編集  

富野由悠季単語

トミノヨシユキ

富野由悠季(1941年11月5日 - )とはアニメ監督作詞作家であると。君は!

概要

この単語記事は、見られたものではないので読んではいけません!!

富野由悠季」が、こんなにメチャメチャな記事だったのかというと、要するに全てにおいて考えが足りなかっただけの話なのです。本当にひどい記事であるということは、この際はっきりと言いきってしまっても良いのでしょう。

ですから、今回の単語記事の帯にはどうしてもつけてほしい言葉があります。 「この記事は見られたものではない。読んではいけません」と。そういう巻きが一番正しい姿だと思います。これは、単なるレトリックではありません。 可であればやってほしいと思います。「富野」という名前につられて読んではいけませんよ、ということです。そういうことをすることが、未完成な記事の閲覧者に対しての実な行為であると思います。

しかし、・・・・・だから今のニコニコ大百科は嫌なのですが、本当にそういう煽り文を貼り出してみると、この単語記事はきっと凄くウケルでしょう。

きっとほめちゃいますね。

だから嫌なんです。

肖像神奈川県小田原市出身。日本大学術学部卒。日本を代表するアニメ監督の一人である。代表作は「機動戦士ガンダム」「伝説巨神イデオン」など。

台詞回しに特徴がある(富野台詞)。本人の言動もやや非常にエキセントリックである。自身の監督したアニメのノベライズも多く手がける。近年は講演などでも活躍。

作品のメインキャラクター全員死亡したり、悲劇的な結末を迎える作品を作ることが多く、俗に皆殺しの富野と称された。しかし「ブレンパワード」以降は作が大幅に変わり、希望に満ちた結末を迎える作品が増えたため、そちらは富野(これに対し以前の作富野)と呼ばれる。こう言った極端な作から、ファンの間では重度のツンデレ(ツンとデレの差がしい)などと揶揄される。

本名は富野喜幸富野由悠季監督、執筆の際のペンネームである。当初は本名だったが、1982年ごろに現在ペンネーム名している。また演出・絵コンテのときは斧谷稔作詞のときは井荻麟というペンネームを用いる。

称は御大禿をこめて)。

日本初の本格テレビアニメ鉄腕アトム」からアニメ業界に関わっていて、今も現役の数少ない人。
大学卒業後に手塚治虫が率いる虫プロダクションに入社、その才手塚治虫に見出され「富野くん、演出しない?」と若いながら見事演出に抜された。鉄腕アトムの後半のほとんどは富野が演出を手がける。当時、鉄腕アトムの富野が演出した回は異常人気があった。

その後、虫プロを退社し、フリーランスで多くのアニメに関わる。1979年には「機動戦士ガンダム」の監督をして、第二次アニメブームを起こした。

最新作「ガンダム Gのレコンギスタ」は2014年から2クールにかけて放送された。また、2014年1月21日には富野が中心となりハリウッドで作品を作ることも発表された。

監督作品

肖像

主な著作品

主な作詞

富野語録

記事「富野語録」を参照。

関連動画

本人出演映像

富野作品動画

MAD

関連生放送

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%8C%E9%87%8E%E7%94%B1%E6%82%A0%E5%AD%A3
ページ番号: 270957 リビジョン番号: 2526120
読み:トミノヨシユキ
初版作成日: 08/06/22 21:51 ◆ 最終更新日: 17/09/23 13:30
編集内容についての説明/コメント: 著作品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ふさゆき

うれしそうな御大

「つまらない」と語る富野由悠季

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

富野由悠季について語るスレ

1870 : ななしのよっしん :2019/01/04(金) 23:02:18 ID: PqaIXn5sG1
あっ そや  逆転ホームラン~!
現世から異世界に行くんやなくて、異世界から現世に戻る話はどーやろ
異世界から ちょー強い兵器が持ち込まれて どんどん戦乱が拡大してって・・・
みんな死んどる
1871 : ななしのよっしん :2019/01/10(木) 19:54:23 ID: aUQ+7M76hf
というか、たまたまガンダムという歴史的大ホームランがあるからメジャーに見えてるだけで、基本的に富野自身は昔から通好みのポジションだろう。そのガンダムですらもバンダイに救われた打ち切りアニメだという事実を忘れてはいけないw
1872 : ななしのよっしん :2019/01/13(日) 13:28:07 ID: w0GoH0QLgz
バンダイに救われた

・・・えっ?
1873 : ななしのよっしん :2019/01/14(月) 19:02:36 ID: aUQ+7M76hf
いやいや、今のメジャー的立場に至ったのは明らかガンプラのおかげよ。ガンプラがなくても名作ではあっただろうが、民的大ヒットには絶対になっていない。
1874 : ななしのよっしん :2019/01/15(火) 01:12:28 ID: oHt0fvS51K
バンダイケツの毛までむしられたの間違いだろ
1875 : ななしのよっしん :2019/01/15(火) 11:03:18 ID: tc9LvCMrhp
Gレコ(スパロボに登場版)で頑れ若者なんてセリフを言うんだから応援してるぞということだろ。
1876 : ななしのよっしん :2019/01/15(火) 12:39:40 ID: ilm88+7Tfy
ガンプラブームで知名度がいっきに上がったらしいし、ガンプラからガンダムを知った子供も多いとは聞くから一理あるが、ガンダム自体の人気ガンプラ以前からかなりあったのも間違いないしなぁ。 ガンプラブームが起きたのは劇場版開間近になった頃だそうだし。 ガンプラの売上があったからZ以降のシリーズが作られたというのも、それを「救い」と言っていいかどうかは人によりけり?
打ち切りだって、視聴率が悪かったというよりスポンサーの商品展開が間違っていたというのがな原因らしいし。 (それまでのロボットアニメと同じテンプレ小学生未満対の商品ばかりだったとか)

・・・まぁ富野さんが言うにはガンダムスポンサーを上手く騙したから作れたらしいので、商品がガンダムの内容とミスマッチしてる原因の大部分が富野さんなわけだが・・・ まぁそうまでしなけりゃ作れなかったのだから、当時の流ではなかったのは間違いないのだろう。

ので一般向けではなく通好みのポジションってのは概ね同意。 一般にウケて欲しいとは思ってそうだけど、そのために世の中の流や流行に合わせる気は
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1877 : ななしのよっしん :2019/01/15(火) 12:47:47 ID: pFIenAKK1C
作ってる作品全てそのときの流行りネタメイン設定から入れるからかなり敏感だよ
ただし、その流行りネタの使い方がネガティブなだけです
流行りネタの使い方がポジティブな場合は富野と言われる
1878 : ななしのよっしん :2019/01/15(火) 13:25:00 ID: OCpoiDzyVK
もしガンプラが売れてなかったらブライガーゴーショーグンみたいな通好みのポジションになってたかもね
1879 : ななしのよっしん :2019/01/15(火) 23:03:29 ID: tc9LvCMrhp
もしガンダムが続けてなければガンダム自体が
勇者シリーズとかもなかったかもな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス