室町時代単語

ムロマチジダイ

室町時代とは、日本歴史区分の一つである。1338年から1573年までの235年間をさす。名称は、幕府の所在地が京都の室町であったことに由来する。

概要

鎌倉幕府が滅亡し、後醍醐天皇による建武の新政スタートするも、現実離れしたやり方は大混乱を招いてしまう。その結果、清和源氏の名門である足利尊氏武士たちに擁立されるような形で室町幕府を開く事になった。

以下しばらくは、後醍醐天皇率いる南と、尊氏らが擁する北とが対立する南北朝時代が続く。やがて南は衰退し、3代将軍・足利義満の時代(1392年)に南北朝合体した。この義満の時代が最も安定していた時期である。

その後は将軍世や暗殺などで将軍は弱まってゆき、No.2たる管領存在感が高まっていく。一方、関東の統治を任されていた将軍の分鎌倉方」も幕府に反抗するなど、各地の情勢は不安定だった。

守護大名たちのを削るため、将軍らが後継問題に介入するなどの行為も行われたが、それらが各地の大名での内紛を呼び起こし、積もりに積もったひずみが崩れ込むような形で応仁の乱が勃発する。以降、各地で下克上潮が起こり始め、遂には明応の政変将軍が追放される事態にまで発展してしまった。

明応の政変以降は将軍はほとんど傀儡と化し、幕府自体は存続していたとはいえ、日本全土を統治する中央政権としてのは失われてしまう。よってこれ以降を戦国時代と呼ぶ。室町時代自体は、15代将軍・足利義昭京都を追放されて中央政府の座を奪われた1573年までとするのが一般的である。代わって、織田信長豊臣秀吉下を再統一する安土桃山時代が始まる。

おおよその区分

あくまで安です。

室町幕府歴代将軍

源頼朝織田信長豊臣秀吉徳川家康といった人々は「新しい統治体制を作る」事を前提として新時代を築いたが、足利尊氏の場合は後醍醐天皇への対抗上から半ば予期せぬ形で政権を開く事になってしまった。そんな訳で室町幕府は、名門足利トップに据えつつも、有守護大名の連立政権のような形態となった。

足利義満はこれをめようと、有大名に介入したり挑発したりして内紛を起こさせる・討伐の名を作る、という形でを削ぎ、中央集権化を固めようとした。この政策はうまくいったが、義満というカリスマだから出来たという点は否めず、跡を継いだ足利義持は(義満時代に溜まっていた各地のヘイトを緩和する意味でも)元の合議制へと緩やかに戻していった。

その後、足利義教足利義政は義満を真似て各地に介入するが、逆に火種を闇に増やす結果となり、それが応仁の乱爆発してしまう。遂には将軍クーデターで追放され、11代以降は将軍の傀儡化が進んだ。と同時に、追放された足利義稙系と、代わりに擁立された足利義澄系とに将軍が分裂し、幕府の実権を奪う為に対立将軍補を擁立する、などという事態にまでなってしまった。

このような状況を受け入れていた将軍もいれば、将軍の権威を復活させようと燃える者もいた。後者にあてはまるのは10代足利義稙・13代足利義輝・15代足利義昭であるが、戦国乱世の中ではもはや及ばず、暗殺・追放といった憂きにあうのだった。

初代:足利尊氏(たかうじ) 在:1338~1358
(高氏→尊氏)なんだか流れから征夷大将軍に。武将としては優秀だったが、政治リーダーには向いていなかった。メンヘラ気味、豆腐メンタル将軍
2代:足利義詮よしあきら) 在:1358~1367
太平記」では無能扱いだが、幕府の地盤を固めた。
3代:足利義満(よしみつ) 在:1368~1394
閣の人。南北朝合一、日明貿易の推進、有大名のを削ぐ、太政大臣就任など正に全盛期天皇位すら狙っていたとまでウワサされる。
4代:足利義持(よしもち) 在:1394~1423
地味。先代が色々手にやりすぎたので軌修正に終始。何気に在任期間最長。
5代:足利義量(よしかず) 在:1423~1425
の飲み過ぎで死。享年19。
(代理):足利義持 1425~1428
結局新たな後継者を決めないまま世を去る。
6代:足利義教よしのり) 在:1429~1441
(義宣→義教)くじ引きで選ばれた事で有名。将軍の復活をし「万人恐怖」と呼ばれる恐怖政治を敷く。「嘉吉の乱」で暗殺された。
7代:足利義勝(よしかつ) 在:1442~1443
在任わずか8ヶで病死。享年10。
8代:足利義政(よしまさ) 在:1449~1473
(義成→義政)閣の人。ニート。妻は守銭奴。色々と「応仁の乱」の原因を作った人。
9代:足利義尚(よしひさ) 在:1473~1489
(義尚→義煕)応仁の乱の末に将軍位を勝ち取るが、の飲み過ぎで中で死。享年25
10代:足利義材(よしき) 在:1490~1493
(義材→義尹→義稙)「明応の政変」で追放される。以降しばし各地を放浪した「流れ方」。
11代:足利義澄(よしずみ) 在:1494~1508
(義高→義澄)政変で擁立された傀儡の将軍
10代(再):足利義稙(よしたね) 在:1508~1521
大内氏のを借りて復活。しかし最終的には出奔してしまう。
12代:足利義晴(よしはる) 在:1521~1546
傀儡2世。各地にはるるんを量産。義澄系。
13代:足利義輝(よしてる) 在:1546~1565
(義→義剣豪将軍。幕府権し驀進するが「永禄の変」で暗殺された。義澄系。
14代:足利義栄(よしひで) 在:1568
(義親→義栄)在任8ヶ、一度も京都に入れないまま病死。義稙系。
15代:足利義昭よしあき) 在:1568~(1573)~1588
(義→義昭)お手紙将軍織田信長を借りるが後に対立。1573年に京都を追放された後も将軍位には就いていたが、中央政権の座が織田氏に渡り、二度と足利氏の手に戻らなかったので幕府は滅亡とみなされる。義澄系。

