将棋倒し単語

ショウギダオシ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

将棋倒し(しょうぎたお-/だお-)とは、将棋の駒を使った遊びである。

または、そこから生した慣用句である。

概要

将棋の駒を垂直にして1列に並べ、はじめの1つを倒すと連鎖的に倒れていくさまを楽しむ。

駒は通常底辺、回り将棋ならば「10点」になる面を下にして置く。しかし、駒は五形をしているので、別の辺を下にしてもハイセンスな将棋倒しが楽しめるだろう。

将棋の駒は種類によって大きさが異なる。概ね「王/玉→飛//桂馬/香車歩兵」の順に大きい。並べる際は、この順番かこの逆順になるように並べるとスムーズに倒れる。

ドミノ倒しとの違い

知名度

概要の冒頭に掲載した動画タイトルが全てである。
投稿者はいずれも「将棋倒し」という言葉を使っておらず、おそらくは知らなかったと思われる。

「木のを並べて倒す遊び」としてはドミノ倒しが有名であり、日本では本来のドミノがほとんど遊ばれていないにもかかわらず、この遊びにドミノを用いている。もしくは、倒すために作られた小片を「ドミノ」と称している。

つまり、この遊びは「将棋でやるドミノ倒し」であって、「将棋倒し」という言葉を日本人は忘れてしまっているのだ。

知名度については「将棋倒し」と「ドミノ倒し」で逆転現が起こっているのが面いところである。
ドミノ倒し」の知名度が以上のように「将棋倒し」をはるか駕するにも関わらず、通常のボードゲームとしてのドミノ日本ではど知られていない。遊び方を知らない人も多いどころか、ドミノになぜサイコロのようなものが描かれているのか」すら知らない人が大多数である。

ドミノ」の記事には、ドミノ倒しに対してゲームとしてのドミノがいかに知名度がないか書きられている。

ニコニコ動画でもドミノ本来の遊び方をしている動画皆無に近く、大半は「ドミノ倒し」をタグとして使われている。
ドミノを使わないドミノ倒し動画タグに付けられている例も多い。
だいたい、このニコニコ大百科でも「ドミノ倒し」の記事のほうが2年近く先に製作された時点でお察しください。

ニコニコ大百科ドミノ」の記事より

一方将棋は、本将棋以外にも「はさみ将棋」「回り将棋」「将棋崩し」など様々な生の遊び方が知られているが、「将棋倒し」は名前だけ知っていても遊んだことはどない人が多いと思われる。

というか、「話題の単語」に本記事が出た時、「ドミノ倒し」へのリダイレクトでいいじゃんと思ったやつは先生怒らないから正直に手を上げなさい。

さらに、「将棋倒し」を「ドミノ倒し」の記事内に書いた編集者生徒導室に来なさい。

準備の難易度

ドミノの駒は1セット55または91枚だが、将棋の駒は1セット40しかない。そのため、多くの駒で将棋倒しをしたいならたくさんのセットを買うしかない。

将棋倒しに最適な駒は、大きく、密度が高く、面やがきっちり出ているものが望ましいが、そのような駒は本将棋にも高級品である。1セットえるだけでも諭吉が何人も飛んでいくのに、それを「倒す」ためにいくつも買いえるのは並の銭感覚では考えられない。おじいちゃんの秘蔵の駒など使った日には、リアル田楽刺しを食らっても文句は言えない。

安いプラスチック製の駒は、立てることをほとんど想定していないので、ペラペラで将棋倒しに使いにくい。プラスチック製だが面やがしっかり取れている、というような駒は本将棋では単にコストが上がるだけなので、どこも作らないだろう。

ドミノ倒しには「倒す専用のドミノ」が大量に用意されたセットが存在するが、将棋倒しにはそのような気の利いたものは存在しない…と思いきや過去エポック社が製造していたらしい。下記「関連商品」を参照。

並べる/倒す難易度

ドミノは縦横概ね1:2の長方形であり、安定して並べるのは少し難しい。
これに対して、将棋は下のほうが広い五形をしており、下のほうが厚くなっているため、立てるのはドミノより楽である。

一方、きちんと計算して並べないと、安定しすぎて倒れてくれないということが起こりうる。
また、微妙度がつけられている関係から、ドミノ倒しでよくあるテクニックである「カーブだけ2列にして倒れやすくする」がやりにくいようである。

風評被害

  1. 将棋の駒を間を置いて並べ、一端を倒して、次々に残りの駒を倒す遊び。

  2. 次々に折り重なって倒れること。また、一端から崩れはじめて全体にまで及ぶこと。「電車が急停止し、乗客が将棋倒しになる」

goo国語辞典「将棋倒し」の記事exitより (強調引用者)

現在(より少し前)の日本語で、「将棋倒し」といえば、上記2.の「人が折り重なって倒れること」の意味で使われていた。この意味で「ドミノ倒し」はほとんど使われないにも関わらず。

この用法での「将棋倒し」は群集事故の典例としてられるが、特に2001年明石花火大会歩道橋事故において有名になった。この際、日本将棋連盟が「将棋倒し」のを使わないようマスコミに要請をしたことで自主規制が敷かれることになったが、慣用句として既に人口に膾していたため、そのような自主規制があることを知らない動画投稿サイトでは、現在でもこの意味で「将棋倒し」が普通に使われている例がある。これを風評被害と捉えるか、あるいは言葉狩りと捉えるかは自分の加減といったところである。

なお、この意味での「将棋倒し」をる場合は、「雑踏事故」「群集事故」「群衆崩」の記事を個別に作成するが、参考までに「将棋倒し」と称される事故を列挙する。

主な「将棋倒し」事故

年代順。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E5%80%92%E3%81%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

将棋倒し

1 ななしのよっしん
2020/08/07(金) 06:39:30 ID: p2nWbJ+slT
作成乙
初版にかける熱量じゃねぇw
2 ななしのよっしん
2020/08/07(金) 06:58:18 ID: fxErTnRy0L
将棋倒しって風評被害の方の意味しか知らなかった・・・
3 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 22:15:15 ID: MtdvXizNau
風評被害も何も昭和の昔ぐらいからある慣用句なんだけどねえ。今、マスコミ自粛して使ってないとは知らなかったけど
4 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 22:20:18 ID: yDrm1hz3fK
風評被害酷すぎるよな
淫夢厨並の悪度
>>3みたいに開き直って反省しない連中もいるし
5 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 22:23:22 ID: ldMKintCMa
マスコミが使わなくなったのは誤用を認めたため説
もっと他の事にも配慮しろって話になるがそれは置いておこ
6 ななしのよっしん
2020/08/09(日) 09:46:01 ID: MtdvXizNau
Wikipediaみてきた、14世紀頃の文献に使われた事例があると書いてあって驚いた。過去には戦術の一つでもあったとか興味深い

自粛は守らないが要望は守れと仰る上級都民様は素晴らしい