富嶽三十六景単語

フガクサンジュウロッケイ

富嶽三十六景とは、葛飾北斎による浮世絵シリーズである。

概要

各地から見える富士山(富嶽)の色を描いた葛飾北斎の浮世絵で、1822年から1831年の時期に出版されたと考えられている。
三十六の名から36枚分の絵があると思われがちであるが、実は人気が高かったため後に10枚(俗に裏富士といわれているとか)が追加されて合計46枚になっている。

中でも世界的に有名なのは、横浜の本牧から富士山を見た色を描いた「神奈川浪裏」で、しいの中、大波が船を漕ぐ人々をダイナミックに翻弄している様が描かれている。また、富士を描いた「凱」も人気が高い。ほかに飛脚の手紙が舞い散る様を描くことでの描写を与えた「駿州江」や職人の巨大な箍に富士フレームに収めた「尾州不二見原」などが著名。
フィンセント・ヴィレム・ファンゴッホクロード・モネ、アンリ・リヴィエールなどの海外の画にも影を与えたと言われている。

なお、作品そのものに記載されているタイトルは「嶽三十六」で、現在の表記とは異なっている。

なお、版元の対抗意識か歌川広重富士山モチーフにした「不二三十六」「富士三十六」という名所絵をシリーズ化したことがあったが、さほど売れなかった。

関連動画

関連商品

富嶽三十六景に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

富嶽三十六景に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • 富嶽三十六景に関する項を紹介してください。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%8C%E5%B6%BD%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E6%99%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

富嶽三十六景

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 富嶽三十六景についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード