小室圭単語

コムロケイ
6.2千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

小室圭とは、私人(一般人)である。日本の皇族であった眞子内親王小室眞子の夫として知られている。

この記事では、一般人であることを鑑みて「小室氏」という表記を用いる。また眞子内親王は慣例に従って「眞子様」と記述する。

以下の記事は、特に注記のない場合、要5時事通信NHK等で報道されたものをまとめたものである。

経歴

1991年10月5日横浜市で誕生。国立音大付属小学校、カナディアン・インターナショナルスクール(カナダ式の教育を行うインターナショナルスクール、中高一貫校)を経て、2010年国際基督教大学(ICU)入学

なお、眞子様2010年ICU入学している。一部では同級生報道されているが、眞子様4月入学であ、小室氏はインターナショナルスクール出身のため9月入学である。同学年というよりかは「半学年下」とするほうが適切か。

余談だが、入学以前に「2010湘南江の島女王王子コンテスト」なるイベントで見事王子いている。

その後大学卒業一橋大大学院に籍を置きつつ都内の法律事務所に就職した。

2017年5月16日、「眞子様小室氏が婚約することが明らかになった」との報道が各によって発表された。幅広く民からされてきた眞子様のご婚約の発表は、大きな驚きと祝福を持って迎えられた。(こちらも参照→過敬罪でも幸せならOKです)

この翌日には、小室氏が法律事務所に出勤する様子が各ワイドショーで報じられた。ごく普通の出勤の様子が大々的に報道される様子はシュールであったが、それだけ世間の注度が高かったためであると言えよう。

2017年9月3日に正式に婚約内定が発表され、眞子様と二人で会見に臨んだ。当初、正式な結婚2018年11月に行われると報道されていた。

しかし2018年2月結婚の延期が発表された。延期理由について、宮内庁は「結婚までに行う行事や結婚後の生活について、十分な準備を行う時間的余裕がない」と二人が認識しているためであると説明している。一方、一部のメディア(週刊誌)では「小室氏のと元婚約者との間で『トラブル』があった」と報道された。

宮内庁は、週刊誌報道と行事の延期との関係を問われたのに対して、「あくまでも行事やご結婚後の生活の準備のための十分な時間がないという理由で、一連の週刊誌報道による延期ということではありません」と述べたが、2018年11月30日表された篠宮の誕生日会見での発言内容には、「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」、「結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います」とあり、週刊誌報道が伺われた。

結婚に向けた行事の延期後、婚約者の小室氏は、2018年からアメリカ合衆国ニューヨーク弁護士資格の取得をし、フォーダム大学ロースクールマーティン奨学金全額免除)を得て留学し、お二人は3年間、離れ離れになった。このとき、フォーダム大学公式サイトで「プリンセス・マコのフィアンセ」と紹介しており、ここでもこの奨学金をめぐり複数の週刊誌は「小室眞子内親王(当時)の婚約者として最初から皇室利用による特別待遇留学があったのではないか」と疑惑を報道した。ちなみに、小室が獲得したマーティン奨学金は学費と書籍代、寮代、日本渡航費までカバーしており、日本円にして年間約1,000万円程度、3年間で3,000万円程度の資援助プログラムとなっている。

小室氏はフォーダム大学ロースクールへ在学している間、2019年1月22日メディアを通じてコメントを発表。「と元婚約者との間でトラブルが生じていたことは事実だが、現在では解決済みである(要約)」と説明した。

延期が発表されてから2年半もの間結婚に関しては報道されていなかったものの、2020年9月にはである文仁王妃紀子が「長女(眞子様)の気持ちをできる限り尊重したい」とコメント

眞子様は、2020年11月13日にこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」とお気持ちを表明した。

である篠宮文仁王は11月30日に「(眞子様小室氏と)結婚することを認める」と発表した。

2020年まではこれらの婚約、結婚を含める具体的な動きはかったが、2021年8月末ごろに同年12月小室氏のニューヨークでの法律事務所への就職がほぼ内定したことで急遽動き出し、9月24日に帰10月26日付けで小室氏と眞子様結婚し、眞子様皇室を離れることが正式発表された。
批判の一つとなっていた1億円以上とされる一時は受け取らない意向で、さらに婚姻に伴う諸々の儀式は行わないものとなった。これをメディアは「駆け落ち婚」などと煽っていた。

これとほぼ同時期の10月1日に、宮内庁眞子様が度重なる誹謗中傷により複雑性PTSDを発症されていることも表された。

小室氏は私人なのか?