室町幕府の構造・職務

守護(室町時代)の項も参照。

室町時代の争乱

室町幕府の成立が成立なので非常に不安定。そのため、乱も非常に多い。また、地域によっては応仁の乱以前に戦乱吹き荒れる時代が到来していた。

関連項目

室町時代を主な舞台としている作品(ニコニコ大百科に記事があるもの)

日本史
鎌倉時代



室町時代 戦国時代
南北朝時代 安土桃山時代

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%A4%E7%94%BA%E6%99%82%E4%BB%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

室町時代

1 ななしのよっしん
2016/11/24(木) 18:10:17 ID: B2sOxlaio5
これは良記事
2 ななしのよっしん
2017/02/23(木) 19:12:06 ID: AWaLgOPNF+
1336:足利尊氏征夷大将軍に任命され、室町幕府が開かれる

ここは1338が正しいかと。建武式の年とごっちゃになっています。
3 ななしのよっしん
2017/07/20(木) 19:45:39 ID: E1Ovx+3DQ5
最近個人的に室町時代のこと勉強してるんだけど、
平安時代から続いてきた伝統的権威のが、徐々に実行使の戦国時代に移ろう様が退的で凄く面
4 ななしのよっしん
2018/03/10(土) 20:06:05 ID: cW5QZCQ7zs
観応の擾乱の時点で将軍の権威なんてあってないようなものになっただろうにそこから巻き返して
最終的には235年も存続した長期政権になったのは凄いと思う(末尾100年の惨状からを逸らしつつ)
5 ななしのよっしん
2018/11/15(木) 18:50:06 ID: 5uHCdNJRFU
観応の擾乱ってのは後のような戦国時代ではなくて、
あくまでも倒幕の功臣粛清による中央集権化を進めようとして必然的に起こった感じだからな
ただそれで中央集権化が進んで、凄い足利の所領が増えたかというとそうでもなく、むしろ内乱の功臣の所領が増えたw
この辺りで、義満や義持の全盛期守護大名の操縦に苦労する羽になってるんだよね
6 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 11:40:45 ID: 5uHCdNJRFU
義満は全盛期というより確立期かな。義持が安定期で義教が極盛期
歴代で一番、将軍の権が強かったのは何といっても万人恐怖の義教
義満は管領と守護の調整役にして少しづ将軍の権威を高め、
義持はのやりすぎを是正しながら巧みに官僚機構を動かして世の穏を保つことに努め、
そして義教がの貯えた資で管領も守護も好き放題に動かしたが、
やり過ぎて暗殺されたというところ
7 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 07:54:14 ID: 5uHCdNJRFU
よく知らないと単に混乱した時代とか要約されるけど、
とにかくエネルギー溢れた時代

日本で庶民に地方自治が普及しなんでも話し合いで決まった
産業の衰退した時代かというとむしろ各地で農業も工業も発展し
それを現代のアマゾンコムのように八幡宮油座などの商業ネットワークが流通させる

武士が戦ばかりか文化でも役になり、
ギャンブルから文学芸術に至るまで盛行した
8 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 21:21:06 ID: PrPW1uBjbt
南北朝戦国時代以外も基本的に戦争戦争戦争みたいな時代なんですよね...
でも、その戦争のお陰で経済や文化が飛躍的に発展して今の日本の礎になった時代でもあるわけで
9 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 02:10:18 ID: M6Zg3OBQ+H
記事画像なんだよこれwww
足利義満にだれか知らない男の顔が貼りついてるじゃねーかw

急上昇ワード