定金伸治単語

サダカネシンジ

定金伸治とは、「でひっそりと生きる妖精」「カリスマイソギンチャク」などと自称する日本小説家である。

概要

1971年大阪府河内長野市出身。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。

高校生のころに書いていた小説「ジハード」を、たまたま見かけたJUMP j BOOKSの「ジャンプ小説ノンフィクション大賞[1]」の要綱に合うようにリライトして投稿したところ、見事に入選。ペンネームではなく本名で応募しての受賞だったため不良たちに気づかれてしまい襲撃におびえる日々を送ったと述懐している。

デビュー作「ジハード」は第三回十字軍の時代をイスラム側に身を置く西欧人ヴァレリーを主人公に配して書き上げ、JUMP j BOOKSで11冊(後に出版された一般文庫版では6冊)という大作になった。
イスラム側の名将サラーフ・アッディーンという設定のエルシードメインヒロインとなるのだが、作中で「幼児体」「外見は少年」といった描写が再三されていたのにもかかわらず、挿絵担当の漫画家山根和俊は全に描写を視した「バイバインのナイスバディ」な女性に描き上げていた。なおタフガイである定は、ギャップに対して苦言を呈するどころか毎回感謝の発言を出していた。(実情のところはイラストの選定は担当に全て任せていたということなので、特に文句をつける気にはならなかったのだろう。)
この件を2000年代に流行していたテキストサイトちゆ12歳exit」が取り上げ、ちょっとした話題になった。

「ジハード」の時点で割と露呈していたのだが筆は遅い方で、「四方世界の王」は打ち切り未完となってしまった。

乙一松原真琴と親交があり、三人でトルコ旅行に行ったさまを「とるこ日記」としてまとめて出版した。

プロレスをこよなく愛し、好きなプロレスラーとして小橋建太を挙げているが、小橋引退後のプロレスに対する態度については調不足により不明である。

作品リスト

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *ジャンプ小説ノンフィクション大賞→ジャンプ小説大賞→ジャンプ小説新人賞と変遷している。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%9A%E9%87%91%E4%BC%B8%E6%B2%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

定金伸治

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 定金伸治についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!