寺川正興単語

テラカワマサオキ

寺川正興とは、日本ベーシストスタジオミュージシャン

概要

1939年生まれ。ジャズベーシストとしてジョージ大塚トリオドラムスジョージ大塚ピアノ市川秀男)でプレイする。その後、ドラマー石川晶率いる「カウント・バッファローズ」のほか、1970年ごろからスタジオミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加。60年代後期から70年代にかけて活躍した代表的なスタジオミュージシャンの一人である。

スタジオミュージシャンとなってからはエレキベースを使用することがほとんどである。16ビートを刻みながら音域のアップダウンを高速で行うその特徴的な演奏スタイルは「エレベーター奏法」と呼ばれ、寺の代名詞となっている。寺と同時期に活躍したベーシスト江藤勲が、ピッキングによる硬い音を出していたのと対照的である。なお、エレキベースを使い始めたのは江藤の方がく、江藤は寺エレキベースの奏法を導したという。また、江藤によると寺エレキベースウッドベースのように垂直に立て、フィンガーピックをはめて演奏していたという。

の特徴的なベースラインは、「カウント・バッファローズ」のアルバムのほか、70年代歌謡曲アニメ特撮ソングなどでにすることができる。しかし、当時は歌謡曲などで演奏者をクレジットするのは一般的ではなかったため、寺演奏であると実的に断定できる楽曲は多くない。数少ない例外が、尾崎紀世彦の大ヒット曲「また逢う日まで」である。作曲者の筒美京平が、ベース演奏者が寺であることを言している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%BA%E5%B7%9D%E6%AD%A3%E8%88%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

寺川正興

1 ななしのよっしん
2013/08/27(火) 09:51:47 ID: V4uLP/bK0T
記事立て
こういう人のプレイネットでまとめて聞けるってのは良い時代だなと思います。
映像が残ってないのが残念だけど。

急上昇ワード