封印の黄金櫃単語

フウインノオウゴンヒツ
2.7千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

封印の黄金櫃とは、漫画遊☆戯☆王」で登場するカードである。

概要

武藤遊戯が使用するカード。そのイラストはばらばらの状態の千年パズルが収められていたに似ている。その効果は、カードを1枚櫃に封じ、封じたカードの効果を効にするもの。

魔法カード
櫃にカードを1枚
封印する。そのカード
あらゆる魔法効果を受けず
そのカードは相手プレイヤー
使用する事ができない。

アテム冥界に送るための最後のデュエル、「戦いの儀」での遊戯VSアテム戦で遊戯表遊戯)が使用した。

アテムの「オベリスクの巨神兵」(アニメでは三幻神全て)を破った遊戯が、賭けとして発動。墓地にある状況から推測して、あるカードを封じた。

その後、このカードは関係なくデュエルは進行。自らの最も信頼する「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ガール」を用いるアテムに対して、遊戯は「サイレント・マジシャン」で対抗。「天よりの宝札」で強化した「サイレント・マジシャン」で「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ガール」のコンビを打ち破る。

魔術師コンビも失い後のないアテムもまた、1枚のカードによる最後の賭けに出た。
遊戯の「サイレント・マジシャン」の攻撃に対し、アテムせていた「死者蘇生」を発動し、「オシリスの天空竜」を蘇生。「天よりの宝札」で満たされた手札によって、攻撃6000となって迎撃するかに思われたが、遊戯はこの状況を読んでいた。

遊戯櫃の中に封印していたカードは「死者蘇生」。それによってアテムの「死者蘇生」は効となり、「サイレント・マジシャン」の攻撃は続行、アテムライフは0となった。アテム背中を見続けてきた遊戯が、アテムえた間だった。

シズによれば、「死者蘇生」を封印したのは遊戯からのメッセージであり、「死者の魂は現世にとどまってはならない」という意味がこめられている。

ブラック・マジシャン」を破りフィニッシャーとなった「サイレント・マジシャン」と並んで、戦いの儀で遊戯が使用したカードの中で最も印的なものだろう。


アニメでは、OCG仕様ルールが修正されているため、通常魔法である「死者蘇生」はアテムメインフェイズ2に発動されていることになる(原作では速攻魔法という区分が存在せず、全ての魔法は相手ターンでも発動可だった)。オシリス魔法効果を1ターンしか受けない、すなわち召喚ターンの終わりに墓地へ戻ってしまうため、デュエルの展開上、アテムの「死者蘇生」に意味はなかったことになる。

原作アニメ効果だとOCGにおいては「禁止」に劣る使いにくいカードになる。一応、「禁止」と違い、フィールドから消えて効化されることはいので、一度発動すれば確実に封じられるという点では優れているが。

OCG版

「ザ・ヴァリュアブル・ブック9」(2006年8月24日発売)の付録カードとしてOCGに登場。

通常魔法
デッキからカードを1枚選んでゲームから除外する。
発動後2回の自分のスタンバイフェイズ時に、
この効果で除外したカードを手札に加える。
遊戯王カードWikiexit より

封印するというイメージはあるが、ほとんど別物の効果になってしまっている。

途中で除去されると回収できずに使用不能になる「タイムカプセル」と違い、発動時に効にされなければほぼ確実に手札に加えることができる。欠点としては、「タイムカプセル」が裏側表示で除外するのに対し、こちらは表側表示で除外するので、相手に何を加えようとしているのか分かってしまうことだろうか。しかし、表側表示で除外されることによってできるコンボもあるので、一概に欠点とは言えないものである。

種類を選ばずどんなカードでもサーチできるので、サーチに乏しい魔法などの制限カードキーパーツとなるデッキにおいてはそれらを確実に手札に加えるための有用なカードとなる。それ以外のデッキでもコンボ軸とするタイプならば十分使いはあるだろう。

だが、現在デュエルが高速化し、1ターンで楽々上級モンスターを呼び出せるシンクロ召喚が登場したことで、2ターン後手札に加えたときは状況が変わりすぎてせっかくサーチしても使いいということが起きやすくなった。それどころかデッキ次第ではその間に決着が付いてしまうということもありうる。また、カテゴリによっては専用サーチが充実しておりこカードに頼る必要が薄いこともある。
そのため、このカードを必要とするデッキは、強カードのサーチに乏しいデッキなど、ある程度限られる。