小室氏のWikipedia記事は作成されていない。Wikipedia側は小室氏が「百科事典に記載するほどの著名性・特筆性がない」人物であるとして掲載を認めていない(外部リンク)exit。たとえ眞子様結婚したとしても眞子様側が「私人」になるため、今後も人として扱われることはない。メディア基本的には小室氏に関する情報最低限しか報道していない。(ワイドショー等は特別なのかもしれない)

一方で小室氏は「人」として扱われるべきであるというもある。眞子様の「配偶者」は、眞子様とともにさまざまなの行事に出席するなど極めて共性の高い「的な役職」であるというものである。また女性の皇族は皇族以外の人物と結婚し皇族でなくなるさい、皇室経済法という法律をもとに一時が支払われる決まりになっている。少なくない額である一時税金によって賄われるものである。これを考えると小室氏はより精されるべきだ、というも存在する。

「連日報道され、注の的となっているのになぜ記事が作成されていないの?」という単純な意見も存在する。現在、「小室圭」で検索すると、各週刊誌の記事、およびいかがでしたか?ブログが大量にヒットする状況になってしまっている。つまり、確定的な信憑性のある情報はほぼ皆無

週刊誌の報道について

大注を浴びる小室氏であるが、メディアではあくまで「少し有名な私人」であるとして慎重な報道が行われてきた。その一方で各週刊誌小室氏が「人」であるとして、根掘り葉掘り報道を連発。倫理的に明らかに問題があるものの、訴訟上等といった勢いでますます報道は過熱していった。

肝心の中身については、週刊誌らしく「独自ルート」によるものがほとんどを占めており、客観的なファクトチェックがなされているとはいいがたい。とはいえ、週刊誌サイドとしても信用性は大事であるため、まったく根拠もなく報じているわけではないと思われる。

上述した「と元婚約者との間のトラブル」を含め、小室氏については数え切れないほどの記事が書かれてきた。多くは批判的なものであり、記者主観が混じったものも散見される。(ここでは紹介しない。)偽については保留としておくが、小室氏について議論される際は、識者・著名人であれそうでないものであれ、これらの報道のほとんどが正しいものであることが大前提であるとされた上でなされていることに注意したい。

但し、週刊誌というものは、得てしてセンセーショナルな見出しで民衆を釣っていたり、誤報でもたいした謝罪もなくスルーしていたりということは日常茶飯事である。

結婚記者会見での発言全文

以下は2021年10月26日の小室圭・眞子両名の結婚記者会見での発言全文である。小室圭氏の発言箇所を赤色で示す。


小室圭さん・眞子さん:どうぞよろしくお願い申し上げます。

眞子さん:

 現在新型コロナウイルス感染症が続き、大変な思いをされている多くの方々にお見舞いを申し上げます。そして、困難の中にある人を助け、私たちの生活を支えてくださっている方々に深く感謝申し上げます。本日、皆さまにお伝えしたいことがあるため、このような場を設けました。私が皇族として過ごしてきた中で抱いてきた感謝の気持ち、私たちの結婚を心配し、応援してくださった方々への感謝、これまでの出来事の中で私たちが感じてきたことや結婚への思いなどについて、お話ししたいと思います。

 これまで、お優しいお導きの下、皇族としての仕事を自分なりにできる限り大切に果たそうと努めてまいりました。この30年間、たくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきました。心を込めて、私と一緒に仕事をしてくださった方々に心から感謝申し上げます。

 訪問した先々では、たくさんの方々が優しい言葉と笑顔で迎えてくださいました。直接おにかかる機会のあった方も、おにかかることのなかった方も、私に温かい気持ちを向けてくださった全ての方々に心から感謝申し上げます。数々の出会いが、私にとってどれほど大切であったか、到底言い表すことができそうにありません。これは、今後も決して変わらない思いです。

 私とさんの結婚について、さまざまな考え方があることは承知しております。ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には、大変申し訳なく思っております。また、私のことを思い、静かに心配してくださった方々や、事実に基づかない情報に惑わされず、私とさんを変わらずに応援してくださった方々に感謝しております。

 私にとって、さんはかけがえのない存在です。そして、私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした。

さん:

 私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、する人とともに過ごしたいと思っています。これまで幸せな時もそうでない時も、さまざまな気持ちを二人で分かち合い、励まし合ってきました。このたびの結婚に関して、ご迷惑をおかけしてしまった方には大変申し訳なく思っております。

 いろいろなことがありましたが、眞子さんと一緒に人生を歩みたいという思いを持ち続けられたのは、眞子さんと、これまで周りで私たちを支えてくださった方々のおかげです。心から感謝申し上げます。

眞子さん:

