完璧単語

カンペキ
2.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

とは、至上の存在である。

概要

一切の欠点がないこと。一点の傷もないことをす。完壁は誤字なので注意。死語だが、完璧とパーフェクトを合体させてパーペキなどと呼ぶこともあったりする。

下の部分が土ではなく玉なのは、春秋戦国時代の故事にある宝物に由来するため。

小説漫画アニメにはよく完璧超人などとよばれるキャラクターが登場するが、メンタル的な問題を抱えていたり、表に出にくいところで実は弱点や弱みを抱えていたりとの意味で完璧と呼べるキャラのほうが少数かもしれない。まあそんなことしたら話を盛り上げにくいからね。

また、日常生活で完璧であろうとするあまり、ガスの元栓を締め忘れてないか確認する行為を繰り返したり、自分の決めたとおりに物事が進まないと一気に不安に陥る人もいる。完璧をすことは悪いことではないが、心労になるレベルまで突き詰めるとかえって疲れてしまうので、たまにはゆっくり休んでみたり、それでも不安ならば強迫性障害を抱えている可性があるので心療内科に行って医師の診断を受けるなど適切な処置が必要である。

故事

相如 王必人臣願奉璧往使 璧留 不入臣請完璧相如はく、「王必ず人くんば、臣願はくは璧を奉じて往きて使いせん。に入らば璧はに留め、入らずんば、臣請う璧をうしてに帰らん」と

史記廉頗藺相如列伝より

概要に上げた通り、これは中国春秋戦国時代における故事から成立した、故事成語の一つである。

前漢の官吏・司馬遷によって書かれた『史記』にその出典があり、引用した箇所より生まれた言葉である。

中原中国の中心部)の北部を領していたの王・文王は和氏の璧と呼ばれる宝物を手に入れていた。この宝は楚の卞和(べんか)という人物が、原石を見つけて楚との先王・武王に見せたところ、ただの石ころだと鑑定師に一蹴され、王を謀ったとして、楚王には右足、武王には左足を切られる刑に処された。卞和は悲しみのあまり三日三晩泣き続け、哀れに思ったのか、代替わりした文王が試しに磨かせると、たちどころに然とく宝玉となったというくを持つ宝物であった。

この玉は卞和の名から取られて、和氏の璧と呼ばれるようになったが、この重な玉を聞きつけたの昭王は「から15のをくれてやるから、その玉をよこせ」とに持ちかけた。この場合のとは々のイメージするというより、中世ヨーロッパでもよくみられるに囲まれたを意味し、それを15個もやるというのだから太っな話である。

しかし、考えてみればにその約束を守る保はない。後に中国全土を統一するは、この時点でも周辺諸が束になっても勝てるかどうかというほどの大に育っており、断ればひとたまりもないが、だからといってくれてやれば権威に関わる。対応に困った文王は廉頗や繆賢などの大臣を集めて議を持ったが、なかなか名案がでてこなかった。そこで大臣の一人である繆賢が、ある食客居候)を使者としてに送ることを推薦した。その者は、姓を、名を相如。後にの名臣となる人物であった。

藺相如(りん しょうじょ)は文王に召し出され、「私に任せていただければ、王が約定を違えた場合に一片の傷もつけずに、大王様(文王)にお返しいたします」と堂々と言ってみせた。文王は彼を信頼して、仮の直臣として取り立てた後、和氏の璧を持たせて藺相如へ向かわせた。

藺相如が、従者と共にの都・咸陽につくと、王・昭王の歓待を受けた。しかし、昭王は璧を受け取っても、群臣や寵に見せびらかすばかりで一向にの話を出してこなかった。

昭王の意を見きった藺相如は、「実は小さい傷があるのです」と王に申し出て、璧を貰い受けると、柱に寄りかかった。そして、に衝かせるほどのしい怒りを露わにし(怒髪天を衝くの)、「王は庶民ですら欺くのを恥とするのに、大の王がそれをするとは思えないと、私にこの璧を託していただいたのに、楚王のこの振る舞いは何事か! 王に礼をするというなら、自分の頭ごと璧をこの柱で叩き割ってくれる!」と言い放った。昭王は慌てて地図を持ってこさせて、渡すの位置を示そうとした。しかし、藺相如は惑わされずに、続いて宝物を受け取るための儀式として昭王に5日間身を清めるように言い渡し、その隙に璧と使者をに帰し、自らはに残った。

5日後に、昭王が藺相如に璧はどうしたのか尋ねると、「歴代の王が約定を守った試しはく、また昭王様の言葉にも意が見られなかったため、へ持ち帰らせました。を先に渡せば、が玉を渡すことには何のためらいもないでしょう。しかし、ここまでの礼の償いとして、私には死を賜りたい」と返答した。の群臣は口々に処刑を進言したが、昭王は藺相如胆ぶりに感心し、死罪にしたところでからの恨みを買うだけで意味はないと、は璧を渡さず、を渡さないという形に落ち着いた。藺相如は再び饗応を受けた後、事にへ帰還した。

こうして藺相如危機を、のメンツを保った上で見事にまとめてみせたため、文王から大いなる評価を受けた。そして、仮の臣から正式に直臣へと取り立てられ、「池の会」など数々の功績をおさめの圧を柔軟にかわし続けた藺相如の活躍がここからはじまるのである。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

完璧

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 完璧についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!