宝石単語

ホウセキ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

宝石とは美しく、希少性があり、耐久性のある鉱物の事である。

ニコニコ大百科に記事のある宝石の一覧については鉱物の項を参照のこと。

概要

宝石とイシュタル

宝石としての定義は希少性があり、美しく、モース硬度が7よりも高い天然鉱物す。例外としてオパール珠、サンゴ等は硬度が7以下であっても美しさと希少性から宝石として扱われる。珠は生体鉱物と呼ばれることもあるがほとんど炭酸カルシウムの塊、サンゴに至っては動物であり、人間主観的な評価も混じったかなりざっくりした定義と言える。

現在発見されている鉱物は数千種類存在するが、宝石と呼ばれるものは数十~数種類ほど。磨けば鉱物はいろいろあるが、そこらへんに転がっているものは希少性が低いため宝石とは呼ばれない。俗にパワーストーンとして加工販売されてる鉱物などは、めちゃくちゃ大きいものが数百円で買えたりする。

宝石は天然石と人工石に分類される。天然石とは人工的な加工を使わず、自然界で作られた石。人工石とは天然石と同じ成分、構造を人工的に作った石。又、原石に研磨だけが施された自然に近い石でも天然石としているので、何らかの処理をした石も天然石として扱われることもある。

宝石の中で硬度が10あるダイヤモンド元素記号炭素と同じCである。石言葉は「永遠の、純潔、不屈」等。その高いモース硬度から加工が難しかったが、ダイヤモンドダイヤモンドを美しく削る技術が確立してから価値が高まった。

トランプダイヤマーク)はひし形をしているが、あれはダイヤモンドが正八面体の方向に割れやすい性質(劈開性)を持っているから。加工が難しかった頃の名残である。

英語ではジェム(gem)、ジェムストーン(gemstone)、ジュエル(jewel)、プレシャスストーン(precious stone)などという。

ドラゴンと宝石

ドラゴン(ドラゴンズクラウン)

ファンタジー世界では、ドラゴンが宝石やを好み、時には食料とする描写がなされることがある。狩猟民族的性質が強い西洋では「火を放つ略奪者」や「打倒され財宝をもたらす者」として描かれる事が多いようだ。

北欧神話に登場するドラゴンファフニールファーヴニル)の名は「抱擁するもの」の意であり、財宝を抱いて眠るイメージから来ている。

フランスに伝わるドラゴン、ヴィーヴルは宝石の瞳を持ち、上半身は人間女性、下半身はの姿をしているとされる。これと同一視されることもあるギーヴルというドラゴンは冠をかぶったの姿で描かれ、これを打倒したミラノの領ヴィスコンティ、ひいてはミラ章になったり、アルファロメオのエンブレムになったりしている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%9D%E7%9F%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宝石

1 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 20:53:23 ID: yDDJho2Pca
宝石何でしょうか?
JewelJewsの石でしょうか?
彼等石なのでしょうか?
ですが彼等…何のき持ちますか
それはあまり覗えない
彼等は地上にきますか
それは人類社会に蔓延る
Jews何企んでいますか

急上昇ワード改