宗教2世単語

6件
シュウキョウニセイ
9.3千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

宗教2世とは、人を分類するときに使われる言葉である。よく似た言葉は思想2世である。

宗教2世の一部にはカルト2世という要素を含む人がいる。

定義

定義(広義)

と同じ宗教団体に入信した人のことを宗教2世という。

「広義の宗教2世」の3分類

「広義の宗教2世」は3つに分けることができる。

  1. 18歳(成人)になってから、と同じ宗教団体に入信した人
  2. 18歳(成人)になるまでの期間に、自らを監護しないと同じ宗教団体に入信した人
  3. 18歳(成人)になるまでの期間に、自らを監護すると同じ宗教団体に入信した人

1.は、「子が18歳になってから、が子に『自分と一緒の宗教団体に入らないか』と要請し、子がその要請に応じる」という例が考えられる。18歳になると子ども経済的な実が発生しており、の要請を拒否できることが多い。このため1.は強制性が低く、社会問題になりにくい。

2.は、「両離婚して、権を持った母親に監護されて暮らしている子どもがいて、その子ども18歳になるまでの間に父親が『自分と一緒の宗教団体に入らないか』と要請してきて、権を持つ母親の承諾を受けて子どもがその要請に応じる」という例が考えられる。自らを監護しないの要請は、自らを監護するの助を受けて拒否できることが多い。このため2.も強制性が低く、社会問題になりにくい。

3.は、「子が18歳になるまでの間に、子どもを監護するが子に『自分と一緒の宗教団体に入らないか』と要請し、子がその要請に応じる」という例が考えられる。18歳になるまでの子ども経済的な実皆無に等しく、自らを監護するの要請を拒否することが非常に難しい。このため3.は強制性が高く、子の人権を侵しやすく、社会問題になりやすい。

宗教2世というと3.を示すことが非常に多い。ゆえに3.のことを「狭義の宗教2世」と呼ぶことができる。

定義(狭義)

18歳(成人)になるまでの期間に、自らを監護すると同じ宗教団体に入信した人のことを宗教2世という。

本記事での扱い

これ以降の本記事では、「狭義の宗教2世」のことを宗教2世と呼ぶことにする。

2世信者という言葉

宗教2世とよく似た言葉に2世信者という言葉がある。

宗教2世の中には、「18歳になるまでの間に、自分を監護するによって理矢理に入信させられたのであり、自ら進んで信者になったのではない」と思っている人がいる。そういう人は、2世信者と呼ばれることを嫌う。2世信者という言葉は「信者」という言葉が付いていて、「自ら進んで入信した」という意味合いを含んでいるためである。

カルト宗教団体の宗教2世

宗教2世の2分類

宗教2世のなかにも2種類がある。較的に穏健な宗教団体の宗教2世と、カルト宗教団体の宗教2世である。

較的に穏健な宗教団体の宗教2世も・苦悩を抱えることがあるが、カルト宗教団体の宗教2世は強・苦悩を抱えることが多い。

社会問題としてクローズアップされやすいのは、較的に穏健な宗教団体の宗教2世ではなく、カルト宗教団体の宗教2世である。

このため、宗教2世といえばカルト宗教団体の宗教2世のことをすことが多い。

カルト2世

カルト2世という言葉がある。この言葉は、広義なら「と同じカルト団体に入団した人」という意味になり、狭義なら「18歳(成人)になるまでの期間に自らを監護すると同じカルト団体に入団した人」という意味になる。

つまりカルト2世は「カルト宗教団体の宗教2世」を含む概念である。

宗教2世とカルト2世について整理すると次の表のようになる。

非・カルト2世 較的に穏健な宗教団体の宗教2世
カルト2世 カルト宗教団体の宗教2世
カルト思想団体の思想2世

カルト宗教団体の教祖の子息も一応は「カルト宗教団体の宗教2世」に含まれる

カルト宗教団体の教祖には子息が生まれることがある。例えば統一教会教祖文鮮明の息子として知られる文孝進幸福の科学教祖大川隆法息子として知られる大川宏洋オウム真理教教祖麻原彰晃として知られる松本アーチャリー)である。

