」でダガーム率いるグダバ遠征軍に配備された「キスカ」の同艦。ガトランティス空母であり今作にも多数登場。
ククルカン級襲撃駆逐艦
前作から引き続き登場。機動性を活かした薄戦を得意とする高速艦。
ラスコー級突撃巡洋艦
同じく前作から引き続き登場。ガトランティス航宙艦隊の中核をなす巡洋艦
多数の速射輪胴のほかに、艦基部両舷に計10基のミサイル発射管を装備している。
前期ゴストークミサイル戦艦
本作初登場。PVで大ミサイルを発射している場面で初のお披露旧作惑星破滅ミサイルを搭載したゴーランド艦に相当する。ちなみにPV開された当初はラスコー級巡洋艦と思われていた。
カラクルム級戦闘
旧作さらば「2」の大戦艦に相当する大戦闘艦。全長520mとメダルーサ級やアンドロメダ級さえ駕する巨体を持つ。回転という火焔直撃砲とは異なる大威兵装を有する。ガイゼンガン兵器群という一般的な宇宙戦艦とは異なる兵器であることが示唆されている。
甲殻攻撃機デスバテーター
ガトランティス航宙艦隊の攻撃機。相も変わらず「カブトガニ」呼ばわりされている。
ニードルスレイプ
本作オリジナルメカ。劇中の地上の掃討で猛威を振る自立式小無人機。ガミロイドの技術が流用されている。
自滅攻撃艦イーターⅠ
本作オリジナルメカ。一見すると巨大なのような形をしており、文字通り相手に突き刺さったのちに自爆する特攻兵器。こちらもカラクルム級同様、ガイゼンガン兵器群という名が付いている。
ゼムリア
本作オリジナルメカ。名称不明。ズォーダー大帝ガトランティス兵の生き残りが惑星ゼムリアを飛び立った際の艦。ゼムリアの建造物に似た籠のような意と艦及び船体下部のヒレのような構造物が特徴的。

スタッフ

主題歌

オープニング

エンディング

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%882202

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙戦艦ヤマト2202

1299 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 18:10:54 ID: F526YS3K3w
こんなアニメにそこまで好意的解釈をしてあげるとか菩薩か何か?
1300 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 23:42:23 ID: PxJKcERfkB
2199戦闘シーンすぎる
なぜ22022199制作メンバーほぼ同じなのに2202あそこまで戦闘シーン微妙に出来るのか
適当に作ってももっとましになるだろ普通
1301 sage
2019/06/18(火) 09:09:02 ID: veeFkqE7tR
>>1300
末端は同じかもしれんが、
無能監督、自己中脚本、老害監督と、トップがひどいことになってるから……

方舟の絵コンテ2202絵コンテを見べれば密度の差が面いぞ。コンテだけで出渕がメカのどこを見せたいか、キャラのどこを見せたいか、頭の中で把握して描いているのがはっきりわかる。一方で2202絵コンテは本当にスッカスカ。何も考えないでただ流れだけで書いてるのが分かる。
1302 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 09:21:50 ID: pRryY9PFkd
ファンの質が酷いことになってるんだなぁヤマト
1303 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 09:27:13 ID: qjxYjL0vv2
新作出るたびにぼろぼろにこき下ろすのがわかってるファンのトレンドだからしょうがないね。本当はとっくに熱が冷めて自分が楽しめなくなっているだけなのに制作側の責任ということにして本当に作品が好きだからこその批判なんだと本人が思い込んでるんだからどうしようもない。
コンテンツってのはこの手の厄介のことだとおもうよ。
1304 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 09:38:07 ID: pRryY9PFkd
ガンダムとかと違って新しいファンができるようなシリーズでもないだろうしなぁ
もう懐古厨しか残ってないのか
1305 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 10:31:37 ID: zxmVmZzWsv
あんな大量の艦隊をデフォにしたのやっぱ失敗だったよなぁ・・・
太平洋戦争時の洋上戦ロマンを引き継いだはずのヤマトの作
三国志あたりの集団戦モチーフにした銀英伝ぽい物量は合わないよ
それを描くノウハウもないのに・・・
1306 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 17:32:29 ID: mYy1iLSlHS
>>1302 >>1303 >>1304 確かにファンの質下がってるな2202信者のせいで。
言っとくけど2202に失望してるのは2199から入った若者層の大半だぞ。その評判を聞いて2202から入った層すら失望しましている。
2199懐古厨やそういった冷めている人達がキャラデザ等でいていたが、放映後はそういったは終盤の変以外ど聞かれなくなり。劇場版コラボでさらに盛り上がっていった。たな層も増え、冷めていたコンテンツに久しぶりに火が入った。その熱は続編決定の報で最高潮になった。それに冷をかける形で世に出たのが2202だ。
この掲示板を遡れば分かるように初めは期待するが多かったが、それは章を追うごとに失望へと変わった。
1307 1306
2019/06/18(火) 17:44:30 ID: mYy1iLSlHS
ぶっちゃけ2202批判された理由はけものフレンズ2炎上事件とほぼ同じ。外での問題が副監督だけだったしいだてかったからあそこまで炎上しなかったが、内容の問題点はほぼ同じ。
2199からの設定と明らか矛盾するところがあり、作品もその信者2199への悪意を持ってるとしか考えられない。(2202信者は何かにつけて2199批判する)
というか副監督趣味ジャンルすらメチャメチャになった作品が面いと思うか?
ガンダムで言えばガンダムを名乗っていて、一年戦争直後の作品としながらモビルスーツにも宇宙世紀兵器にも似ても似つかないオリジナルメカ監督趣味跋扈ミノフスキー粒子かったことになっていてジオンゼントラーディになってるようなものだぞ。
1308 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 17:50:42 ID: 9AmSmrmhLA
>>1306
判る、2199からヤマトに入った友人が2202の一章見た時点で「……」になった。
結局頑って(耐えながら)五章までは一緒に見てたけどそこで全ギブアップ、方舟までで平成ヤマトは終了って切り捨てたからな……(も同じだが)。

急上昇ワード