対戦車ライフル単語

タイセンシャライフル
2.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

 対戦車ライフルとは、第一次世界大戦末~第二次世界大戦頃まで使用された、対戦車戦闘用の大小銃である。

概要

 第一次世界大戦末のドイツで、分隊、もしくは小隊単位で配備、使用が可戦車に対抗できる銃器として開発された兵器である。
 おおよそ人が扱える弾薬銃器としては最大クラスの物で、タングステン徹甲弾を使用して装甲の薄い部分や眼、視察履帯等の弱点を貫き、内部の人員や機関部にダメージを与え、化を行う。
 しかしその貫通は、あくまで弱点を狙えば貫ける程度の物で、その有効射程もせいぜい100m程と短く、第二次世界大戦以降の重装化し極弱点となりうる部分を排除した戦車戦闘車両には対応できず、また射手の負担は極めて大きいものであったため、携行ロケット発射機や無反動砲ATMに置き換えられていった。
 現代では同様に大弾薬を使う対物ライフルとして運用されており、ちょっと前までよくメディア等で混同して扱われていたりもしたが、設計や性はともかく、思想や任務は別物である。

発生・第一次世界大戦

 第一次世界大戦いてイギリス軍が投入し、機関銃小銃の攻撃をことごとく跳ね返し、着した戦場一方的に突破する事を可とした「戦車」に対し、ドイツ軍は当初野で対抗していたが、数に限りがあり機動性の低い野では限界があった。
 そこで、戦車に対抗しうる威、機動性、量産性を追及した結果、歩兵が取り扱えるギリギリのサイズまでスケールアップした小銃なんとか倒せるんじゃねーかという案の下、直径13mmの徹甲弾800m/sの初速で撃ち出すマウザーM1918対戦車ライフルが開発され、対戦車ライフルというジャンル確立したのである。
 当事の戦車歩兵小銃機関銃に対する防弾のみを考えていた為、10mm~30mm程度の装甲しかなく、装甲素材の防弾性自体も低い物だった為、容易に貫いて機関部や人員を殺傷する事が可であった。

第二次世界大戦

 その有用性により戦車は普及したが、同時に対戦車戦闘研究され、通常の野部隊とは別に編成された「対戦車」、もしくは対抗する戦車によって敵の戦車を処理する戦法が生まれるが、機動があり小回りが利く対戦車兵器として使用され続け、開戦当初のドイツ西欧が装備していた戦車にはそれなりに有効に戦闘が行えたようである。
 が、独ソ戦が勃発し、ソビエトロシアの前面80100mm、側面でも80mmの装甲を誇るKV-1、全面40mmの傾斜装甲を持つT-34が出現し、対するドイツも同格以上の装甲を持つティーガーパンターを開発、従来Ⅳ号戦車Ⅲ号戦車も増加装甲や、の薄鉄板だが対戦車ライフルの弾丸を防弾鋼で弾ける程度まで減速させられる「シュルツェン」を装備する等して対抗し、戦車の設計自体も眼や視察等の弱点を排除する事で対戦車ライフルで危を加える事は極めて難しくなっていった。
 また、アメリカバズーカドイツパンツァーシュレックパンツァーファウスト等のHEAT弾兵器が実用化されると欧州戦線ではその有用性がほとんどくなり、HEATの開発に遅れていたソビエトが外部装備破壊等のいやがらせ攻撃に使用した程度であった。一方、太平洋戦線では日本軍戦車には十分有効であったので、終戦まで対戦車兵器として運用されている。
 その後、第二次世界大戦が終結するとHEAT兵器全に取って代わられた。

主な対戦車ライフル

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AF%BE%E6%88%A6%E8%BB%8A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

対戦車ライフル

4 ななしのよっしん
2014/01/21(火) 15:47:33 ID: Ydf/EY4hh+
唐突に出てくるTDN草生える
5 ななしのよっしん
2014/06/02(月) 04:43:57 ID: E05IXyLOns
ライフル弾薬の技術に何か革新が起これば、
再び対戦車ライフルが現れる事は……まあいか。
6 ななしのよっしん
2015/06/27(土) 02:53:56 ID: CizrC8iNdK
>>1
西側第三世代戦車の代表格であるM1戦車上面装甲が推定33mmで
XM109のHEDPの貫通が50mmだから装甲版を垂直に撃てば貫けるけど
実射だと侵入の関係からほぼ貫けなくて仮に貫けてもエネルギー使い果たしてるからダメージ皆無に近いかと
実際A-10なんかも戦車の上面装甲に撃っても度の関係から弾いてばかりで中々撃破できないし
お90式と同年代の後出し第三世代戦車となると
上面もEFP意識してるから装甲厚も素材も進歩してるから更に分が悪いもよう

あと火炎瓶火炎放射器による攻撃は
フライパンが熱くなるまでの時間と戦車の装甲厚と内貼りの存在を考えると意味に近いもよう
エンジン運よく止まると良いね
7 ななしのよっしん
2016/01/21(木) 13:48:24 ID: E05IXyLOns
初代コールオブデューティーだとPTRS1941数発撃ち込んだだけで敵戦車爆発四散して噴いた。
いくら上部装甲狙いとはいえそりゃねーよw
8 ななしのよっしん
2016/05/16(月) 21:18:18 ID: gaNvIg6ml4
>>7
IV号戦車なら背面狙えば普通に貫通したらしいけどね
まぁそれにしたって爆発炎上するのはおかしいけど
9 ななしのよっしん
2017/07/09(日) 12:28:56 ID: NtE4AbrDzT
wikipediaのマウザーM1918写真見てたらなんか人とのスケール釣り合ってなくて変な気分になってくる…
巨人用のをただの人間が持ってるような感じ?

>>7-8
まぁ爆散するのはゲーム的な誇だから仕方ない(マジレス)
64ゴールデンアイだとロッカーや椅子キーボードまで爆発してたし、それにべればまだまだ現実的よ
10 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 17:32:27 ID: zWlssQN1RW
実際「戦車の装甲を貫けるくらいに大化させた小銃」って設計だからね、マウザーM1918
小銃徹甲弾で倒せない新戦車が現れてから敗戦までのわずかな期間で設計された急造兵器なんで、しょうがない
11 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 00:45:37 ID: K100OxkSij
タイムクライシス4ってガンシューボスに片手で
対戦車ライフルぶっぱなすがいるんだけど物理的に無理だろ
とか思ったけど威の弱いならワンチャンありそうかn
12 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 21:55:43 ID: BKo8aErR/G
>>11
あの人、ワイヤー1本で釣り上げてぶん投げてくる怪力モンスターなんで、
人間物理限界なんて通用しないぞ
13 ななしのよっしん
2019/11/29(金) 06:31:47 ID: XPlYI2KQgY
かっこいいけど、今時こんなの使うならロケットランチャー使うほうが手っ取りい時代か・・・

おすすめトレンド