こういった人たちもカルト宗教団体の宗教2世に含まれる。

ただし、カルト宗教団体の宗教2世の大半は様々な苦労を味わうのに対し、カルト宗教団体の教祖の子息は大勢の信徒に囲まれてチヤホヤされて満ち足りた暮らしを楽しむことが多い。

このためカルト宗教団体の教祖の子息を単純に「カルト宗教団体の宗教2世」と呼ぶことは少ない。

宗教2世の苦労

苦労の分類

宗教2世は苦労をする。その苦労は、全ての「宗教信者を持つ子ども[1]に共通するものと、全ての宗教2世に共通するものと、カルト宗教団体の宗教2世に共通するものと、一部のカルト宗教団体の宗教2世のみに当てはまるものの4種類がある。それらを列挙すると次の表のようになる。

苦労 性質
1. 教団お金や時間を奪われることでそのしわ寄せが及ぶ 全ての「宗教信者を持つ子ども」に共通する
2. 宗教に頼るような弱い人と思われて名誉が傷つく 全ての宗教2世に共通する
3. 時間を奪われる 全ての宗教2世に共通する
4. 教団の規を課せられ、自由を制限される 全ての宗教2世に共通する
5. 社会的信用を失い、就職や恋愛結婚で不利になる カルト宗教団体の宗教2世に共通する
6. 宗教虐待(霊的虐待)を受ける 一部のカルト宗教団体の宗教2世に当てはまる

1.「親が教団にお金や時間を奪われることでそのしわ寄せが及ぶ」の解説

宗教団体は、信者に対してお金償労働を要して信者経済的な打撃を与えることがある。

宗教団体の手によって貧困化すると、その子どもにもしわよせが及び、子ども貧困化していく。周囲の子どもよりも装が貧しくなったり、お小遣いの額が減ったり、家事手伝いに忙殺されて友達と遊ぶ時間が減ったりして、過酷な体験をすることになる。

このことは全ての「宗教信者を持つ子供」に共通することである。

宗教団体の中でもカルト宗教団体は、「信者からお金を奪い取って教祖導者へお金を集中させよう」とか「信者に大量の償労働を課して教団の実を高めよう」という気が強い。信者は、高額の献や大量の償労働を課せられることが多く、貧困に苦しむことが多い。そうした信者に持つ子どもは苦労することが多い。

創価学会は、信者聖教新聞の配達業務をやらせることで有名である。配達業務の報酬は極度に安いか全くの無料かのどちらかである。聖教新聞の配達をする信者を「冠の友」という。創価学会信者は、本来ならば、の時間をアルバイトパートに費やして給与を得るか、の時間を休養にあてて英気を養うか、どちらかの選択肢を選ぶはずだった。しかし、創価学会聖教新聞の配達業務を押しつけられるので、受け取るはずのお金を失ったり、体力の消耗を招いて病気になったりして、貧困化が進むことになる。

統一教会に入信したは、布教ハンコの販売を教団から課せられていたので事を手抜きすることが多かった。自分は小学1年生のころから家族全員食事の支度をやらされていた」という意味のことをる宗教2世がいる[2]

2.「宗教に頼るような弱い人と思われて名誉が傷つく」の解説

全ての宗教2世は、に何らかの宗教を強制されることにより、子供社会における自らのイメージを低下させることになる。

子供社会は、強い者を尊敬して弱い者を軽蔑する気が漂う社会であり、強い者が上に立って弱い者が下に落ちる階級社会であり、強弱で決まるスクールカーストが存在する社会である。男子社会でも女子社会でもその傾向がある。

そういう社会の中で「宗教をやっています」と告白すると、「あいつは宗教に頼るような心の弱い人だ」と思われてしまい、嘲笑されたり馬鹿にされたりする可性がある。名誉や地位を失って所属するカーストが下がってしまう可性も発生する。

