実相寺昭雄単語

ジッソウジアキオ

実相寺昭雄とは、日本映画監督テレビディレクター脚本家小説家である。

概要

1937年3月29日生まれ、東京都出身。妻は女優の原知佐子。

日本特撮界の巨匠にして、ポルノ映画界の怪物。

ウルトラシリーズを中心に、他と一線を画す独創的な特撮映像を作り出したことで有名。
「エキセントリック」「前衛的」など、その作を表す言葉は様々である。
天才』とも『問題児』とも言われた、とにもかくにも強な演出であった。 

一方、ピンク映画世界においても、押しも押されぬ変態監督として名を馳せた。
な性描写と、それをむような色調やカメラワークで映し尽くす彼のピンク映画は、非常に衝撃的な映像体験である。
が、登場人物のモノローグだけで申し訳程度に物語を進行させたり、説明臭い会話ばかり使ってしまったりと、演出的には褒められたものでない部分もある。これは、ピンク映画に限らない。

2006年で死去。享年69。

前史

1959年早稲田大学卒業外務省勤務を経てラジオ東京(現:TBS)に入社。演出部に配属され、演出の第一歩を歩み始める。

音楽番組やテレビドラマの演出を手がけていたが、スチー写真の多様、唐突なインタビューの挿入、過度にアップや引きを多用する、ラストシーン突然暗転させてを降らせるなど奇抜な演出を多用したため、TBS上層部や視聴者から抗議や苦情がよく殺到した。
しかし、この奇抜な演出を円谷英二は評価していた

この後、英二の息子で、当時TBSに勤務していた円谷一の口添えもあり、TBSテレビ映画制作セクションであった映画部に異動することとなる。ここに籍を置きつつ、外注先への派遣という形で円谷プロダクションの作品にも演出として関わることとなっていく。

1970年TBSを退社。映画監督として独立。盟友である美術監督池谷社長とする映像制作会社コダイグループを設立。

作風 

本編においては、小具・大具越しに登場人物を映す構図が有名。特に篭と食器が大好き。
また、役者を正面や横から取るのを嫌っているのか、ひたすら斜めから映りまくる。そして、時にはレンズを用いて凄まじい接写を行い、かなりんだ映像を作り出す。
これらの特徴だけで恐らく、実相寺の作品であると見分けが付く。

また、照明の使い方が非常に独特で、人によっては「邪」と見なすほど。
特に後期において、シチュエーションに沿っているかどうかは二の次で、まるで心風景のような強を作り出すことを優先している。何気ないアパートの一室で、やらやらの照明なく用いている。
時には凄まじい逆光の中で撮影を行うこともある。これは、後述の『故郷は地球』などで顕著に見られる。

ちなみに、役者に関しては基本的に興味がなかったようで、演技よりも画作りにひたすら集中していたという。
逆にピンク映画を作っている間の、性行為のシーンにおいての演技導、というより役者への注文はかなり細かかったらしい。

特撮においては、線を用いた決着を避けることが多かった。

ウルトラマン 

初めてメガホンを取ったのは、ウルトラマン第14話『防衛』であった。
珠を餌にする怪獣ガマクジラを醜く肥った怪獣として描き、美しく上品なイメージ珠と醜い怪獣の対ストーリーに取り入れようとした。
見る人によってはガマクジラは充分醜い怪獣だが、当時の実相寺がめていたのはまだまだこんなものではなかったようだ。

同作品史上でも異色として知られる第23話『故郷は地球』では、に見捨てられた悲壮な怪獣人間)・ジャミラを登場させた。
むような・色調の中、ジャミラの悲壮な運命が明らかになって行く本編描写が特徴的で、特にラストシーンにおいてのイデの独が有名。

そして、エキセントリック余り円谷プロを追い出されかけたのが、第34話『の贈り物』であった。
全体的にギャグ調に描かれているこのエピソードでは、科特隊の面々が、カメラに向かって一列に並ぶ「家族ゲーム」にも通じるような構図でカレーを食べている中、怪獣スカイドンが出現する。
ここで実相寺は、慌てたハヤタがスプーン変身しようとするというシーンを作り出した。

