富士ゼロックス単語

フジゼロックス

富士ゼロックスとは、日本コピー機、プリンターおよび複合機のメーカーで、米国ゼロックス社と富士イルムの合弁会社である。

概要

1962年に、ゼロックス製品のアジア向けの販売を手掛けていたランクゼロックス社(英国)と富士写真イルム(現在富士イルホールディングス)による合弁会社として誕生。
しばらくコピー機の標準方式であったPPC複写方式の特許ゼロックス社が持っていたため、コピー機のトップシェアを築き、日本でもコピー機の代名詞として「ゼロックス」の名前が使われていた。 

1970年代後半に特許が切れると、リコーキヤノンなどが参入、1980年代後半になってデジタル方式が一般的になると、キヤノンリコーの後を拝するようになった。

2001年に、富士イルムがゼロックス所有のを買い取り、富士イルムの連結子会社となった。

現在プリンターとしてDocuPrint、複合機としてDocuCentre、ApeosPortを販売している。また、文書管理だけでなく活用できるソリューション(Apeos)も売っている。

モーレツからビューティフルへ

1970年に放映した企業CM。同年には流行となった。

それまで続いてきた高度成長経済のモーレツな勢い、モノ体の社会に陰りが見え始め、公害などの問題が深刻になる中で、美しいものを楽しむなど精体の社会に転換しよう、ゆっくりしようというメッセージが込められたものだった。

モーレツという言葉は、前年に丸善石油(現:コスモ石油)がCM放映した「ダッシュ100」で発せられたセリフOh!モーレツ」(これも流行となった)に対してのアンサーにもなっている。

しかし、石油ショックで高度経済成長が終わった後1980年代後半にバブル経済が起きて再びモーレツに、崩壊後もしばらくは続くものの、銀行の破たんなどで日本気は陰りを見せた。

21世紀に入って「スローライフ」という言葉が一般的になり、めてモーレツからビューティフルへの社会転換が訴えられるようになった。
しかし実際にはモノの安さが最大の価値判断となっただけで、今の日本もモノ体の社会であることに変わりはないだろう。
ビューティフル体となる社会とは、お金の価値判断が視される社会ではないだろうか。 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

富士ゼロックス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 富士ゼロックスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!