官渡の戦い単語

カントノタタカイ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

官渡の戦いとは、三国志における前半最大の見せ場である。ちなみに中期はで、後期は関羽死亡の樊の戦い、
劉備惨敗の夷陵の戦い、そしてかの有名な諸葛亮の北伐と言えるだろう。

概要

西暦200年と言う、何とも切りの良い数字でかつ中華中原地域の覇者を決める重大な戦いである。
当時、中原地域(河と長江の間にある地域)を支配していた曹操と、河北(河以北)を支配していた袁紹
共に勢が均衡し、ついには両者雌雄を決せざるを得なくなる時がやってきた。それがこの官渡の戦いである。
、領地で勝る袁紹。数多の人材を集め、その質に定評のある曹操
勝った方が相手の領土を手に入れ、中華最高の勢を誇る事となる、いわば歴史ターニングポイント
両者とも、決して負けられない戦いであった。

戦局

まず先に動いたのは袁紹であった。文を発し、兵を集めた袁紹曹操へと宣戦布告をする。
そしてこの時に先鋒に出たのが、音に聞こえた猛将顔良。演義では関羽曹操の将として戦慄の登場をする、の戦いである。
緒戦のの戦いにおいて、顔良曹操軍に破れ戦死。またその後、軍を引いた曹操を深追いした文醜が倒れ袁紹軍はその二枚看を失う事となる。
しかし、二枚看を失ったといえども袁紹軍は強大で、未だその勢いは衰える事を知らなかった。
袁紹は圧倒的な兵を活かした圧迫形でついに曹操軍を官渡砦に押さえ込む事に成功。ここに戦況は着する。
領地の関係上兵站の量に差があった曹操営は、徐々に食料が底を突き始め、一時は撤退を考えるまでにまで追い込まれた。

さて、もが袁紹勝利を予想していた中、この状況を変化させる者が現れた。名を許攸袁紹軍の元軍師である。
袁紹に献策を却下されるなど不満がたまって居た彼は、曹操営へと投降。袁紹軍の兵糧庫の場所を教えた。
曹操軍はこれを打ち破り袁紹軍の兵站を大きく破壊。これにより軍の維持が困難となった袁紹軍は敗走し、三国志前半における最大の合戦、官渡の戦いは曹操勝利で幕を閉じた。

 

豆知識

なお、実はこの敗戦直後の段階では、未だ袁紹の方が勢は大きかった。
これを疲弊させ、ついに曹操に倒されたのはひとえに後継者騒動による物が大きい。
この事柄は後に曹操の後継者を決める際にも引き合いに出された。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%98%E6%B8%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

官渡の戦い

37 ななしのよっしん
2019/01/27(日) 15:38:34 ID: x2Vp87oqza
直接的には後継者争いだから、に見えて始まったのはそれでいいと思うよ
ただ、遠因は袁紹の存在そのものにあるんだが…
だから袁譚が絶対に優先されるべきなんてそんなわけがない、重臣が推した方が後継者だ!決定権は俺達にある!という袁紹配下どもの思考回路は、袁術袁紹の争いがそういう経緯をたどったせいが大きいから
よく袁紹が後継者を決めなかったと言われるが、どっちかと言うと袁紹に決定権があるなどとは臣下どもが全く思っていない
38 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 10:53:58 ID: OIve99bu1t
官渡の戦い自体はすごいな曹操、どうやって勝ったんだ? というものだけど、袁紹の勢拡大はそれ以上にすごいな袁紹、どうやってここまで勢を拡大したんだ? って案件だからね……。
まる訳ないんですよ、本来頼みにすべき冀州族は潜在的な敵(韓馥粛清で関係が最悪になった)だし、自分の味方は出身も思想もバラバラだしで。なにしろ河北定以前から腐敗がひどい。董昭が追い出されたのも権闘争の結果によるものだから。荀彧も案外袁紹個人よりこの腐りきった臣団の実態を嫌悪して逃げたのかも知れない。
それでもこんなまりのない連中を少なくとも河北統一までは導いて官渡でも勝利寸前にまで持っていったのだから袁紹の剛腕については否定出来ない。普通はその前に空中分解している、というか公孫瓚に攻められた時点で滅亡している。
39 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 13:12:30 ID: V1sTNL4SH/
そもそもこのご時世の督相続って極めて流動的だからなあ
陶謙息子って徐州刺史になっちゃいないし
劉表息子督を継いだのは重臣蔡瑁達に擁立された琮だし
孫堅の跡を継いだのも孫策ではなく孫賁で孫策はあとから実で従えた
その孫堅の孫死後に有を言わさず従えさせた。
さらに孫策の跡を継いだ孫権の時も孫暠のような不穏分子がいた
曹操臣団だって曹丕曹植督は揉めてる。

