家族八景単語

カゾクハッケイ
1.3千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

家族八景とは、筒井康隆小説作品である。いは同作を基に製作された漫画テレビドラマタイトル

概要

テレパス(精感応者)の少女を題材とした、SF小説1970年に『小説新潮』『別冊小説新潮』で掲載された1話完結・全8編の短編小説である。続編にあたる「七瀬ふたたび」「エディプスの人」と合わせて『七瀬シリーズ七瀬三部作)』とも呼ばれる。
「家族八景」のタイトルは、作中で主人公七瀬政婦として全部で8軒の住居を転々とする事から。
1972年には文庫化を果たし、その後も何度か再版を経ている。

テレビドラマ化も何度か実現しており、最初は1979年TBS系列で『芝生』のタイトルで放映された。
そして近年では2012年1月に再びTBS系列で『家族八景 Nanase,Telepathy Girl's Ballad』というタイトルとなって深夜ドラマとして放映。それ以外にも、フジテレビ系列などで「七瀬ふたたび」と共に何度か実写化及び映画化を果たしているので、同じく筒井が執筆・製作した「時をかける少女」と同様でSF作品として高い人気を持つ。

赤塚不二夫が「ハウスジャックナナちゃん」というタイトルで連載したことがある。漫画ということで小説を読まない人でも分かりやすい作である。バカボンのパパカメオ出演し、七瀬に心を読まれそうになったが空っぽが吹いていて心を読めなかった。

 

七瀬の住み込み先で登場する家族達の、深層に秘められた心理描写を抉り出すようなストーリー展開は評価が高く、もがおそらく一度は考えたであろう「他人の心の中を読んでみたい」という願望が必ずしも幸せを、望む結果をもたらすのかという点について考えさせられる事は請け合い。
もっとも現代的には超能力者以外にも、メイドさんを題材とした作品の先駆けたる作品といえるだろうか。

主人公

火田 七瀬(ひた ななせ
本作(本シリーズ)の主人公高校卒業のち、現在政婦(お手伝い、メイド)を務める18歳女性
幸か不幸か、生まれつき他人の心の中が読めてしまうといういわゆる精感応者(テレパス)であり、政婦として様々な庭を転々としながら住み込みで働いている。住み込み先の住人達の心理の内面や本音を読み取ってしまう事で、やがては家族達の元へ事件を呼んだりと様々な事態へ進展していく。
超能力を使うのは「掛けをおろす」とよび相手の念を追って事故死した際は掛けがはじけ飛んでしまい生々しく人の死を見てしまう。
また、その可憐な容姿から一人の女性として性的な関心を寄せられたり羨望・嫉妬を向けられる場合もあり、これらの事情からか最終話では政婦をやめる事を決意している。危うく貞操の窮地に追い込まれた時は超能力を使い窮地を脱したこともあった。
(続編の「七瀬ふたたび」では、お手伝いの仕事をやめてに出ている)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%B6%E6%97%8F%E5%85%AB%E6%99%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

家族八景

1 ななしのよっしん
2012/12/14(金) 01:40:26 ID: W70YgXV2AJ
ありゃ、まだも書き込んでないのか。
記事乙、と言いたいところだけど、が儘言えば、もうちょい頑ってほしかった。

というのも、七瀬ふたたびからこの作品にリダイレクトされてるから。
三部作とはいえ、一つ一つの作品なんだし
三部作の中でも最高傑作と呼ばれ一番映像化されてる「七瀬ふたたび」の記事は、一めにせず
もう一つ記事を作ってほしかった。

ん?オレ?記事をゼロから作るセンスいし、原作は押入ののどっかにあるしで
ちょっと作れない・・・。
2 ななしのよっしん
2012/12/14(金) 11:28:23 ID: SPYfmowzGq
火田七瀬つながりと言うわけでリダイレクトさせた者だが
ふたたびの本を読み込んでないし
PK男さんに任せるしかないですな
3 ななしのよっしん
2012/12/14(金) 20:01:59 ID: a7o91l/U0x
>>1-2
七瀬ふたたび」は今手元にいので、私には書けませんごめんなさい。
うろ覚え同然の記憶で書いてもロクな内容にならないと思われる為、
すみませんがどなたか別の方にお願い致します・・・
4 ななしのよっしん
2013/01/03(木) 22:32:15 ID: Hb1wfEjXka
小学生の頃はわからなっかったけど
エスパー、メイド、薄幸美少女アニメにできそうな属性てんこ盛りですね。
5 ななしのよっしん
2013/01/18(金) 21:30:15 ID: /PKiliMY3h
政婦は火田
6 ななしのよっしん
2013/03/01(金) 04:56:15 ID: M5vSmWJd/D
七瀬ふたたび」の全編に漂う緊迫感はほんとにすさまじい。日本SF史上に残る作品だと思った。
7 ななしのよっしん
2015/11/07(土) 19:20:26 ID: djtXp5MerT
家族八景見たんだけど、人の心の底にあるエゴイズムとか、それを客観的に見た滑稽さとかをここまで表現できるのは凄いなぁと思った
8 ななしのよっしん
2018/01/16(火) 00:48:28 ID: HbZzf+x0gV
フジテレビの「木曜怪談」の最初期にこのシリーズをやってたような。
自分にとってはテレパシーとかテレキネシスといった超能力を知るきっかけになった作品だな。