将棋単語

ショウギ

将棋とは、ボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。ニコニコ含め、世間ではもっぱら本将棋のことをす。

概要

将棋の大盤解説風景

日本将棋、本将棋とも。9×9の盤の上で8種類の駒を操り二人で戦う。

チェスシャンチー中国将棋象棋)と同じく古代インドチャトランガを先祖とする。このタイプゲームでは世界で3番プレイヤー人口が多いといわれている。

相手の駒を捕って自分の戦として使えること(=持ち駒)が大きな特徴である。このシステムにより考えうる手数が指数関数的に増加し、戦略性を増す。

6075
NHK杯テレビ将棋トーナメント
6164
加藤一二三九段 ver.

基本ルール

△香 △桂 △銀 △金 △王 △金 △銀 △桂 △香
△飛 △角
△歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩
▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩
▲角 ▲飛
▲香 ▲桂 ▲銀 ▲金 ▲玉 ▲金 ▲銀 ▲桂 ▲香
  • 二人が所定の位置に駒を置いた状態から、順に駒を動かす。初期配置は上の図の通り。
    駒は 玉将王将)・飛行・将・将・桂馬香車歩兵 の8種類で、それぞれ動きが決まっている。
  • 相手の駒と同じ場所に自分の駒を進めると、その駒を取ることができる。
    • 取った駒は「持駒」となり、自分の番に駒を一つ動かす代わりに、その駒を盤上の他の駒がない好きな場所に打つことができる(いくつかの制約あり。例:二歩)。
  • 相手の地(の3列)に自分の駒を進めたり、相手の地にある自分の駒を動かすと、玉将王将)・将以外はその駒を裏返すことができる(成り)。成ることで単純に強化される駒もあれば、元の動きを失う駒もある。
  • 相手の玉将/王将を取れることが確定したら(詰み)勝利となる。また詰まされることが決定的である場合などに、自ら負けを認めて対局を終了させることも多い(投了)。

他にも細かいルールがあるので、 将棋の基礎知識|日本将棋連盟exit を読むとよいだろう。

ルールイメージがつかめなければ、駒を動かしながら試せる解説ページハム将棋など)に行ってみよう。

将棋とコンピュータ

詳細は「コンピュータ将棋」「将棋電王戦」を参照。

2000年代以降コンピュータ将棋の棋が向上したことにより、イベントコンピュータプロ棋士との対局が組まれることが増加した。ニコニコでは2012年から6回にわたって将棋電王戦が開催され、コンピュータが現役プロ棋士に初めて勝利したことがニュースに取り上げられるなど大きな注を集めた。

タイトル戦

タイトル戦とは、公式棋戦のうち優勝者にタイトル称号)が与えられる特別な棋戦である。
タイトルの序列は賞額で決まっており、特に竜王名人の扱いは別格とされている。

タイトル保持者は、名前の後に段位の代わりに保持タイトル名を付けて呼ばれる(「森内俊之名人」など)。
複数冠を所持した場合は通常「◯◯二冠」等と保持数で呼ばれるが、竜王または名人も保持していた場合はそちらが優先されて呼ばれることが多い。
また、竜王名人を両方保持した場合は「◯◯竜王名人」と呼ぶ。
例外的に羽生善治九段が七冠制覇していた時期は「羽生七冠」と呼ばれていた。

タイトルを獲得する方法は「タイトル保持者に勝利する」ことである(七番勝負/五番勝負/三番勝負)。
タイトル保持者への挑戦者は、保持者以外による対局(リーグ戦やトーナメント)で決定される。

現在の将棋プロ棋士タイトル保持者

棋戦 称号 保持者 備考
竜王戦 31 竜王 広瀬章人 自身初の竜王
名人戦 第76期 名人 佐藤天彦 3期連続
叡王戦 第3期 叡王 高見泰地 タイトル
王位戦 59 王位 豊島将之 二冠達成
王座戦 第66期 王座 斎藤慎太郎 タイトル
棋王戦 44 棋王 渡辺明 7期連続
王将戦 68 王将 渡辺明 通算3期
棋聖戦 89 棋聖 豊島将之 タイトル

女流棋士のタイトル戦

棋戦 称号 保持者 備考
清麗戦 第1期 清麗 -- 2019年より開催
女子オープン 第11期 女王 西山 タイトル
女流王座戦 第8期 女流王座 里見香奈 3期連続・通算4期
女流名人戦 45 女流名人 里見香奈 10期連続
女流王位戦 第29期 女流王位 渡部愛 タイトル
女流王将戦 40 女流王将 里見香奈
4期連続・通算7期
倉敷 第26期 倉敷 里見香奈 4期連続・通算9期

