寄合(江戸幕府)単語

ヨリアイ

寄合(江戸幕府)とは、江戸時代の旗本のうち役ではあるものの3000石程度の俸を得ていた人々のことである。

概要

旗本のうち高家ほどは格は高くないが、小普請組よりも上の限られた存在である。当初は役寄合、陰寄合といったように石高とは関係に選ばれた場合もあったのだが、最終的に石高が基準となり180ほどがこの格にあった(ただし一部の元など例外有り)。

一覧

※なお、交代寄合も含まれるがそちらは該当記事

ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
該当者なし
ワ行

関連項目

脚注

  1. *初期は大久保とも
  2. *のちに
  3. *旧姓大久保

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%84%E5%90%88%28%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B9%95%E5%BA%9C%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

寄合(江戸幕府)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 寄合(江戸幕府)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/26(月)03時更新