これが円谷プロ内のベテランスタッフの怒りを買い、ひと着起きてしまったようだ。 

ウルトラセブン

全に追い出されてしまったのが、ウルトラセブン第8話『狙われた』。
モロボシ・ダンメトロン星人による“ちゃぶ台シーン”が生まれたエピソードである。

撮影当時は、実相寺を含めてスタッフ一同大笑いしながらこのシーンを作り上げたそうだが、放映後になって、海外輸出を視野に入れているのに何でちゃぶ台なんぞ出したのだとプロデューサーから大目玉を喰らい、本作及び同時撮影だった第12話『遊星よりをこめて』(現在欠番)放送後しばらく、ウルトラセブンに関わらせてもらえなくなってしまった。

なお、ちゃぶ台シーンだけでなく、夕焼けを背にして対峙するセブンメトロン星人映像人気である。

番組終盤、怪獣ブーム衰退に伴う番組の視聴率低下と予算削減の影により「をかけずにそれなりの画が撮れるから」と呼び戻され、第43話『第四惑星悪夢』・第45話『円盤が来た』で再び監督を務める。

第43話は元々『宇宙人15+怪獣35』というタイトル50体以上の怪獣が登場するストーリーだったが、予算削減の中で怪獣宇宙人着ぐるみが登場しないエピソードを作らざるを得なかった状況であったため没となった。完成作品も着ぐるみは登場しないものの、後年にはセブンハードSFとして高い評価を得た。

45話では、『狙われた』でこっぴどく注意されたにも関わらず、再び当時の川崎市舞台とした庶民線のドラマを仕上げている。

ウルトラマンティガ

帰マン』以来ウルトラシリーズに関わらない期間が続いたが、今作で久々に復帰。
37話『』、第40話『』を演出する。

『花』では、満開のの咲く日本庭園をハレーションの強い映像で表現しつつ、ティガとマノン人の対決の中に、舞台の上での舞うような戦いシーンを挿入した。
『夢』では、夢の世界から飛び出して暴れる怪獣に、同じく夢の中で変身して立ち向かうティガの姿を描いた。

ウルトラマンダイナ 

第38話『怪獣戯曲』を担当。

錬金術によって生み出され、創造の書いた戯曲の通りに暴れまわるバロック怪獣・ブンダーを登場させる。
節々に挿入されるアメコミの描写など、いつも通りに冴え渡る本編の演出もさることながら、実相寺の演出意図に極近付こうとした佐川和夫監督による特撮にも、次回作『ウルトラマンガイア』でお染みとなる"ウルトラマン登場の際、地面に着地した間土煙が舞う"演出が試験的に導入されているなど、見るべき点が多い。
中でも間を捻じ曲げるを持つブンダーの様子を万華鏡に映されたような映像として表現し、ウルトラマンやブンダーがあたかも分裂したり消滅したり…という不思議な描写を繰り返す戦闘シーンは、『ウルトラマン』に登場したブルトンの描写にも通じる強映像描写であった。 

ウルトラマンマックス 

最後のウルトラシリーズ演出となったのが、ウルトラマンマックスの第24話『狙われない』であった。

タイトルどおり、『狙われた』のセルリメイクというか続編であり、何と『狙われた』に登場し、アイスラッガーでっ二つにされたメトロン星人がこっそり生きていたという設定。
親しい役者である寺田農メトロ人間体に据え、前作の描写を踏襲しつつ、地球想をつかせたメトロン星人が帰って行くという物語を作り上げた。 

人物

幼少期からの筋入りの鉄道ファンとしても知られる。

生前、とくに雑誌「東京人」において都電や地下鉄など鉄道関連の特集が組まれた際には、必ずと言っていいほど寄稿していた。それをまとめた著書が『昭和電車少年』である。

実際に著書を読んでみるとわかるが、辛辣な物言いが立つのが特徴のひとつだった。

氏の趣味は本業の監督業にも影した。ウルトラシリーズに登場する宇宙船を製作する際、大好きな東急玉川線玉電200形の丸みを帯びたスタイルを採用しようとしたが、複雑な構造を再現できず断念したというエピソードが残っている。

昭和情景博物館シリーズ

鉄道模型への関心も強く、本人プロデュースにより「昭和博物館」という食玩シリーズを出している。これは中身の分からないブラインドパッケージ電車か建物をパッケージしたもので、どちらもウェザリング(年を経たように見せる汚し加工。ドラマなどでも使われる技法)済みということで注を集めた。