3.「時間を奪われる」の解説

全ての宗教2世は、に何らかの宗教を強制されることにより、教団イベントに付き合わされることが増え、自分の意思で時間を使うことを制限されることになる。教団に属しない友人との遊びや、学校部活動や、アルバイトといったことに時間を使いたいのに、そういうことが制限されてしまう。

4.「教団の規律を課せられ、自由を制限される」の解説

全ての宗教2世は、に何らかの宗教を強制されることにより、教団の規を課せられ、自由を制限されることになる。

カルト宗教団体の宗教2世は厳しい規則を課せられがちであり、宗教にのめりこんでいない多くの普通庭との差を感じて苦悩することが多い。

カルト宗教団体のなかでも統一教会エホバの証人は、宗教2世に対して過度に厳しい規を課して自由を厳しく制限する傾向が強く、宗教2世の人生灰色に染め上げることで悪名高い。

統一教会は宗教2世の恋愛を禁止し、合同結婚式に参加するように強要する。

エホバの証人は宗教2世に対して異教徒の友達と交流したり恋愛したりすることを許さず、恋愛戦闘・偶像崇拝の要素が入った漫画アニメを許さず、スポーツ観戦を許さず、クリスマス会・お誕生日会への出席を許さず、運動会応援合戦への参加を許さず、クラス会における選挙投票を許さず、校歌国歌を歌うことを許さない。

5.「社会的信用を失い、就職や恋愛や結婚で不利になる」の解説

カルト宗教団体は、「自分たちだけが正義で他の全ては悪魔である」という選民思想を秘めていることが多く、周囲に対する攻撃性が高い。

このため、そうしたカルト宗教団体に所属したことがあるだけで社会的信用を失い、警され、恐怖され、ドン引きされ、就職や恋愛結婚で不利になることが多い。

6.「宗教虐待(霊的虐待)を受ける」の解説

カルト宗教団体は、不安や恐怖煽り立てることが上手い。

カルト宗教団体の中の一部は、「ハルマゲドンがやってくる」といったような終末論を唱えて信者の不安と恐怖煽り立てることを得意としている。エホバの証人崇教真光顕正会終末論を唱えることで悪名高いカルト宗教団体である。こうした団体の宗教2世は、判断が低い子供のうちに終末論を吹き込まれるので、恐怖で心が支配されて、中に恐怖覚めるなどのPTSDに悩まされることがある。

カルト宗教団体のなかでもエホバの証人は規を破った宗教2世に対する体罰で有名である。幼い子どもを出させ、子どもに「お願いします」と言わせ、手・ベルトゴルフグリップ・靴べら・ガスホースゴムホース・電コードムチ・布団叩き定規などの手段で子供叩きいた後に子供に「いてくれてありがとうございました」と言わせる。しかも、そうしたことを教団の幹部が推奨する。

ハルマゲドンが発生する」などの恐ろしい教義で脅し、規に反したことを理由として体罰などの虐待を行う事を宗教虐待レリジャス・アビュース Religious Abuse)とか霊的虐待スピリチュアル・アビュース Spiritual Abuse)と呼ぶことがある。子供宗教虐待(霊的虐待)を行っていた場合、これは一種の児童虐待になる。

宗教2世を発生させることの法的な問題点

18歳未満の子どもは保護者に反抗しにくい

宗教2世とは、18歳(成人)になるまでの期間に自らを監護するに要請されて自らを監護すると同じ宗教団体に入信するはめになった存在である。

18歳未満の未成年は、経済的な実皆無に等しい存在であり、自らを監護するに反抗することが非常に難しい。「の言うことに背くと食事を与えられなくなってしまう」などの恐怖に直面し、の要請に従うことになりやすい。