現役プロ棋士

以下は現役プロ棋士とその段位である。(五十音順)
[百]クリックで該当ニコニコ大百科ページへ遷移。(未作成の記事もあります)
昇段、新四段等により情報が変更された場合は修正をお願いします。

九段

八段

七段

六段

五段

四段

引退棋士、女流棋士、元奨励会員等

引退棋士・物故棋士

引退棋士とは将棋連盟フリークラス棋士引退規定」による引退、または本人の意志によるプロ棋士引退者をす。
退会者とは違い、将棋連盟正会員として席が残る。

物故棋士とは故人のプロ棋士す。
以下はニコニコ大百科に記事のある引退棋士、物故棋士である。

女流棋士

女流棋士とは、女性への将棋普及を的に設けられた女性棋士採用に該当する棋士のことである。
プロ棋士は別の制度で、女性のみ規定の条件を満たすことで女流棋士となる権利を得る。
以下はニコニコ大百科に記事のある女流棋士である。

元奨励会員、退会棋士

将棋は「指す」もの

将棋プレイする」という意味の動詞には「す」が使われる。ニコニコでは「将棋を打つ」とコメントすると、突っ込まれる事がある。荒らされる事を防ぐ意味でも将棋は「す」と表現するのが難といえる。

将棋を「打つ」と言わない理由や「す」と言う理由にはプロ棋士でも「昔からの慣例だから」以上の答えはないらしい。ただし将棋で「打つ」を全く使わないわけではなく、盤面外から持ち駒を盤面内に置く事は「打つ」と言う。

ニコ棋士

当記事の掲示板お絵カキコ)で対局していた紳士たち。その模様は過去ログで参照出来る。     

er氏 第一回ニコニコ将棋名人戦挑戦者。
独特な玉形から快な攻めを繰り広げるも、氏に惜敗。
初代ニコニコ将棋名人。熱戦の末にer氏に勝利し、初代ニコニコ名人位を獲得。
棋譜から推測するに、四間飛が得意と思われる。

関連項目

将棋の関連項目一覧に記載

関連動画

関連生放送

ニコニコ生放送では多くのタイトル戦の生中継、番外企画等が放送されている。
タイムシフト視聴が可かは棋戦による。

関連静画

関連チャンネル

関連商品

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%86%E6%A3%8B

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

将棋

823 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 00:29:08 ID: BYZBIb6/yO
というか人材の質な意味では羽生世代の頃とべてレベルは既に下がってきてるだろ
今は羽生世代の若手時にはなかったネットソフトという強ツールがあるからもしかしたら単純な棋的には今のトップの方が強いかもしれないけどさ
それでも同じ年齢、同じ環境下であれば今のトップ棋士より羽生世代の方が絶対強いと断言できる

何せ羽生世代ポスト羽生世代団塊ジュニアと重なる最も数の多い世代
しかも将棋が普遍的な大衆の娯楽ツールだった時代に少年期を過ごした最後の世代だ
70年代後半生まれからは少年時代ファミコンブームを経験したゲーム世代)

ここらへんの世代のレベルが一番高いのはある意味当然なんだよなあ
近年は少子化が止まることなく進行しているし、人材の質に関しては「羽生世代を頂点に低下し続けている」と言っていい
824 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 00:34:19 ID: BYZBIb6/yO
45歳頃から頭の中の将棋盤が暗くなった」という中原の発言のように
40代中盤になれば年齢的な衰えが始まるのは過去棋士を見ても自明

これを踏まえると
44歳の内からタイトルを奪った糸
40代後半の羽生からタイトルを奪った豊島菅井や太地や広瀬
彼等は所詮、羽生世代の衰えによる「おこぼれに与る」ことが出来ただけに過ぎない事が分かる
そして全盛期羽生世代を相手に下の世代で一食い込めた棋士ってのは結局渡辺しかいないという事が分かる

