守田英正単語

7件
モリタヒデマサ
5.7千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

守田英正とは(もりた ひでまさ、1995年5月10日 - )、大阪府高槻市出身のプロサッカー選手である。
ポルトガルプリメイラ・リーガスポルティングCP所属。サッカー日本代表

ポジションMFボランチ)。177cm75kg。利き足は右足。

概要

流通経済大学を経て、2018年J1リーグ川崎フロンターレへ入団しプロデビュープロ1年ボランチの定位置を掴むと、黄金期を迎えた川崎の中心選手の一人として活躍。以降、日本を代表するボランチとなっていく。2021年ポルトガルCDサンタクララへ移籍し、2022年からはポルトガル三大クラブの一スポルティングCPにステップアップしている。

日本代表にはプロ1年2018年9月デビューしており、その後として定着。2022 FIFAワールドカップカタール大会では初戦こそ怪で欠場したものの、その後の4試合全てにスタメンで出場。日本代表の「マエストロ」と呼ばれ、遠藤航とのボランチコンビは鉄板と言われ、代表では代えの利かない重要な戦となっている。

豊富な運動量でピッチの広範囲をカバーし、鋭い読みタックルカウンターの芽を摘み取り、確な配球やゴール前に飛び込むセンスも持ち合わせた近代的なボランチ。アンカーでもインサイドハーフでもプレーすることができる。

2019年1月モデル阪れいなと結婚している。

経歴

プロ入り前

3人兄弟の末っ子として生まれ、がいる。幼少期はやんちゃな子供で、はしゃいだり迷惑かけることをしたりして、しょっちゅう怒られていた。5歳年上のサッカーを始め、いつも二人でボールを蹴って遊んでいた。ちなみに両はともにテニス選手だったが、テニスをしていた。

幼稚園の頃には地元の高槻清水FCに加入し、本格的にサッカーを始めている。ポジションは当時から現在と同じボランチだった。小学生になるとすでに「サッカー以上のものは出てこないだろう」と考えるようになり、プロサッカー選手すようになる。

幼少の頃からガンバ大阪ジュニアユースのセレクションを受けるが、不合格となったこともあり、中学時代は進学先の高槻市第九中学校プレーする。このときの監督が非常に熱心であり、本人が一番サッカーに熱心に打ち込んでいたと振り返ったとおりサッカー頭した充実した三年間を過ごした。

高校は、が近くて、ある程度強くて、中学時代の1つ上の先輩が行った学校であり、練がないという理由で大阪高校へ進学。1年生のときから試合に出場はしていたものの、三年間でインターハイ高校選手権といった大会で全へ進むことができなかった。3年生のときは10番を背負っていたが、Jリーグへ進めるレベルには到達していないという評価を受け、プロスカウトどころか大学推薦ももらえなかった。プロの存在の大きさを痛感させられにぶち当たった三年間となった。

プロへのを諦めきれず、セレクションを1から受けたことで強の流通経済大学へと進学。最初はなかなか試合に出場できなかったが、3年生になると才が開するようになり、頭を現し始める。4年生になった2017年には「大学№1ボランチ」という評価を受け、関東大学選抜、さらにはユニバーシアード日本代表にも選ばれ、ユニバーシアード北京大会にも出場。複数のJクラブからもオファーを受け、7月27日川崎フロンターレの内定が発表され、特別定選手になる。12月インカレでは流通経済大を優勝へと導き、大会最優秀選手に選ばれている。

川崎フロンターレ

2018年に正式に前年度のJ1王者である川崎フロンターレへ入団。2月10日のFUJI XEROX SUPER CUPのセレッソ大阪戦で途中交代からプロデビューを果たす。4月14日J1リーグ第8節のベガルタ仙台戦で初スタメンを飾ると、そのままボランチのレギュラーを確保。技術の高いタレント川崎の中盤をいぶし銀として支えるプレイヤーとして評価され、川崎J1リーグ連覇に貢献する。

2019年から背番号が6に変更となり、チームとしてみなされていることを印付ける。プロ2年も開幕からレギュラーとしてプレーするが、開幕前の負傷の調子が上がらずにいた。しかも、6月17日川崎市内を運転中に「携帯電話使用等」による道路交通法違反で検挙され、運転免許が失効していたことが発覚。クラブから公式戦の1試合出場停止、制裁社会奉仕活動の処分が科される。この失態後も不調が続いたことでチーム内での序列が下がってしまい、大島僚太や田中碧レギュラーの座を奪われる厳しいシーズンとなってしまった。