また、単純なサーチ以外にも使いがある。
何でも除外できることを利用して強モンスターを除外し「D・D・R」で特殊召喚するほか、このカードとともに登場した「ネクロフェイス」を除外すれば、動的に除外効果が発動でき、さらに手札にも呼び込める一石二鳥コンボとなる。除外版「おろかな埋葬」といった効果。

ネクロフェイス」とのコンボのほか、何でもサーチできる強な効果から、2007年3月1日には制限カード定された。しかし、前述の通りデュエルが高速化したことや、「ネクロフェイス」、「次元融合」、「異次元からの帰還」など、このカードコンボできるカードの多くが禁止、制限になったことで、このカード自体の有用性が下がってきたことから、2009年3月1日には準制限カードに、2011年3月1日には制限カードになった。

しかし、のちに除外した際に効果を発揮する征竜が流行し、征竜を除外するためのカードとしてこのカードが使用されたため、2014年2月1日に再び制限カード定された。

その後、征竜2015年4月1日訂で要4枚が全て禁止定を受けて事実上消滅したことから、このカード自体も同年10月1日訂で準制限カードに緩和されている。
さらに、2016年4月から制限解除されることとなった。


カード名を「の封印櫃」と間違われることがある。

このカードによって除外されているカードが1度でも除外以外の場所に移動した場合、2ターン後になっても手札に加えられない。「異次元からの帰還」で一度フィールドに召喚して再び除外された場合などに起こりうるので注意。
WCS2007では、このカードによって除外した後、「異次元からの帰還」などで特殊召喚してすぐに再除外されたカードが手札に加えられてしまうミスがある。

決闘王の記憶-闘いの儀編-」で再録されている。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%81%E5%8D%B0%E3%81%AE%E9%BB%84%E9%87%91%E6%AB%83
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

封印の黄金櫃

10 ななしのよっしん
2014/08/05(火) 02:29:46 ID: hiLudvSLm0
ゲームライトロードに入れてる。
墓地肥やしをする前に裁きの龍オネストデッキから避難させられるし、どっちも手札に持っておけばある程度ゴリ押しできるから2ターン待つ間に状況変わりすぎてサーチしたカードではどうにもならなくなっていた、というケースも少ないしな。
11 ななしのよっしん
2016/10/16(日) 13:45:04 ID: R0o3WwEfT0
このカード名を間違えないように「封印する」「櫃」だと覚えましょう。

する」「封印櫃」だと字面としておかしいですからね。
12 ななしのよっしん
2017/05/27(土) 03:12:35 ID: ccnl/D+GVX
普通に万サーチだから沢山ほしいです(小並感)
13 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 11:13:08 ID: eKTGRDG2Bh
原作効果だと、使い勝手の悪い(劣化ではない)禁止みたいなカードだし、
OCG効果だと、実用性が高い(現環境ではそこまでではないか?)が、原作再現できないし、何とも複雑なカード
14 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 16:01:11 ID: eKTGRDG2Bh
とか何とか言ってたら、2018年10月1日から制限っすか!?
めてました。疑ってました。ごめんなさい。方はやっぱり凄いカードです。
15 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 19:59:08 ID: gw84FbxkZb
征竜復帰とサンドラ活躍の余波かな
雷電雷鳥で手軽に出張出来たし
16 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 20:21:45 ID: RUxh30dyV/
「除外版おろかな埋葬」の需要が高くなると規制されるイメージ
このカードを遅効性のサーチとして使うデッキはもう全に絶滅しちゃった感じかねぇ
17 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 02:34:07 ID: lGLd69e1mu
いくら劣化禁止とはいえ
原作徴的だった効果をOCGで変えちゃうのってどうなんだろう?と今にしてみれば思う
18 ななしのよっしん
2019/12/29(日) 16:11:21 ID: KWeQXsL10t
原作での中身であるラーと仲良く原作無視
19 削除しました
削除しました ID: WlKaEUMGu0
削除しました