 本日まで、私がに発言する機会は限られてきました。そのために生まれてしまった誤解もあったと思います。一部の方はご存じのように、婚約に関する報道が出て以降、さんが独断で動いたことはありませんでした。たとえば、さんのおさまの元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました。さんの留学については、さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作ってほしいと私がお願いしました。留学に際して、私は一切の援助はできませんでしたが、さんが厳しい状況の中、努してくれたことをありがたく思っています。

 さんのすることが独断で行われていると批判され、私の気持ちを考えていないといった一方的な臆測が流れるたびに、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、いわれのない物語となって広がっていくことに恐怖心を覚えるとともに、つらく悲しい思いをいたしました。厳しい状況の中でも、さんを信じ続けてくださった方々に感謝しております。

さん:

 私のと元婚約者の方とのトラブルと言われている事柄について、詳しい経緯は、本年4月表した通りです。元婚約者の方には、表した文書でも書いたように、これまでも折に触れて、私と私のからお礼を申し上げており、今も感謝しております。

 本年4月に解決をお渡しすることによる解決をご提案したところ、と会うことが重要であるというお返事をいただきました。しかし、は精的な不調を抱えており、元婚約者の方と会うことにはドクターストップがかかっています。そのため、私がに代わって対応したいと思い、の代理人弁護士を通じて、そのことをお伝えしました。元婚約者の方からは、元婚約者の方の窓口となっている週刊誌記者の方を通じて前向きなお返事をいただいています。解決に向けて私ができる限り対応したいと思います。解決を受け取っていただきたいという気持ちは変わっていません。

 この数年間、誤った情報があたかも事実であるように扱われ、誹謗(ひぼう)中傷が続いたことにより、眞子さんが心身に不調を来したことをとても悲しく思います。私のも心身に不調を来し、仕事を辞めざるを得ない事態にまで追い込まれましたし、身の危険を感じながら過ごしています。このような苦しい状況にあった私たちを助けてくださった多くの方々に大変感謝しております。

 私は眞子さんと温かい庭を築いていきたいと思います。同時に、これからもできる限りのことをして眞子さんをお支えしていきたいと思います。幸せな時もそうでない時も、寄り添い合えるかけがえのない存在であり続けたいと考えております。

眞子さん:

 私たちは二人で新しい生活を始めることになります。これから生きていく中で、また違った形での困難があると思います。しかし、これまでもそうであったように、二人でを合わせて共に歩いていきたいと思っています。

 これまで、私たちが自分たちの心に忠実に進んでこられたのは、お互いの存在と、励まし応援してくださる方々の存在があったからです。いま、心を守りながら生きることに困難を感じ、傷ついている方がたくさんいらっしゃると思います。周囲の人の温かい助けや支えによって、より多くの人が、心を大切に守りながら生きていける社会となることを、心から願っております。


なお、結婚記者会見では質疑応答はなく、記者から事前に寄せられた質問に回答した文書を会見後に表するという異例の会見となった。

議論されている点について

現在においても、各週刊誌匿名掲示板においてさまざまな議論がなされている。

「(週刊誌報道真実であるならば、)小室氏は皇族の結婚相手としてふさわしくない」

「(週刊誌報道真実であろうとなかろうと、)眞子様は基本的人権に基づいて結婚相手を自由に選べる権利がある」

「皇族は『戸籍』を持たないため、憲法における基本的人権は適用されない。そのため結婚相手を自由に選べる権利はない」

皇室典範を見ても皇族の結婚を制約する記述は見られない」

「そもそも一時が高すぎる(1億以上であるという報道あり)。これらの予算について見直すべきでは?」

「そもそも皇族が特別扱いされるのはおかしい」

など。

これらについての質疑応答が期待された婚姻届提出日の2021年10月26日に行われる予定だった記者会見は、質問内容に強い衝撃を受けた眞子様の意向で行われないものとなった。

しかし、大半の日本国民には彼らが結婚しようがしまいが、実生活そのものにすることは何もなく、個人の自由であるべき、という意見もある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E5%9C%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小室圭

861 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 13:16:32 ID: U3fAsG5os9
>>859
民の税金と関係ないのかどうかの出どころを説明してはっきりさせろ
自分と直接関係してなくてもにいい加減なは軽蔑される
元婚約者の件がすっぱ抜かれた当初は言いがかりの可性もあるからと擁護意見も多かったのを忘れたか
なんの説明もせずアメリカトンズラしたからかれてるんだっつーの

