寝床単語

ネトコ

寝床(ねどこ)とは

  1. 寝る場所。寝室のこと。
  2. 落語の演。上方の商噺。

ここでは2について解説する。

概要

上方落語の中でも特に人気の高い噺の一つであり、桂枝雀が得意としていた。戦後になって後に東京にも輸入されたが、江戸大坂と違いそこまで浄瑠璃が流行しなかったため、設定に少し理が生じているものの、桂文楽三遊亭圓生橘家圓蔵など演者は多い。また、この旦那の、ど下手な浄瑠璃が人にを及ぼすという、何ともぶっとんだ設定は、一説には「ドラえもん」のジャイアンリサイタル元ネタではないかといわれている(作者藤子・F・不二雄は大の落語であり、作品に色々と落語ネタパロディとして使っている)。

あらすじ

素人浄瑠璃が大好きな旦那が、今浄瑠璃の会を開こうと、嬉々として準備をしている。そこへ、使いにやっていた久七がやってきた。だが、彼が言うには提燈屋も豆腐屋長屋の連中ももかも用事があって来れないという。そして店の連中も病気やら何やらで欠席することを告げると、旦那はそこまで自分の浄瑠璃を嫌がっていることを知り、すっかり機嫌を損ねてしまう。おまけに、長屋の連中にも今日限り店をけてもらえだの、店の連中全員に暇を出す(つまり、解雇)など、すっかりヒステリーを起こしてしまう。

そこで気の利いた若い連中が旦那の機嫌を取り、そこはうまくやり過ごしたものの、結局みんなあのド下手な浄瑠璃を聴くはめに。そして会が始まり、旦那り始めるやみんなは、やけくそとばかり出されたごちそうを貪り、を浴びるように呷り、すっかり無礼講。賑やかな場がしーんとし始めたので、みんな聴き入ってるのだろうとご機嫌だった旦那も、いざ御簾を開けて有様を見届けるとすっかり激怒。だが、そこに丁稚の定吉だけが涙を流していた。旦那は自分の浄瑠璃に感動してるのかと問えば、彼はすんなり否定。訳を聞くと

旦那のいる所が自分の寝床なんです」

※落ちは色々考えられるが、丁稚という立場上自分の寝場所が決まっていて、他人のように無礼講で寝るというわけには行かなかった、つまり彼だけが現実から逃げられなかったと考えるのが自然である。

関連商品

関連コミュニティ

寝床に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%9D%E5%BA%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

寝床

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 寝床についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!