2020年シーズン序盤も中盤の控えという位置づけだったが、復調してきたこともあって中盤の底であるアンカーに定着するようになる。この年の川崎記録的な強さを見せ、爆発的な攻撃で他チームを圧倒していたが、中盤の底でバランスを取りながらシンプルにパスを捌き、守備時は素い寄せでボールを回収する黒子する守田のプレーぶりはチームに欠かせないものとなっていた。12月16日の第33節浦和レッズ戦では、Jリーグゴール記録川崎王座奪回に大きく貢献し、初のJリーグベストイレブンにも選出。2021年1月1日天皇杯決勝ガンバ大阪戦でチームの初優勝ピッチ上で体感したが、この試合が日本での最後の試合となった。

サンタ・クララ

2021年1月8日ポルトガルプリメイラ・リーガに所属するCDサンタクララ全移籍することが発表される。慌ただしくポルトガルへ向かうことになったが、1月25日リオ・アベ戦でデビューを飾ると、試合終了間際には値千の決勝ゴールを決める。この鮮デビューチームの信頼を勝ち取ったことでに定着。シーズン途中からの加入にも関わらず20試合2得点という成績を残し、クラブ創設以来1部での最高成績を残したチームの躍進の立役者となった。

2021-22シーズンも開幕から中心選手となり、攻守両面で高いクオリティを発揮。試合を重ねるごとにメディアからの評価も高くなり、現地のサッカー関係者からは「中盤のマエストロ」と絶賛される。ポルトガルの3強からの関心も報じられるようになり、代表戦での往復があってもボランチのポジションは不動のものとなっていた。2021年12月30日のパソスデフェレイラ戦ではシーズンゴールを決める。2月28日の第28節ブラガ戦では自身プロになって初となる退場処分を受ける。そんな中、名門スポルディングCPへの移籍が間近になっていることが報じられ、クラブ側もこれを認める。ところが、本人がメディアを通して移籍願望をったことがクラブから問題視され、懲処分を受けてしまう。

スポルティング

2022年7月1日ポルトガルプリメイラ・リーガスポルティングCP全移籍することが発表される。契約期間は4年で契約解除は約63億4000万円。背番号は5。
ボランチのレギュラーだったジョアンパリーニャが移籍したこともあり、リーグ開幕戦でスタメンに抜される。8月20日の第3節FCポルト戦では、ラフプレーの多さで知られるポルトペペから顔面にかかと落としをされるという非な行為を受ける。自身初出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、強トッテナム・ホットスパーを相手の勝利に貢献。9月30日の第8節ジル・ビセンテ戦では移籍後初ゴールを含む1ゴール1アシストの大活躍を見せる。さらに、10月8日の第9節古巣サンタクララ戦では2試合連続となるゴール記録ワールドカップ後は体調不良でしばらく欠場するが、復帰後はチームとして高いパフォーマンスを維持。ポジションも従来よりも前で起用され、特にルベンアモリム監督から要された攻撃面で覚ましい進化を遂げ、最終的に6ゴール3アシストとキャリアハイ数字を残した。

2023-24シーズンは開幕から不動の中盤としての地位を手にしており、全にチームの中心選手となっていた。緻密な戦術を構築するアモリム監督にとってもインテリジェンスの高い守田のプレーは不可欠なものであり、絶対的な信頼を得るようになっていた。2023年10月8日プリメイラ・リーガ第8節FCアロウカ戦でシーズンゴールを決め、チーム勝利に貢献している。2024年2月29日のタッサ・デ・ポルトガル準決勝第1戦宿敵ベンフィカとのダービーマッチでは、的確なパスで攻撃を組み立てつつ、守備時には鋭い読みボールを回収するなどハイレベルプレーチーム勝利に貢献。この試合のMOMに選出されただけでなく、ブルーノ・フェルナンデスやマヌエル・ウガルテといったかつてのクラブスターから絶賛されている。

