寺沢大介単語

テラザワダイスケ
1.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

寺沢大介とは、日本漫画家である。

概要

1959年兵庫県で生まれる。慶応義塾大学文学部を経て1985年漫画家デビューした。1986年より連載を開始した『ミスター味っ子』が大ヒットし、その後も『将太の寿司』『喰いタン』とヒット作品を連発している。

先述の通り料理漫画家であるが、実は料理をあまりしていない模様で、作中でも料理を知らないと思われる描写がいくつもある。むしろ料理そっちのけのアクションバトルが多いことから「アクション料理漫画」「格闘料理漫画」というジャンル確立しているといえる[1]特に『将太の寿司』はあまりにネタが多すぎてニコニコ大百科上でネタ記事が乱発している[2]

ミスター味っ子』の連載時は丸い感じのキャラクター描写であったが、将太の寿司』の連載途中から次第にばった画になっていき、『喰いタン』で現在の画確立した。そのため『ミスター味っ子II』の味吉陽一は(子供から大人になったとはいえ)別人化しているなど、おそらく週刊少年マガジン系では一番作が変化した漫画家と思われる。

作品のわりに作者の知名度が高くないのか「スペースコブラを描いてた人?」と寺沢武一のほうとよく間違えられる。ちなみに寺沢武一のほうが4つ年上。

ダイヤのA』の寺嶋裕二は寺沢大介のアシスタントをしたことがある。

作品一覧

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ミスター味っ子』の連載当初は特にそのような描写はなかったが、アニメ版では今川泰宏監督によってオーバーアクションの描写になり、それが逆にウケて寺沢大介もされてしまった。
  2. *こちらは最初から犯罪行為が気で行われており(将太の寿司で行われた嫌がらせの一覧を参照)、また新人寿司コンクールなのに「絶対味覚の持ち」「切った醤油をはじく」「針で蘇生」というトンデモ人物が次々と現れ、ついには大年寺三郎太というジャンルを間違えているサイボーグ(一応人間)まで登場している。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%BA%E6%B2%A2%E5%A4%A7%E4%BB%8B
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

寺沢大介

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 寺沢大介についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!