>>860
スレチ
862 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 13:21:21 ID: rYUYVmRe1p
眞子さんが税金使って小室子の借チャラにしたって話なんでしょ
ガチなら頭に来ますよぉ🤬
863 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 17:52:51 ID: iALcb12+Hy
>>861
ムケイは私人だから説明義務はない
篠宮も眞子さん個人も資産もってんだからそっから出たんじゃねーの?皇族はまった私的資産もっちゃダメって法律はあるけどから支給される皇族費関係なくなんだかんだみんな持ちだしな
昭和天皇の崩御時の資産も20億だったし、戦後貧乏だった他の宮平成入るころには大な資産だった
そういう資産税金もかかるくらいの私的財産だしあなたの納めた税金は関係ないな
864 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 18:29:16 ID: U3fAsG5os9
>>864
なるほど
だけどお前の言ってるそれって所詮推測でしょ?
それにまるで自立出来るような大口いて置いて結局皇室ったわけか。
元婚約者から皇室へ四万を転がしたわけだ
馬鹿にされて当然じゃん
865 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 20:06:48 ID: /5M6MoLvOZ
の出元が眞子さんの貯だとしても、別にそれは責めることではいのでは?と思う。
もとは税金が・・・と言う人もいるが、
公務員が自分の給料+ボーナス庭で使っても、族の借返済に使っても、はたまたキャバクラだかパチスロだかで使っても、それ自体はその公務員の勝手だろう。「そんなあるなら庫に戻せ」と言うのはおかしくはないだろうか?

元婚約者からのが借かどうかは知らん(もし裁判したら贈与判定されそうに思うが)が、仮に借だとしても、自分が借りた訳でもないので、それに関して20代若者が自分の懐ですぐ返せというのは酷な話と思う。

方の貯から支出されたとして、それに関して小室圭に課される罰は、で更に方のに敷かれるの刑で十分ではないだろうか?
866 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 20:22:50 ID: U3fAsG5os9
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2a81690f4c486d18f9c20320027b8968f3781d3exit

仮に400万の方を自分のでつつがなく変換したとしても、こいつ留学費用で1000万借してるからな
物価の高いマンハッタンで生活して勉強しつつどうやって返済するのか見ものだわ

>>865
まずそれなら全く税金使わず、小室眞子の貯で返済したことを説明するべきだよな
ただでさえ重大な疑義が生じてるんだから
お前の言ってることは一から十まで推測じゃん
867 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 21:36:47 ID: /5M6MoLvOZ
>>866
もう1回レスするね。

そもそも「重大な疑義があるから説明しろ」というのが良く分からない。疑うのは人の自由だが、彼は何のために、それをに説明すればいいのだろうか?どんな答えならOKなのだろうか?

逆に言うと、「疑義」というのはそれこそ推測なのだが、なぜそれが故に馬鹿にされるのだろうか?
結局、「馬鹿にしたいから馬鹿にする」になってしまうように思う。


あともう一つ言うと、仮に思いっき叩きまくって、それがあの二人に届き、心身を傷つけて不幸のどん底に落っことしてやったとしても、
それでいている人たちの身の回りの遇が何一つ良い方向に変わる訳ではない、残念ながら。
868 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 21:49:12 ID: /5M6MoLvOZ
何度も悪い。脱線したくせに言葉足らずだった。

なので、彼の事は生温かく考えていてあげて、何なら様のに敷かれているか事でもやらされている姿でも想像してやっている方が、
まあストレスフリーで生きていけるのではないかと思う。
869 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 22:30:37 ID: U3fAsG5os9
>>867
小室圭が私人だとしても結婚相手の眞子人やったんやぞ
庭という協関係を営む以上、世間が両者に説明をめるのは当然のことだわ。
ただでさえ不相応な奨学金を貰ったことが半ば確定した上、元婚約者への返済に税金を使った疑いもあるんだからな
何度でも言うが皇室持ちの財産を使ったかどうかはお前の推測でしかない
仮にそれが事実だとしても、会見や文章でたびたび口にした「が守っていく」とは一体なんだったのか?
受験するようだがその費用と生活費は一体が出すのかね

こんな当然の疑問を口にしたら、そんなことを考えても意味がないなんて擁護になってない擁護を繰り返すのホントなんだわ
実なやつは不実なうのだろうが
気にならないだけ口出さずに黙って見てれば良いだろ
870 ななしのよっしん
2021/12/08(水) 23:17:34 ID: iALcb12+Hy
人が的行為で使うなら説明責任はあるけど私的な支出には何の説明もいらんだろ
人にだってプライベートはあるんだぞ
推測も何もコムケイの出所なんてにもあなたにも関係ないことなんだよ
ムケイつこうが不実だろうとあなたには何の迷惑もかけてない

急上昇ワード改

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