劉備劉禅みたいな穏便な相続の方が極めて例外じゃね?
督相続は揉めるもの、くらいの方が普通だと思う
40 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 00:02:19 ID: WAvDkimixt
途絶えた袁氏本家の後継は譚
傍流である自分(袁紹)の後継は尚

そんでもって年齢的にも格的にも実的にも袁尚が袁譚に優越するところはない。袁譚が袁尚に順々と従う理はない。後漢書の後継者問題における審配の挙動として「遂矯紹遺命,奉尚為嗣。」とあり、「遺命を矯めて袁尚に立てた」=「本来ならば袁譚が継ぐことになっていた」と取った方が自然

よく言われる後継問題の責任袁紹にはない
41 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 01:12:49 ID: WAvDkimixt
この場合区別すべきなのは
督相続」

遺産相続」

袁紹督は袁尚へ、袁紹遺産は袁本家の袁譚へ。なぜなら南の袁氏の基盤が壊れて「袁紹資産」=「本家の勢基盤」になったから。少なくとも当面はこの必要がある
もそのつもりだった
そこにチャチャをいれたのが審配らで、遺命偽造して遺産袁紹督相続者の袁尚に集約しようとした。袁尚を傀儡としようとしたからだ

また上のことを踏まえてみれば三国志の「緣紹素意,奉尚代紹位。」も説明がつく。たしかに袁紹は袁尚を督相続人にしようとしていたのだから、ではない。
しかし、袁紹遺産を継ぐというのは袁紹の遺志ではなく、それを審配らは「矯めた」のだ。三国志はそれを書かない。
三国志では袁紹優柔不断な人物として描こうとしている。袁尚の遺産相続を袁紹が望んでいたように書く。後継問題の端を袁紹に担がせるための筆であることは明であり、優柔不断袁紹創作するためのものである
42 ななしのよっしん
2020/08/23(日) 18:17:18 ID: VGmCMrErHo
本文の、「前半最大の見せ場が官渡」「中盤は」「後半は樊・夷陵」までは異論はいのだが、そこに並べる価値が諸葛亮の北伐にあるだろうか?
演義ベースなら演義ベース関羽千里行などの「演義的見せ場」が外に腐るほどあるし、正史ベースなら上に並べた数々の戦いに並べるほどのもんではない
43 ななしのよっしん
2020/08/26(水) 15:18:15 ID: aTc3VJm5U0
結局兵差いくらなんだろうな。曹操州・州・・徐州と袁紹の冀州・州・并州・州で最低3倍の兵差ははあると思うんだが。

いろんな学説あるけどだいたいどの説も動員できる兵曹操1-4万、袁紹10-14万のうちいずれかになってる。
44 ななしのよっしん
2020/08/31(月) 17:59:39 ID: lY+WxM6V2e
荀彧が撤退に反対した件も、記事に入れて欲しいね。

荀彧の洞察と信念が弱気になっていた曹操カツを入れ、
守勢から攻勢に体制を変更させたという点で、
戦いの転換点の一つと言って良いであろう。
45 ななしのよっしん
2020/11/14(土) 01:38:46 ID: 8nM7r0Y5Ur
>>43
曹操は領内統治が上手くいってないので兵差はもっとあると思う。
徐州は言わずもがな決戦前に劉備を戴いて離反。
州も程昱の話から同調者が少ないのがほぼ確定。

袁紹の外交政策のおかげもあり、曹操袁紹だけじゃなく劉表孫策にも防備を回す必要あり
10倍の兵差というのもあながち間違いじゃねーんじゃない?

桶狭間の戦いもそうだけど、敗色濃厚な前評判で負けそうな側につくなんてしれてるよね。
46 ななしのよっしん
2020/12/29(火) 21:55:25 ID: W3/qwbNDwZ
>>43
裴松之摘してるし巾降して兵隊30万、男女万を手に入れてることを考えるとさすがに1万ということはないと思う
劉備離反前から曹操河北まで袁紹領に攻勢をかけてることを見るとそんなに兵差はないのでは

急上昇ワード改