統一教会の宗教2世の中には、小学生の時に統一教会の教えに背いたせいで最大で3日間の断食生活を強いられた者もいるという(動画exit)。ちなみに、18歳未満の未成年に対して保護者が食事を与えないことは児童虐待ネグレクト)とされ、児童虐待防止法第2条の3exitで禁止されている行為である。

子どもの「信教の自由」を侵害している

経済的な実を持つが、監護する18歳未満子どもに対して優越的な地位を濫用して宗教団体への入団を強制することは、子どもの「信教の自由」を侵する行為であり、重大な人権である。

信教の自由は8通りに分けられるが、その中には「消極的信仰の自由(信仰をもたない自由)」と「消極的宗教的行為の自由宗教上の儀式などを行わない自由)」と「消極的宗教的結社の自由宗教団体に参加しない自由」の3つがある。

宗教2世は、宗教団体への入団を強制されることで消極的宗教的結社の自由を直接的に奪われる。そして宗教団体の活動に付き合わされて消極的宗教的行為の自由も繰り返し侵される。さらには信仰に反した行動を懲罰されることで消極的信仰の自由も押さえつけられる。

ちなみに日本間接適用説を採用しているであり、憲法が私人同士の争いに適用されることがありうる。私人といえども憲法全に無視することができないである。が子の「信教の自由」を侵する行動をした場合に、その行動民法第90条を通じて憲法違反とされて効となることがあり得る。

宗教2世問題への対処法

宗教2世問題は重大な人権問題であるので、その解決に向けて取り組む必要がある。本項ではいくつかの有な手段を挙げる。

子どもに「信教の自由」があることを教科書や政府広報で周知する

教科書政府広報で「子どもには『信教の自由』がある。『信教の自由』には『消極的信仰の自由(信仰をもたない自由)』と『消極的宗教的行為の自由宗教上の儀式などを行わない自由)』と『消極的宗教的結社の自由宗教団体に参加しない自由)』が含まれる」と繰り返し、世間一般に周知する。

このことは意外と知られていないようであり、宗教2世を扱う表現作品で作者によって強調されることが少ない印がある。ゆえに、政府の精的な広報活動が必要である。

教科書検定するのは文部科学省である。文部科学省を担当するのはもちろん文部科学大臣である。

政府広報内閣府が行う。内閣府を担当するのは内閣総理大臣である。

このため、「宗教2世を苦しめるカルト宗教団体の支援を受ける政治家を文部科学大臣や内閣総理大臣の座から外す」という政治的な運動が有効であるとする者もいる。

児童虐待防止法を活用する

児童虐待防止法exitという法律がある。この法律活用することで宗教2世の発生をある程度抑制できる。

2022年10月6日に、厚生労働省は「信仰を理由にした行為でも児童虐待に当たる行為はあり得る」との通知を出した(記事exit)。

逆に言うと2022年10月5日以前の日本は「信仰を理由とした行為は児童虐待に当たらない」という判断がまかり通っていただったことになり、非常に異様な体制の国家だったということになる。「2022年10月5日以前の日本は、子どもという弱者の人権無視してという強者の人権のみを重視する国家だったのであり、強者が弱者を虐げる階級社会だった」と表現せざるを得ない。

2022年12月27日の厚生労働省指針

2022年12月27日になって厚生労働省子ども局長が「宗教の信仰等に関係する児童虐待等への対応に関するQ&A」という針をまとめ、全地方公共団体に通知した(ツィートexit大臣会見exit概要版exit本編exit通知本文exit)。

この針において、「基本的な考え方」として、「背景宗教の信仰があったとしても、保護者が児童虐待定義に該当するものを行った場合には、児童の安全を確保するため、一時保護等の措置を含めた対応を講ずる必要がある」と明確にした。さらに「児童虐待への該当性を判断するに当たっては、Q&Aで示す例示を機械的に当てはめるのではなく、児童や保護者の状況、生活環境等に照らし、総合的に判断する必要がある。また、その際には児童の側に立って判断すべき。」と児童の人権を重視する姿勢も強調した。