タイトル在位者の変遷を見ても、渡辺以外の現在トップ棋士羽生世代より(少なくとも人材の質的な意味において)レベルが低い事は明らかだと言える
825 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 00:35:49 ID: BYZBIb6/yO
追記
30代の深から王位を奪った広瀬は「羽生世代に食い込めた」とギリギリ言えるかもしれないが
翌年羽生フルボッコにされてるし、「食い込めた」と形容するにはやはり物足りない
現に今年の竜王戦だって「羽生が衰えてなければ1-4で負けてた」と言われても仕方ない内容だった
826 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 19:25:34 ID: nJZotgtX+o
人類が研究者だった時代と人類がただの生徒の時代では、
数の重みが違うな。
これから先はどれだけ少子化が進もうと大してトップレベルが下がらないだろう。
逆に言えばどれだけ数が増えようと大してレベルは上がらない。
827 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 08:31:47 ID: nJZotgtX+o
後世になればなるほど棋士の突出度の重みが変わる。
例えば大昔はそれこそ将棋先生に教えてもらうだけででもトップクラスになれた。
つまり人それぞれの「環境」の差だ。これは才とは関係がい。
突出度の重みが変わる要因は「数」の問題もあるが環境差ほどの影い。所詮日本人だけだ。
羽生の時代は研究会、データ参照容易化等々で、棋士環境差が狭まった。
その上で突出した成績を残せた羽生大山より才があった可性は高い。
そうでない可性も当然ある。才は数値化できないのでもわからん。

さて、インターネットの登場によってこの環境差がさらに狭まり、いわゆる高速道路状態になった。
そしてAIの強化により、それこそ棋士それぞれの環境差など微くなったと考えられる。
でも最強の「先生」に教えてもらう事が出来るのだ。
もし現代、10年後にタイトル独占する棋士が現れた場合、その棋士はほぼ確実に大山羽生より将棋の才があるだろう。
828 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 00:18:29 ID: mdyEcUGkGX
将棋棋士一覧から転送させている項にしては全くまとまっていなかったので、
段位別にして引退棋士、物故棋士女流棋士は分離しました。

とりあえず現在の方針にのっとって、ニコニコ大百科に記事がある棋士のみ記載にしたものの、
現役棋士に関しては全員載せるべきではないでしょうか?


現状では作成されていない棋士の記事が非常に分かりづらいというのと、
追加されたら自動リンクされて編集の手間がないというのが理由です。
829 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 00:26:35 ID: luPpiNMtqA
>>828
賛成です。
記事が作成されないまま引退された棋士の方は基本削除、後になって作成されたら逐次引退棋士一覧へ追加という形式でいいかと。
830 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 23:25:59 ID: BYZBIb6/yO
>>826
>>827
それは違うな、間違ってるぞ
極端な話、この先少子化が進行しまくった結果、生まれてくる子供が数人まで減り、将棋の競技人口も数人まで減ったとしよう
そんな時代でもお前は「トップレベルが今とべても大して下がってない」などとと言えるか?
それだけ人口の減った時代の中から羽生クラスの強さに到達できる人材が生まれてくると思うか?
(そもそもそうなったら将棋プロ組織どころか、この自体まともに存続できてないと思うが…)

確かにある競技のトップ層のレベルの高さは環境依存する所が多い(プロの棋譜を入手するのすら一苦労だった大山中原の時代と、プロよりかに強いソフトといくらでも対戦できる現代ではべるべくもない)
だがそれでもさすがに限度がある
「数人」は話を分かりやすくするための極端な数字ではあるが、それでもある一定の競技人口を保てなくなればいくら環境面が向上しようと間違いなくレベルは下がってくるだろう
831 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 23:39:38 ID: BYZBIb6/yO
そしてトップ層の「才」に話を移すと、これは競技人口や世代数の多さに大きく影されるのは間違いない

これは将棋以外の競技を見ても分かることだ
前絶後の大豊作」と謳われた1968年ドラフトで入ってきた選手は団塊世代
イチロー松井は(将棋羽生世代に近い)団塊ジュニアの世代だ
他のスポーツで言えば室伏や高橋尚子武豊も近い世代

現在の(渡辺以外の)トップ棋士羽生世代より才で劣ることは前述した通りだ
渡辺以外の棋士一人として全盛期羽生世代の中に割って入ることが出来なかった
周りが羽生世代より才が劣る棋士しかいない現状で突出した成績を残す棋士が現れた場合、その棋士羽生より才があると言えるだろうか?
自分は言えないと思うがね
832 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 15:56:37 ID: +E27Arhduy
>>831
を生まれつきのものだとして考えると、
野球とかなら昔も今も要される才は恐らく大体同じだが、現代の将棋ソフトを使いこなす技や、めまぐるしく変わる環境についていく柔軟性みたいな昔はいらなかった才が要されるわけで、四、五十代のプロ棋士達にそれらの才があるかは分からない

ただ直観や詰将棋プレッシャー耐性みたいな将棋で最も重要な才に関しては、確かに競技人口の多かった世代の方が優れている傾向にはありそう

もちろん才は幼少期の環境に影を受ける上に、よく言われる事だがそもそも数値化できない以上較は不可能ではある

急上昇ワード