日本代表

2018年9月2日大島僚太と山口蛍が負傷によって招集を辞退したため、追加として日本代表に初招集される。9月11日森保一代表監督初陣となったコスタリカ戦で途中出場し、プロ1年ながら代表デビューを飾る。以降も代表のメンバーに定着し、2019年1月AFCアジアカップメンバーにも選ばれるが、怪のため離脱となり出場はわなかった。その後は川崎ポジションを失ったこともありしばらくの間は代表から遠ざかる。

2021年3月におよそ2年半ぶりに代表へ復帰すると、3月25日韓国戦で怪で辞退した柴崎岳に代わってスタメンに抜され、遠藤航とのボランチコンビが高く評価される。3月30日2022 FIFAワールドカップ2次予選のモンゴル戦でくも代表初ゴールを決めれば、5月28日ミャンマー戦で2次予選2試合連続ゴール記録遠藤相棒として監督からの信頼を勝ち取り、代表に定着する。最終予選では、スタートに躓いたチーム10月12日オーストラリア戦から中盤を3センターに変更したことで柴崎からレギュラーを奪い返す形になる。以降、遠藤川崎時代にコンビを組んだ田中碧日本の生命線となる中盤のトリオを形成し最終予選6連勝に貢献。日本の7度ワールドカップ出場の立役者の一人となる。

2022年11月2002 FIFAワールドカップカタール大会のメンバーにも順当に選出されるが、左ふくらはぎの負傷によってグループリーグ初戦のドイツ戦を欠場。第2戦のコスタリカ戦から復帰すると、残りの試合は全てスタメンとして出場。調整の遅れから本調子ではなかったが、中盤でのボール奪取でチームに貢献するなど見せ場は作っていた。

第2次JAPANでも遠藤とのボランチコンビは日本代表心臓として不動の存在となっていた。2024年1月カタールで開催されたAFCアジアカップ2023では5試合中4試合に出場(うち3試合にスタメン)。準々決勝のイラク戦では前半に個人技からDF3人をぶち抜いての先制ゴールを決める。しかし、後半に守勢に立たされたことで逆転負けを喫し、ベスト8で敗退。試合後、選手任せのチームのあり方について踏み込んだ発言をしたことで話題となる。
苦悩を吐露した守田英正の悲痛な叫び「考えすぎてパンク」「もっといろいろ提示してほしい」exit

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2018 川崎フロンターレ J1リーグ 26 0
2019 川崎フロンターレ J1リーグ 23 0
2020 川崎フロンターレ J1リーグ 32 1
2020-21 サンタクララ プリメイラ・リーガ 20 2
2021-22 サンタクララ プリメイラ・リーガ 28 1
2022-23 スポルティングCP プリメイラ・リーガ 29 6
2023-24 スポルティングCP プリメイラ・リーガ

個人タイトル

プレースタイル

常勝川崎フロンターレにおいては「川崎心臓」と呼ばれ、サンタクララでは「マエストロ」と称される。中盤の底であるアンカーがもっとも得意なポジションだが、一列前のインサイドハーフでも貢献できる。いわゆる6番と8番の役割をどちらもハイレベルでこなせるボランチである。

一番の特徴は低い位置でのキープであり、相手のプレッシングをいなすターンフェイントを得意としており、相手の逆を突いてパスを捌くことができる。さらにはプレー判断の高さも秀逸で、縦パスを送るにも周りの状況を考えて最適解の選択肢を選ぶことができる。パスを送ろうとした味方がマークされていると判断すると時に違う最適ルートを見つけ出す。

利き足の右だけでなく、左足でもパスを出すことができ、中短距離のパスレンジも広い。インサイドでもアウトサイドでもパスを出すことができ、バリエーションが豊富。最終ラインが相手のプレスに嵌っているときは、絶妙なタイミングで最終ラインまで下がってサポートに入る。

ポジショニングの的確さも特筆すべきものがあり、味方のボランチが列を下げてボールを受けに行ったときは列を前に移動してバランスを取り、パスワークスムーズにさせる。サッカーIQが高い選手とたびたび言われるのもこうした状況判断と立ち位置の必要性を理解できているからである。このあたりは川崎レジェンドである中村憲剛も大きい。

守備でも相手の起点を潰すが高く、デュエル成功率が高い。常に予測を立てながらポジションを修正できるのも強みで、日本人にありがちな闇にガツガツ相手に当たるだけでなく、あえて動かないことでスムーズマークする相手に寄せることができる。

著書

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

WhiteCUL (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: すずくろ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

守田英正

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 守田英正についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!