さらに「児童虐待行為は、暴行罪、強制わいせつ罪、保護責任者遺棄罪等に当たり得るものであり、保護者以外の者が保護者にこれらを示・唆したりする行為は、これらの罪の共同正犯、教唆犯、助犯が成立し得るため、なく警察告発を相談すべき。」と述べ、宗教団体の幹部が信者に向けて「子ども体罰を与えなさい」と教唆したときに警察応援めることも強調した。

児童虐待防止法exitの第2条では児童虐待定義しており、第1項で身体的虐待、第2項で性的虐待、第3項でネグレクト、第4項で心理的虐待定義している。それに合わせて、宗教の信仰に基づいた児童虐待のあり方を例示している。

概要版を参考にして表にまとめると次のようになる。

身体的虐待
  • 宗教活動へ参加することを体罰により強制する
  • 宗教的行事に参加している中で、に話を聞いていなかった等の理由でく、で打つ
  • 長時間にわたり特定の動きや姿勢を強要する、深夜まで宗教活動等への参加を強制する(※心理的虐待ネグレクトも兼ねる)
心理的虐待
  • 言葉や映像、資料により恐怖をあおる・脅す、無視する、嫌がらせする、児童本人の自由な意思決定を阻する(※ネグレクトも兼ねる)
  • 交友や結婚の制限のため脅迫や拒否的な態度を示す、友人等を「敵」「サタン」等と称する
  • 童話、アニメ漫画ゲーム等の娯楽を一切禁止する、宗教団体等が認めたもののみに限る
  • 他者の前で宗教を信仰している旨の宣言を強制する、特定宗教を信仰していることが客観的に明らかとなる装飾品等を身につけることを強制する
  • 言葉等により恐怖をあおる等により宗教布教活動等を強制する
  • 宗教布教活動への参加を強制するために脅迫や拒否的な態度を示す、友人等を「サタン」等と称する
  • 合理的な理由なく、宗教等の教義を理由に高校への就学・進学を認めない(※ネグレクトも兼ねる)
  • 大学への進学、就学に関し、言葉でおどす等により禁止すること
  • 児童のアルバイト代、高校大学等への進学のための奨学金等を取り上げ、本人の意思に反し、明らかに児童の生活等につながらない的に消費する
  • 適切な養育や教育機会の確保等を考慮せず、様々な学校行事等に参加することを制限する(※ネグレクトも兼ねる)
  • 奉仕活動や宣教活動(修練会、セミナー、聖地巡礼等)への参加などにより、児童の養育を著しく怠る
  • 言葉による脅しや無視する等の拒否的な態度をとる等により進学や就職を制限
性的虐待
  • 教育と称し、年齢に見合わない性的な表現を含んだ資料を見せる・口頭で伝える
  • 宗教団体の職員等に対して、自身の性に関する経験等を話すように強制する(※ネグレクトも兼ねる)
ネグレクト

この針により、カルト宗教団体の信者がその子ども児童虐待することを大きく抑制できる。

エホバの証人崇教真光統一教会といった諸団体の幹部が児童虐待を教唆することも抑制できる。これらの団体は、この針に相当する児童虐待をするように教団幹部が信者導してきた過去がある。

各種のニュースサイトにおいて、この針についての報道が行われた(毎日新聞1exit毎日新聞2exit日本経済新聞exit読売新聞exit)。

宗教2世を扱った表現作品

本項では宗教2世を扱った漫画小説報道記事・テレビ番組などを紹介する。

漫画

小説

報道記事・テレビ番組など

2022年7月8日安倍晋三射殺事件が発生した。この事件は宗教2世が加害者となったものであった。この日から社会的状況が大きく変化して宗教2世に焦点を当てた記事が急増したため、ここへの個別の列挙は控える。

関連商品

関連リンク

相談窓口

Wikipedia記事

関連項目

脚注

  1. *宗教信者を持つ子ども」は、から信仰を強要されず宗教2世にならずに済んでいる者と、から信仰を強要されて宗教2世になっている者の2種類が存在する。
  2. *小川さゆり(仮名)のTwitterにそのことが書かれている(資料exit)。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宗教2世