普通ブラインドパッケージ販売のときは所謂サーチ行為を防ぐためになどを入れ選別できないようにするのが普通だが、実相寺氏の意向であえてそれを行わず、電車か建物かを選んで買える(電車が軽く、建物は重い)という特徴があった。

電車は石畳の併用軌、建物は小屋や物干し台などの付属品がついたことも特徴で、Nゲージ鉄道模型に組み込めるので便利なアイテムであった。

第一弾

電車東京都6000形/江ノ電100

・建物:看建築/木造建築

 解説:電車は両形式とも当時既にMODEMOモデル化していたが、ウェザリングの施された体は実感的であったため、MODEMO製品の動を利用して本シリーズ体を動化したファンもいた。
    建物についても、当時看建築の製品はなかったので歓迎された。

第二弾

電車東京都6000形/阪神電鉄国道71

・建物:蔵造りの商店/木造建築

 解説:東京都6000形は第一弾に引き続いての登場だが、金太郎塗りと呼ばれる旧塗装での登場となった(ALWAYS三丁目の夕日第一作に出てくるクリームの塗り分け)。阪神国道線電車は「金魚鉢」の称を持つ大が特徴的な電車で、当時モデル化されていなかったので大いに驚かれた(ごく近年になってMODEMO製品が発売された)。
     建物も、より古い時代の蔵造りのものが登場したが、電車同様第一弾の色を変えただけのものも含まれていた。

本当は第三弾以降の計画もあったそうだが、実相寺氏逝去に伴いこれで打ち止めとなった。

関連動画


関連商品

関連項目

関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%9F%E7%9B%B8%E5%AF%BA%E6%98%AD%E9%9B%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

実相寺昭雄

46 ななしのよっしん
2015/12/12(土) 00:09:24 ID: AtQDg9mmHw
>>43
狙われたラストナレーション人間への絶望よりも
いつか人間同士が信頼しあってほしいという願望が込められてる気がするんだよなぁ
47 ななしのよっしん
2015/12/28(月) 21:58:54 ID: qp2CujqTXP
か実相寺のその作を継いでくれないかな
あんな感じの作品がもう見られないと思うとさみしい
48 ななしのよっしん
2016/02/03(水) 19:03:21 ID: 2NpwjNF5C2
劣化コピーになる未来しか見えないぞ
49 ななしのよっしん
2016/03/26(土) 15:04:29 ID: J6EhH0cDUa
さんの原さんウルトラ常連だよね
ザラ人とかデラシオンとか
ギンガSにも出ていたし
50 ななしのよっしん
2016/05/02(月) 16:54:11 ID: 50BzqHC9gl
>>47
アニメ界ならよく似た人がいまだ健在ではあるがな。

禿とか
51 ななしのよっしん
2016/07/23(土) 13:11:28 ID: CGNtdjXaF8
個々の作品としての展開も賛否有るが、それ以上に、ウルトラシリーズに呪いを残した人だと思う。
良くも悪くもこの人が評価を得たせいで、ウルトラシリーズは他の特撮作品にべて、良く言えば考えさせられる、悪く言えば説教臭い作品であり続けている。
52 ななしのよっしん
2016/07/31(日) 16:33:56 ID: 2NpwjNF5C2
>>51
実相寺に限らず、初期シリーズ自体そういう方向性だった訳だし多少はね?
53 ななしのよっしん
2016/08/28(日) 19:07:40 ID: D/QKUPpS4n
>>46
今の人間達こそ信頼し合っていないと言ってはいたけど
人間が信頼しあうことなんてないから現実ではこんなことは起こりません」
とかじゃなくて「(信頼し合った人間達が信頼を壊されるのは)遠い未来の話」
だからやっぱり願い的なものもあったと思う
もちろんカッコ内は妄想だがそういうことを願っていただろうと思いたい
54 ななしのよっしん
2017/03/21(火) 22:17:55 ID: +kQ2YVhkQQ
さんがシン・ゴジラに出てたとか
55 ななしのよっしん
2017/11/18(土) 20:56:59 ID: LQAPIkZGHT
>>49
オーブでも太土記絡みで出演なさっていました。
てっきり亡くなった夫の写真は実相寺監督かと思った田口監督の祖だとか。
>>54
品川の2人連れですね。