59 ななしのよっしん
2023/03/25(土) 10:08:17 ID: 6XfThPt5Rn
これ一部カルトアンチ活動の具になってるだけの粗雑な概念にしか思えない。
曹洞宗三世で神道15世だぞとか言われても、「いやいやそういうのは当てはまらない」っていうのならその線引きは一体なんなんだよ。
カルトにしか関係ないというのなら単にカルト2世といえばいいし、宗教二世とか言うと極めて悪質な宗教攻撃を含んでしまうし、こんな粗雑な概念は使わない方がいいと思うな。
👍
高評価
2
👎
低評価
4
60 ななしのよっしん
2023/04/18(火) 05:14:14 ID: A2f9wDtfK/
幼いうちに家族や周囲が信者にするのは他の人も言ってるけど合う合わないはどうしてもあるんだし何かやり方変えられないのかな
良い方法思いつかないけど成人または一定の年齢になって役所で本人の意思確認する前と後で別々の分類とか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
61 ななしのよっしん
2023/05/11(木) 09:51:10 ID: UL1klnPz7F
>>59
問題有の線引きは大体>>58で問題ない。
宗教二世」という言葉で血縁性を問題視しているかのような誤解が生まれるのなら、言い換え補は「宗教による自覚の子供弾圧問題」とかかな。
👍
高評価
3
👎
低評価
0
62 ななしのよっしん
2023/05/21(日) 17:27:44 ID: /DweN70KWf
>>lv341191492exit_nicolive

👍
高評価
0
👎
低評価
0
63 ななしのよっしん
2023/10/08(日) 18:29:13 ID: HnPriWuwsi
自分は宗教二世なんだけど、母親に連れられた宗教イベントであんまり話したことない中学異性同級生たまたま会ったの未だに思い出すくらいめちゃくちゃインパクトに残ってる
恋愛漫画家だったらこの設定で一本描き切るくらいの衝撃だった
👍
高評価
1
👎
低評価
1
64 ななしのよっしん
2023/10/19(木) 21:13:01 ID: b3P+xWWXKo
イスラム教じゃよくやることらしいね
場合によってはまともな教育環境を与えないし、暴力的なのが立つのもうなずけるかな
👍
高評価
2
👎
低評価
0
65 ななしのよっしん
2023/12/01(金) 14:59:29 ID: BoeHHDs1o6
子供を支配、コントロールするのに最適な手法
👍
高評価
1
👎
低評価
1
66 ななしのよっしん
2024/03/25(月) 23:06:52 ID: lCVQl1ah7T
結局、被害者団体を立ち上げただけではマスコミも動かない
安倍晋三を○した結果、を大きく動かせたうえに他の宗教団体でも輸血拒否、児童虐待明らかになり、今までタブーだった宗教問題が一気に動いたと思ったわ
最近は活動に嫌気をさした神社神社本庁から離脱する事例も増加傾向

手段については賛同しかねるが山上也ただ一人がやったことはかなりデカいと思う
👍
高評価
3
👎
低評価
2
67 ななしのよっしん
2024/03/25(月) 23:12:50 ID: /fRJ1xkudT
まあ神社本庁からの離脱については内部での対立も理由としては大きいらしい
ただ、山上也が起こした事件がこの問題を大きく動かしたのは紛れもない事実だろうな
👍
高評価
3
👎
低評価
2
68 ななしのよっしん
2024/05/22(水) 22:53:13 ID: /ATh7Iv+cP
山上ねぇ
減刑嘆願書送るとか一部の二世の動きも大概だとは思うわ
社会被害者ぶって逆恨みで殺人犯す阿呆を同じ宗教二世だから擁護するとか、遇が恵まれないからって何してもいいわけじゃねぇよ
👍
高評価
0
👎
低評価
3